600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

AIでマグロを買い付ける時代

AIで特上マグロを見つける 


 『回転すしチェーンを運営するくら寿司は7月7日、AIの画像解析技術冷凍天然マグロの品質を判定するシステム「TUNA SCOPE」を、キハダマグロの買い付けに導入すると発表した。

 尾の断面を専用のスマートフォンアプリで撮影すると、その品質を3段階で評価する仕組み。最高ランクの個体だけを仕入れて調理し「極み熟成AIまぐろ」(2貫で税込220円)として7月10日から期間限定で販売する。

 AIが選んだマグロを使った寿司

  新型コロナウイルス感染拡大に伴って、マグロの「目利き」(目視での品質判定)を担う職人が、国内外の原産地や加工場に足を運べないことを踏まえた取り組み。

 職人が立ち会わなくても、水産会社のスタッフなどがマグロにスマホをかざすだけで品質が分かる他、結果のデータを関係者間で素早く共有できるため、コロナ禍でも高品質なネタを提供できるとしている。

 くら寿司の田中信副社長は「コロナ禍によって職人の移動が制限され、品質判定が難しい状況になっている。事態が長期化した場合は、人気のすしネタを安心して提供できないと考え、TUNA SCOPEの導入を決めた」と説明する。

 新商品については「熟練の匠の技とノウハウをAIが受け継いだことで、他の回転ずしでは絶対に味わえないすしが誕生した」(田中副社長)という。

 職人の評価と90%一致

 TUNA SCOPEは、電通、電通国際情報サービス、双日が2019年に開発。マグロの断面画像熟練の職人による評価を、ディープラーニングの技術で大量に学習させたAIを使っている。

 スマホをマグロにかざすと、身の締まり具合や脂の乗り方を分析し、A(特上)、B(上)、M(普通)の3段階で評価する。


 評価は数秒で完了し、結果の約90%が目利き職人の評価と一致するという。

 TUNA SCOPEは、19年度に水産庁の支援事業に採択され、一部事業者が試験導入。
 AIが目利きしたマグロニューヨークやシンガポールで売られるなど評価を高めているが、大手回転すしチェーンが導入するのは初めて。

 くら寿司 購買部マネージャーの大濱喬王さんは「従来は、職人が一人前になるには10年以上の経験が必要だった。TUNA SCOPEを使うと、特定の職人を介さなくてもAIが正確な判断を下せるため、ベテランへの過度な集中を防ぎ、作業をスピードを上げる効果も見込んでいる」と話す。  「

 これまでは、より良いマグロを獲って高く売りたい漁師と、安定した価格でおいしいマグロを買いたい仕入れ側の間で、求める品質にギャップが生じるケースがあった。

 今後はAIによる定量的な評価を示すことで、これを改善したい」(大濱さん)


 セルフレジ導入も進める

 くら寿司は当面の間、双日の取引先である水産会社に絞ってTUNA SCOPEを提供し、判定する魚種をキハダマグロに限定するが、成果を踏まえて企業と魚種の拡大を検討する。

 今秋からセルフレジの配備を進め、客と店員の接触が少ない店舗運営も目指す。

 田中副社長は「コロナ禍において、おいしい寿司を継続して提供するには、漁業者や仕入れ先など、皆さまに納得していただけるビジネスモデルが大事。

 今後も先進的な取り組みを進めていく」とした。』

 


 AI(人工知能)の開発は進んでいたけど、このコロナウイルスの影響で一気にテレワークやAIの利用が格段に広がった感じがするね。

 AIは莫大なデータを分析するんだけど、熟練された職人と90%一致するとなると、新米の見習い職人よりよほど目利きが効いていると言う事。
それって考えてみれば凄い事だよね。


 これまでは親方や先輩について何年もかけて身に着けた経験値が、AIを搭載したTUNA SCOPEをマグロにかざすだけで、特上マグロが見分けられるようになると言うんだから。

 画期的と言うか、何というか。
このTUNA SCOPEを使えば誰でもおいしいマグロを見分けられると言う事。
これってマグロの目利きだけにとどまらないよね。

 マグロの良し悪しが見抜けるんだったら、他にも莫大なデータさえあれば、似たようなものが作れると言うことだよね?

