600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

韓国へ制裁発動

日韓関係の益々悪化



『政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミドや、半導体の製造過程で不可欠なレジストエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。

   いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。

 政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度ホワイト国」から韓国を除外する。

 7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。

 ホワイト国安全保障日本友好国と認める米国英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。

 

 輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。

 日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。

 フッ化ポリイミドレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を日本が占める。世界の半導体企業日本からの輸入が多く、急に代替先を確保するのは困難とされる。

 規制が厳しくなれば、半導体大手のサムスン電子や薄型で高精細なテレビで先行するLGエレクトロニクスなど韓国を代表する企業にも波及するとみられる。

 いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国は問題解決に向けた対応策を示さないため、日本政府が事実上の対抗措置に踏み切った。

 経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している。』


 日韓関係はここまで悪化したかという感じ。
 隣国である韓国は、歴史を見ると色々な問題を抱えながらもそこそこの関係は保ってきた。
 2002年には日韓でサッカーワールドカップを共同で開催もした。

 一時は韓流ブームで、韓国に親近感を覚えていた日本人も多かった。

 ところが、李明博政権、朴槿恵政権と少しずつ中国寄りになり、それと共に日本軽視が目立つようになってきた。

 そして文政権
国際ルールを全く無視した対応が目立ち、交渉相手にもならなくなった。

 従軍慰安婦問題、徴用工訴訟など文政権になって、信じられない対応が続いたからね。
 北朝鮮偏重外交政策をして、米朝の仲介役とか自任していたが、アメリカ、北朝鮮両国からダメ出しを出された文政権

 韓国マスコミも最近ではヤバいと言う論調が少しずつ出てきたが、米朝会談前日本外しでいい気になっていたしね。

それでも深刻度がわかっていない韓国人もまだまだ多いようにみえる。


 
大体、これらって最近起こったこと?
 戦時中の話でしょ。

 今年は2019年。終戦は1945年。
既に74年経っている。
年号も昭和から平成、今は令和。

 その間、いくつもの日韓の政府が話し合い、一応の決着を見てきたはずだった。

 それを韓国経済が低調になってお金が手に入るとなると、過去を蒸し返してくる態度には、ほとんどの日本人だけでなく、世界の人からも信用されなくなっている。

 今まで日本人韓国との関係を損なうのを恐れて、ある程度融通してきた面もあるが、それを悪用された感じだね・・・・。

 自己主張だけして、相手を悪く言うだけの姿勢では一向に事態は進展しない。
それさえもわかっていない現在の韓国政府

 今回の制裁は仕方がないのかもね。
 ただ、韓国だけでなく、日本の企業にも影響があるのは事実。

 1民間企業の視点から見れば、顧客サービスが著しく低下し、売り上げも落ちるだろう。
 それでも国際政治的視点から判断したと言うこと。

 個人的には韓国は隣国だけに仲良くしてほしいという気持ちもあるんだけど、今の韓国政府相手では仕方がないんだろうね。 あまりに酷すぎる。 




posted by 世界好奇心 at 13:48 | アジア

OS「鴻蒙」って?

ファーウェイの独自OS



 『中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、米国の規制によってグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」へのアクセスを失う可能性があることから、世界各地で独自OS「鴻蒙(Hongmeng)」の商標登録を進めている。

 「脱アンドロイド」を図るファーウェイは、少なくとも9カ国とEUで独自のOSの商標登録を申請した。

  米政府米企業にファーウェイとの取引を禁じたことへの対応だ。

  米国は同社が中国の情報機関と共謀する恐れがあり、国家安全保障上の脅威だと主張するが─
同社はこれを否定している。

  取引禁止により、ファーウェイグーグルの基本OS「アンドロイド」へのアクセスをすべて失う。
ファーウェイの独自OSは「鴻蒙(Hongmeng)」

  同社がこれを「Ark」と改称する可能性も報じられている。
すでに、カナダ、ニュージーランド、韓国などで、独自OSを登録済み。

  だが、OSの交換は簡単ではない。
ユーザーはアンドロイド用のアプリが「鴻蒙」で機能するかを知りたがる他、将来的にファーウェイの携帯電話が、GmailやYouTubeなどグーグルアプリを搭載できない可能性もある。

  それでもファーウェイは、米国のいかなる規制も回避する準備ができていると強気だ。』

 


