600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

香港民主化デモの国際的波及

香港民主化デモの波及


『13日午後、ソウル市城東区内の漢陽大学人文学部1階ロビーで、韓国人学生と中国人留学生各数十人が4時間以上、対峙(たいじ)した。

 午後1時ごろ、同大学の「香港の真実を知らせる学生の集まり」メンバー十数人が香港デモを支持する内容の壁新聞2枚を掲示したのが発端だった。

 通りがかった中国人留学生5人がこれに対して抗議を始めた。5人はすぐに壁新聞をはがそうと駆け寄り、韓国人学生と肩がぶつかると体を押したり引っ張ったりしてもみ合いになった。

 中国人留学生はひとまず壁新聞をはがす代わりに、壁新聞の上に五星紅旗(中国国旗)や「金正恩(キム・ジョンウン)万歳」「独島は日本領土」などを書いたメモを複数枚貼り付けた。

 それでも対峙は続いた。中国人留学生の数は時間の経過とともに増え、午後5時には約40人になった。こうした状況は警備員が仲裁に乗り出したことで収拾された。




 香港の民主化デモをめぐり、韓国人学生と中国人留学生による衝突が大学キャンパスやその周辺のあちこちで発生している。

 壁新聞問題から始まった確執が互いのひぼう・中傷や個人情報暴露につながり、一部ではもみ合いや刑事訴訟にまで発展している。

 「なぜ手をたたいて行くんですか?」(韓国人女子学生
 「僕がいつ手をたたきましたか? 僕は紙をたたいただけです」(中国人男子留学生

 13日午後2時ごろ、ソウル市城北区内の高麗大学政経学部裏門で、このような押し問答が起こった。


 同日夕に開かれる「香港民主抗争討論会」のチラシを配っていた韓国人学生たちが、中国人にまでチラシを渡してしまったことから火がついたのだ。

 一部の中国人留学生たちはチラシを受け取るとすぐにその場で破ったり、しわくちゃにして床に投げ捨てたりした。

 その後、中国人留学生のコミュニティーサイトには「夕に開催される香港討論会を破壊しに行く人を集めている」という書き込みが掲載された。

 この話は韓国人学生のコミュニティーサイトにも伝わり、主催者側は「討論会を守ってほしい」と訴える書き込みをした。その結果、討論会には韓国と香港の学生約200人が集まった。

 中国人と思われる学生が数人、討論会の会場周辺に現れたが、韓国人学生の数があまりにも多かったためか、衝突は起こらなかった。


 確執は複数の大学で発生している。延世大学は12日、中央図書館の建物の壁に掲示されていた香港デモ支持の壁新聞が破られ、同大学のコミュニティーサイトが二日間炎上した。

言論の自由を無視する中国人たちを追放してほしい」などの書き込みが相次いで書き込まれている。同大学では、香港支持の横断幕も先月から今月にかけて合計3回引き裂かれた。

 「ハサミを持った学生たちは自ら『中国人だ』と言って横断幕を切り、『ワン・チャイナ(One China=1つの中国)』というスローガンを数回叫んだ」と同大学在校生の目撃談もある。

 横断幕を掲げた団体は「横断幕破損事件を捜査してほしい」という告訴状を12日午後、ソウル・西大門警察署に提出した。



 高麗大学では11日、「香港抗争に支持を!」という見出しの壁新聞が引き裂かれた状態でゴミ箱から発見された。

 一部の壁新聞は「生卵テロ」に遭った。こうした状況に対して、韓国人学生たちは班を作って壁新聞の前で見張りを始めた。そうした学生たちに向かって、通りかかった中国人留学生たちは「内政干渉をするな」と叫んだ。