 今まで何年も修行してやっと身に着けたものが、機械1つで何十年もの時間を短縮できたとしたら凄い事だよ。タイムスリップ

 それだけじゃなく、熟練の職人が自分の目で確かめなくても機械さえ送れば、他の人が結果を教えてくれて買い付けできる。
そうなると、今までの業界の常識が覆される事例があちこちに誕生するだろう。

 これからの時代、そういう事例がたくさん出てくるんだろうな。
 企業だって生き残りをかけてコスト削減を実施していきたいだろうから。

 となると、我々人間はそれ以外の事をしっかり考えて戦略を練るようにならなければ、存在価値さえ怪しくなってしまうね。
            

posted by 世界好奇心 at 03:01 | gidoのコラム

オリーブで損害賠償事件

スペインの製造者責任
 


『一家団欒のひとときが、一瞬にして地獄に 「オリーブ」と一言でいっても、種入りのものや種なしのもの、またパプリカアンチョビなどが詰まっているスタッフドオリーブもある。

   スペインのバレンシア州で、家族とレストランに訪れた女性はスタッフドオリーブを注文した。

   彼女はオリーブの中にもちろん“何か”が詰まっているつもりで、気にせずにそのまま食べた。 ところが、柔らかいパプリカの代わりにそこにあったのは、種だった。

 しばらくすると歯がずきずきしはじめ、その痛みは次第に耐え難いものになった。

 翌日、その女性が救急で歯医者に行くと、なんと歯が縦に真っ二つに割れていることが判明。割れた歯はすぐに摘出された。

 スペイン「バングアルディア」紙によれば、この女性の代理として、消費者連盟が法廷外でこのオリーブの製造元と交渉しようとしたが、オリーブの製造元「Encurtidos Molero S.L.」と保険会社はこの申し立てを却下。

 結局、裁判へ持ち込むことになった。

 消費者連盟は女性の歯の治療費と再建費用として1550ユーロ、そして術後のケア費に加えて健康だった歯を抜いて再建するという身体的苦痛を受けたとして400ユーロ、計1950ユーロ(約25万円)をオリーブの製造元に請求。


 その結果、バレンシアの裁判所は、同社のオリーブに含まれていた「あるべきはずでない種」を女性が知らずに噛み、それが歯が割れたことの原因となったとして、製造元に1950ユーロの慰謝料裁判費用の支払いを命じた。


 スペインのオンラインメディア「クロニカ・グロバル」によれば、この判決に対して上訴することはできないという。

 オリーブ製造者側のミスとはいえ、たった1粒のオリーブがこんな大騒動を巻き起こすとは、誰が想像しただろう。

 これからオリーブを食べるときは、種なしを注文していたとしても気を抜かないほうがよさそうだ。』

 


 スペインのレストランオリーブを食べた女性の歯が折れて、損害賠償を言い渡された事件。

 スタッフドオリーブと言うのは中に何か詰めてあるものだが、それが硬い種だった。
それは「あるべきはずでない種」として裁判で認められ、損害賠償の判決が言い渡された。



 オリーブの製造元「Encurtidos Molero S.L.」はなぜ交渉を拒否したのだろう。
放っておけば女性が泣き寝入りしてくれると期待していたのだろうか。
ここで企業の姿勢が問われている。

 女性として裁判を起こしたのは消費者連盟
 消費者の権益を守る組織。

 その消費者連盟との交渉を拒否すること自体、意味がわからない。
 オリーブの購買者である消費者を敵に回すような行為だ。

 その交渉を拒否した結果、裁判に負け、損害賠償を払わされる結果になったが、ダメージはそれだけではない。

 「Encurtidos Molero S.L.」オリーブ消費者から購買拒否にあうかもしれない。

 何せ「あるべきはずでない種」が入ったオリーブを出しておいて女性の歯が折れた事実があるにもかかわらず、その交渉を拒否した企業姿勢はかなりイメージが悪い。

 スペインでどのくらい「Encurtidos Molero S.L.」のオリーブを宣伝しているか知らないが、そのオリーブの消費者や取扱業者へのイメージダウンは計り知れない。

 いくら広告費をかけて宣伝していても、こういう報道1つで一気にその広告費は無駄になる。
 しかも、世界中にネットで拡散される時代だからね。


 もし交渉の段階で、女性に詫びて誠意を見せていたら、賠償額ももっと安くすんでいただろう。この判決には裁判費用も含まれているしね。


 結果から見ると、「Encurtidos Molero S.L.」社は余分なお金をかけて自社の悪名を世界に知らしめただけと言うことになる。


 日本でも製造物責任法(PL法)がある。

 ミスはミスで起こったことは仕方がないが、その後の態度が非常に重要だと言う事。

 企業トップの考え方次第で、今後の売り上げが大きく左右すると言う事だけは、このニュースからしっかりと学んでおきたいな。

         

posted by 世界好奇心 at 14:01 | ヨーロッパ

日本の情報戦略じゃ世界に取り残される

台湾は情報処理リーダー



 『台湾新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いだけでなく、「インフォデミック(噂やデマを含む大量の情報の氾濫)」によるネット上の偽情報との闘いでも最前線に立ってきた。

   中国政府が主導して矢継ぎ早に放つ情報に対処するうちに、台湾偽情報の特定・処理において、世界的リーダーへと成長した。  

   型破りで、世界有数のソフトウエア開発者である唐鳳デジタル担当大臣は英日曜紙サンデー・テレグラフのインタビューに対し、「人口の大半がこれほどの情報にさらされ偽情報を植え付けられれば、情報の集団免疫を作れる」と述べた。