  米中貿易戦争の大きなきっかけになったファーウェイ問題
 
  ファーウェイ中国政府と通じていて、アメリカの国家機密の漏洩の危機を訴えたトランプ大統領
 

  ファーウェイ次世代の5G特許でリードしている。

  そこでファーウェイのスマホにダメージを与えるため?、GoogleOSであるアンドロイドを使えなくするという噂がある。

  そうなると、ファーウェイのスマホは意味をなさなくなる可能性がある。


  そこで、ファーウェイ独自のOS「鴻蒙」を開発。
 
  ファーウェイとしては当然の措置だろう。
 

  しかし、独自のOS「鴻蒙」ができたからと言って、問題解決というわけではない。
 

  ファーウェイ独自OS鴻蒙(Hongmeng)」が、仮にGmailやYouTubeなどグーグルアプリを搭載できないとなると、中国以外での売り上げは激減するだろう。

  他社のスマホとの競争では大きなデメリットになる。

  そう考えると、2大アプリであるアンドロイドアップルのIphone

  アメリカって、もう1つのOSであるアップルも持っている。

  それって、アメリカの底力を見せつけられたような気がするな。
米中戦争
って、プライドとプライドのぶつかり合いだが、世界を巻き込んだ大きな問題だなと思う。

 今後も注目していかないといけないね。

    

posted by 世界好奇心 at 20:09 | 中国

キツネネコは新種?

【フランスのキツネネコ】

『どうみてもネコ科にしか見えないのだが、従来のネコ科ではないという。
 地中海に浮かぶフランス領の島、コルシカ島で、かねてから地元民の間で姿を見られていた野生生物が調査のために捕獲された。 

 この生物、キツネとネコの両方の特徴を持っており、地元では「キツネネコ」と呼ばれているそうだ。DNAが従来のネコ科とは異なるため、フランス狩猟野生動物保護局では新種であると主張している。

キツネのような尻尾と長い胴体が特徴の「キツネネコ」】

 

 今回、公表された「キツネネコ」と呼ばれているこの野生動物、顔だけを見る限り猫のようだが、大きく広がった耳と尻尾の黒い縞模様を含め、複数の身体的特徴がキツネにも似ているという。



 6月11日、フランス狩猟野生動物保護局スタッフがキツネネコを両手で抱えた写真数点がメディアに公開されたが、脚と胴体がとても長いことがわかる。



 その長さは約90cmもあり、他の特徴と併せて地元の人々からもキツネネコと呼ばれていたそうだ。

 
 しかし一方で、柔らかい絹のような毛並みと顔の特徴が飼い猫のそれであることを専門家は指摘している。

 【当局は「新種」と主張】

 

  当局いわく、この生物は長い間コルシカ島に生息していたが、夜行性で活動が非常に目立たなかったことから、島に生息している全てのキツネネコの生態を記録するのは困難だったようだ。

  このキツネネコは、ヨーロッパに生息するヨーロッパヤマネコアフリカのネコ科の動物とは非常に近いものの、異なるDNAを持っていることから、当局は新種と主張し「特別な発見」と話している。

キツネネコ.jpg

 

 今回、16匹のキツネネコを特定し、メスを含む12匹を捕獲。中には首に識別番号が記録されたチップをつけている4〜6歳のオスのキツネネコの姿もあった。

 このオスは、既に何度か捕獲されているキツネネコで、他のオスと戦ったのか、緑色と茶色の目が損傷していることが今回の調査でわかったそうだ。

 捕獲された全てのキツネネコは、当局のスタッフにより素早く調査された後、再び自然へ解放されたということだ。

 

 コルシカ島の生態系の中で、キツネとネコが交配した?というわけではなさそうだ。

 従来のネコのDNAとは異なるものの、キツネのDNAが発見されたわけでもなさそうだから、外見的な特徴からキツネネコと名付けられたのだろう。



 なのでキツネ関係なしに、ネコの新種である可能性はあるということだ。』



  にしては体長やしっぽが長いみたい。
 

  フランスのコルシカ島と言えば、かの有名なナポレオンの生誕地

  地中海に浮かぶ島で、元々はジェノバの支配下で現在のイタリアに属していたが、売却によりフランス所属へ。

  そんな歴史のあるコルシカ島で「キツネネコ」と言われてきた猫が新種ではないかと言う話。

  ヨーロッパヤマネコアフリカのネコ科の動物とは非常に近いものの、異なるDNAを持っていることから新種だと主張しているようだが、正式に猫の新種となるのか。 興味あるな〜。

posted by 世界好奇心 at 13:24 | ヨーロッパ