 また、壁新聞の見張りをする韓国人学生や応援メッセージを貼り付ける韓国人学生の顔を、中国人留学生2人が待ちかまえていて携帯電話のカメラで撮影していた。


 「身元を公開する」という無言の圧力だった。

高麗大学総学生会は13日、「我が大学は構成員が自身の理念と価値観に基づいて考えを自由に表出できる民主的な空間だ。

(壁新聞破損は)学生社会がこれまで守ってきた自由で民主的な討論文化に真正面から挑戦する行為だ」という声明を出した。

 すると、中国人留学生側は「対抗壁新聞」で応酬した。同大学政経学部裏門の掲示板に「韓国人が香港独立をあおるのは、中国民族内部を破壊する行為であり、決して容認できない」という内容の壁新聞が掲示された。

 作成者は「高麗大学経営学部に在学中の中国人留学生・レア」を自称し、電話番号まで書き残している。

 インターネット上の舌戦も激化している。

 中国のソーシャル・メディア「ウェイボー(微博)」には「高麗大学などという大学が(韓国で)3位以内にあり、こんな若者たちが韓国最高の優秀な青年たちであるという事実に失望した」「限韓令(中国による韓国への報復措置)に賛成だ。痛い思いをさせなければならない」「韓国に留学するな。このような国にカネを使うこと自体がぜいたくだ」などと書き込まれている。

 韓国人学生も大学のコミュニティーサイトに「壁新聞を破るなんて、ここが共産国家だと思っているのか」「その強い愛国心で学業を中断して帰国しろ」「歴史から何も学ばなかった獣(けもの)並み」など過激な書き込みをしている。』
 


  香港で2019年逃亡犯条例改正案に反対するデモが発端となり始まった香港民主化デモ

  香港中文大学でも衝突が起こり、授業がストップ。
 
  一向に民主化デモが収まる気配がない。
 

  これは単なる逃亡犯条例改正案の問題だけではなくなり、中国政府香港の民主化を骨抜きにしようという魂胆が見え隠れすると言うことだろう。

  香港イギリスから中国へ返還されてからも、民主主義体制を維持してきた。中国で1国2制度が実施されてきたわけだ。
  

  それを奪うような改正案が出され、一気に不満が噴出した感じだろうか?

  その香港デモ韓国の大学でも大きな問題になっているらしい。
 
  香港の民主化デモを支持する韓国人学生と中国から来た留学生がぶつかりあっているというニュース。
 

  韓国政府経済不況で、中国政府にすり寄っている状況の中、韓国の大学では韓国人と中国人の衝突が起こっている事実。
 

  香港民主化デモって、思った以上に国際問題にも発展する可能性がある。
  とにかく、世界中でデモや紛争が起こっている。

  シリアなど中東情勢も相変わらずだし、南米ではチリやベネズエラでデモ
  ボリビアではなんとモラレス大統領メキシコにも亡命する事態に。

  経済不況、米中貿易戦争、地域紛争
  世界は速いスピードで変わっているのを実感するね。

posted by 世界好奇心 at 19:34 | アジア

シーク教徒と印パ

印パ和解の道




『【カルタールプル共同】インドのシーク教徒開祖生誕550年の節目にパキスタンにある寺院を訪問できるよう、国境をまたぐ形で建設された巡礼路「カルタールプル回廊」が9日、開通した。