 「これが台湾モデルだ。ロックダウン(都市封鎖)なしで新型コロナウイルスと闘ったように、インフォデミックに対しても情報の削除なしで挑む」。

  唐氏は元ハッカーで、35歳だった2016年、最年少かつ初のトランスジェンダーとして入閣し、歴史に名を刻んだ。その知能指数(IQ)は180とも伝えられている。

 最初の任期では蔡英文総統の顧問を務め、対偽情報の国家戦略をけん引してきた。

 またネット上の偽情報を特定し、対抗する方法を子供たちに教える学校の新カリキュラムを強く支持してきた。

 新型ウイルスが大流行するとソフトウエア・エンジニアらと協力し、人工知能(AI)を使って地元のマスクの在庫状況が確認できるリアルタイムのマップや、新型ウイルスに感染した可能性のあるクルーズ客船の乗客が訪れた場所をピンポイントで示す警報システムを作成したとして称賛された。

 台湾では今年2月、マスクの素材がトイレットペーパーの原料と同じだとする偽情報が拡散され、トイレットペーパーの争奪戦を引き起こした。  

 台湾政府の行動は速かった。蘇貞昌行政院長(首相)が尻を振りながらトイレットペーパーとマスクは別の素材を使っていると説明するユーモラスな動画を拡散し、偽情報を封じ込めた。

 唐氏は「一度笑い飛ばしてしまうと、市民はこのような陰謀論に対して大きく反応しなくなる」と述べる。「実際に、トイレットペーパーのパニック買いは数日以内に収まった」

 この出来事は「ルーモア(うわさ)ユーモアで制する」唐氏の対偽情報戦略を示す典型例だ。

 なお、偽情報を拡散したのはティッシュペーパーなどの生活用品を販売するグループのメンバーで、現在は訴追されている。

 しかし中国政府が主導するネット上の情報拡散は、まだ日が浅い台湾の民主主義にとって大きな挑戦となっている。  

 ツイッターは今月12日、中国共産党と関連がある「情報操作」拡散作戦に使われた大量のアカウントを削除したと明らかにした。

 また豪シンクタンク、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)中国のプロパガンダについて、最大の目的は香港の民主化運動を妨げることで、新型ウイルス大流行中国側の領土主張に対し、台湾世論に影響を及ぼすことも目的の一つだと結論付けた。

 台湾は長年、民主的に選ばれた政府を損なおうとする中国からの軍事的な脅迫やサイバー作戦にさらされてきた。

 昨年、報道の真偽を検証する非営利のウェブサイト「台湾ファクトチェックセンター」台湾市民に対し、香港で「暴漢ら」を買収して警察官を殺害する目論見があるとする偽情報ソーシャルメディアに投稿されたと警告した。

 唐氏は「それより特筆すべきなのは、何百万人もの市民が無償で時間を割いて、疑わしいと思う情報を知らせてくれたことだ」という。

インターネットを遮断すれば、ソーシャルメディアの偽情報はなくなるだろう。しかし台湾パンデミックインフォデミックのただ中に、自由民主主義の強化に成功した。

 他の自由民主主義国ともそれを共有したい」【翻訳編集】AFPBB News』


 台湾中国の情報操作の最前線に立ってきた。
 

 中国台湾中国の一部との主張で、台湾独立派を抑えたいから台湾民衆の群衆操作もしてきたんだろうね。

 そんな中に最年少の天才ITを大臣にして効果を発揮してるという。
 その唐鳳デジタル担当大臣は、元ハッカートランスジェンダー
 

 日本だとその経歴などから足を引っ張る勢力もいるかもしれないけど、IT能力を評価して大臣として入閣させるなんて台湾って素晴らしいね。

 実際、台湾を救った実績を出しているし。


 ハッカーって多くの人が悪いイメージを持つけど、ホワイトハッカーと言って「悪意を持つハッカーからの攻撃を防いだりする活動を行うエンジニア」がいる。

 その一方で、アメリカなどでは悪いハッカーを構成させてホワイトハッカーにすると言うことも行われているようだしね。
 ITの知識はもちろん、セキュリティーを破るハッカーの気持ちなどもわかるから一石二鳥。

 これからは派閥の論理で大臣を決めるのではなく、本当に知識がある人を適材適所に置いていくようにしていかないと、日本はどんどん世界から離されて、沈没していくだけだよ。


 20世紀とは戦う土俵が変わってきているんだから、従来の考え方では戦えない。


 事実、日本企業で世界に誇れるIT企業があるだろうか?

 Google,Amazon,Microsoft,Apple,Facebook,テンセント、アリババ、百度、ファーウェイ
 韓国だってSumsungが頑張っている。日本人がよく使っているLineだって韓国企業だしね。

 アメリカ中国に大きく水をあけられ、情報を握られると国防にも影響してくるってことをもっと日本人は理解すべきだよ。
                 

posted by 世界好奇心 at 13:44 | gidoのコラム