 カシミール地方の領有権を巡り緊張関係にある両国が少数派信者のために協力し、ビザなしでの巡礼を認めた。関係改善の糸口となることが期待されている。



 インド側はシーク教徒が多く住む北部アムリツァルの郊外に新たに建設された巡礼者用施設で、モディ首相も出席し開通式を開催。

 式典に先立つ関連行事でモディ氏は「パキスタンのカーン首相の理解に感謝する」と表明した。』


  まさかのニュース。
  インドとパキスタンがビザなし国境をまたぐ巡礼の道を建設したと言うニュース。




  インドとパキスタンと言えば、犬猿の仲
ヒンズー教徒の多いインドに対して、イスラム教徒がメインのパキスタン

  イギリスから独立の時に分離して以来、印パ戦争などことごとく対立してきた歴史がある。
  インドが核を持つと対抗して、パキスタンも持つといったような。

 
  南アジアの大国であるインド中国とも国境の問題を抱え、犬猿の仲

  中国で迫害されたチベット族の高僧はダライラマをはじめインドに亡命し、ダラムサラに亡命政府を建てた。

  一方、敵の敵は味方という形で中国とパキスタンは仲が良い。
最近は少しずつ国際状況も変わりつつあるけどね。

  そんな中、カシミール地方は昔から領土問題で何度もインド軍、パキスタン軍が衝突してきたところ。

  そのインド、パキスタン両国シーク教徒の為にビザなしで行き来を認めるという画期的な巡礼路を作ったのだ。

いや〜、南アジアの状況が多少なりともわかっている人にとっては、ビックリだよね〜。

  シーク教徒というのは、頭にターバンを巻いてひげなども伸ばしている特徴があるインド人だ。

シーク教徒の総本山であるゴールデンテンプルがあるのはパキスタン国境に近いアムリッツァ(アムリトサル)だ。

  今回は開祖550年だからというのもあるだろうが、海外ビジネスで活躍しているシーク教徒の金が大きく動いた気がするな。

巡礼路「カルタールプル回廊」
は4kmぐらいあるみたい。

 この「カルタールプル回廊」はシーク教徒以外でも行き来できるのだろうか?

 ちなみにシーク教徒は外国人にも寛容で、ゴールデンテンプル(黄金寺院)見学者には無料で宿舎(雑魚寝のような所だが)などを提供するなどしていた。

 パキスタンのシーク寺院だけの往復であればみんなOKということだったら、かなり凄い事だよね。

 いずれにしても、この巡礼路「カルタールプル回廊」をきっかけにして、インドとパキスタンが和平への道を進んでほしいな。

              

posted by 世界好奇心 at 23:39 | アジア

韓国と北朝鮮

北朝鮮でも冷遇される韓国


北朝鮮平壌市内で行われた2019アジアユース・ジュニア重量挙げ選手権に出場した韓国代表たちが29日午前、仁川国際空港に戻った。



 ユース(17歳以下)選手20名とジュニア(20歳以下)選手18名からなる韓国代表たちは11日間にわたる平壌での日程を終えて28日に順安空港を出発、中国・北京経由で韓国に到着した。

 今大会で韓国は金メダル14個、銀メダル20個、銅メダル19個を獲得した。スナッチとジャークの記録を合わせた合計部門では金メダル5個を手にした。

 「第2の張美蘭(チャン・ミラン)」と呼ばれるイ・ソンミ(19)=江原道庁=がジュニア女子最重量級(87キログラム以上)で3冠王に、パク・ヘジョン(16)=ソンブ中=もユース女子最重量級(81キログラム以上)で金メダル3個を獲得した。

 特にパク・ヘジョンはユースのみにある「女子81キログラム超級」のスナッチ(110キログラム)とジャーク(145キログラム)、合計(225キログラム)のすべてで世界記録を出した。



 今回の大会は、2022年サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選(10月15日)から五日後の20日に開幕したということで注目を集めた。

 平壌の金日成(キム・イルソン)競技場で行われた韓国と北朝鮮カタールW杯2次予選はテレビ中継もされず、韓国のファンたちの怒りを買った。

 北朝鮮側は韓国からの応援団はもちろん、報道陣の入国も認めなかった。しかも、試合当日は予告なしに「無観客試合」にした。

 だが、アジアユース・ジュニア重量挙げ選手権サッカーW杯予選とは違っていた。大会が行われた平壌市内の重量挙げ専用競技場には北朝鮮の観客が入場、韓国の報道関係者も2人いた。

 サッカーとは異なり、重量挙げ大会取材を北朝鮮が許可したのは、世界的な競争力を持つ種目の国際大会開催を積極的にアピールしようという意図があると見られる。

 朝鮮労働党機関紙の労働新聞は、北朝鮮選手団が金メダルを55個獲得して総合優勝を飾ったことを報道したものの、韓国人選手の参加には言及しなかった。

 

 空港手続きのみで2時間以上かかり、宿泊施設盗聴疑惑が取りざたされるなど、2泊3日の滞在期間中に冷遇されたサッカー韓国代表ほどではないが、重量挙げの選手たちも平壌滞在は容易でなかったという。

 イ・ソンミは「手続きの際、肉が入ったインスタントラーメンを取られた。携帯電話なしでホテルにばかりいたので息苦しかった」と語った。

 北朝鮮の観客たちは韓国人選手の試合や授賞式になると一斉に立ち上がって会場から出て行った。そして、北朝鮮選手の授賞式になると再び席に戻り、力強く国歌を歌った。



 ジュニア男子89キログラム級で優勝した韓国のヨム・ダフンは、3位の北朝鮮パク・クムイルに手を差し出したが、そっぽを向かれた。

 ヨム・ダフンは「今回の大会で北朝鮮の選手たちと一言も話せなかった。北朝鮮の選手たちは距離を置いて警戒している様子だった」と語った。』


 スポーツの世界にも政治を持ち込む北朝鮮

 2022年サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選報道陣をシャットアウトし、無観客試合にして非難を受けた北朝鮮

 韓国の文大統領は闇雲に南北統一に突き進み、日韓、米韓の関係を破壊
韓国経済は増々悪化して、既にレームダック化してきたと言われる文政権。

 北朝鮮の金正恩委員長はそんな文大統領を完全に見下し、相手にしてもいない状況。

 今回は北朝鮮の観客が入場、韓国の報道関係者も2人いたらしい。
しかし、問題はその北朝鮮の観客

 韓国人選手の試合や授賞式になると一斉に立ち上がって会場から出て行き、北朝鮮選手の授賞式になると再び席に戻り、力強く国歌を歌ったという。
それって完全な嫌がらせ。スポーツマンシップも無視。


 しかも、それだけの観客が自主的に行うとは考え難く、確実に北朝鮮政府の意向が働いている。

 もし北朝鮮の金正恩委員長が少しでも韓国の文大統領と今後も交渉を続けようとするなら、こんな仕打ちはしないだろう。

 スポーツの祭典でここまでする北朝鮮政府の異常さはもちろんだが、北朝鮮の金正恩委員長はそれだけ韓国の文大統領を信用していないということを内外に知らしめたかったのではないか?


 国連制裁を受けている国であれば、通常は相手国におもねる感じになると思うんだけど、それだけ強気に出られるというのはアメリカのトランプ大統領と直接話せる環境が整ったからなのか?

 要するに北朝鮮の金正恩委員長韓国の文大統領を相手にしていないということ。
ここまでされても、韓国の文大統領南北統一のスローガンしか主張できないようで、文政権支持率が落ちてきている中で北朝鮮の金正恩委員長には何も言えない。

 普通だったら、スポーツ分野のことだし、待遇面などについて北朝鮮に抗議すると思うんだけどね。
いずれにしても南北融和という雰囲気でさえなくなったんだけど。

 文大統領のやり方を見ていると、韓国経済をここまで悪化させ、韓国世論を分断しているのに有効な手段も見いだせない大統領もいるんだね。

 自分の妄想だけで、突っ走って袋小路に入ってしまったみたいな感じかな?


 一方の北朝鮮も経済制裁が効いてきて、北朝鮮国民のモラルは相当下がっていると聞くんだけど。
金日成主席時代
には配給というものが機能していたようだけど、今はなくなっているみたいだね。

 それどころか、燃料不足で稼働していない工場なども多いとニュースになっている。

 日本では当たり前のきちんと給料をもらえているというのが、恵まれている状態になっていたら当然モラルは低下するよね。

 だから、北朝鮮で公開死刑が復活したんじゃないかな?

 韓国や北朝鮮を見ていると、いかに政治って国民生活に多大な影響を与えるのかよくわかるね。

 スポーツの分野で、北朝鮮がこのような対応が続けるなら、世界の機関が平壌で開催するのを認めなければいいと思うんだけどな。

 試合以外の部分でもフェアじゃないと思うのは僕だけ?

         

posted by 世界好奇心 at 14:59 | gidoのコラム