600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

北朝鮮の当たり屋の裏

北朝鮮の当たり屋の闇


 『最近の日本ではあまり聞かなくなった「当たり屋」。

  保険金などを目当てに、故意に車にぶつかる行為を指すが、ドライブレコーダーや監視カメラが普及したことで、なりたたなくなったのだろう。
 

  ドライブレコーダーはおろか、車の普及すら進んでいない北朝鮮でも、当たり屋は存在する。その実態を、咸鏡南道(ハムギョンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

 事件が起きたのは先月中旬のこと。咸興(ハムン)市の沙浦(サポ)区域で、チェという女性が貨物トラックに飛び込んだ。幸い、命に別状はなかったが、トラックにぶつかった衝撃で倒れて、脳震盪を起こし、足に傷を負った。

 彼女は、トラックのドライバーに対して、補償金の名目で2万元(約38万8000円)を要求。ドライバーは、自分には何の責任もないと要求をはねつけた。

  咸興市安全部(警察署)が詳しい調査を行ったか否かは定かでないが、どういうわけか女性の肩を持ち、「事実関係がどうであろうと、人が車に轢かれて怪我をしている、治療費を払うか、監獄に行くかを選べ」とドライバーにプレッシャーをかけているという。

 情報筋は詳細を語っていないが、拝金主義の蔓延る北朝鮮の現実や、補償金の額の多さを考えると、安全部は女性からワイロを受け取り、グルになってドライバーを罠にはめようとしている可能性も考えられる。

  情報筋は、このような当たり屋になる人が少なくないとし、そのほとんどが厳しい食糧難の中で一家の生計を担っている若い女性で、家族を飢えさせないために、手段を選ばず、自分の命をかけた危険行為に走っていると説明した。

  2020年1月のコロナ鎖国以降、北朝鮮は深刻な食糧不足に陥っており、中でも前年の収穫の蓄えが底をつく、春から初夏にかけては最も逼迫、都市でも農村でも餓死者が出る事態となっている。

 市場での商売で収入を得て家族を支えてきた女性たちは、自分の命と引き換えにして、食べ物を得ようとしているのだ。

 殺伐とした状況の中、金銭をめぐるトラブルも耐えない。咸興市では今月1日、30万北朝鮮ウォン(約6000円)の現金を貸した30代のキムさんが、債務者の40代のカンさんに暴行を振るう事件が起きた。
 

 カネを返せと迫るキムさんに、カンさんは「返さないとでも思っているのか」と逆ギレしたのが、事件の発端だ。殴られたカンさんは安全部に通報。

 キムさんは、治療費として50万北朝鮮ウォン(約1万円)を支払うか、労働鍛錬隊(軽犯罪者を収容する刑務所)に行くかの選択を迫られている。

 そもそも、他人にカネを貸して利子を取るのは違法行為。踏み倒されてもどこに訴えることもできない。そこで実力行使に出たキムさんだったが、逆襲されてしまったというわけだ。』

 北朝鮮のニュースだが、これが本当であれば、北朝鮮社会の闇が色々表れているよね。

  日本では車にドライブレコーダーを搭載したり、路上にカメラなども多く設置されるようになってきたから、当たり屋をやっても嘘を言ってもばれる確率が格段に上がった。

  だから、そうやって無実の人からお金を巻き上げる当たり屋は減ったのだ。
ただ、ミラーが接触してスマホが割れたからなど数千円〜数万円をだましとるなど、従来の「当たり屋」のイメージとは違って手口が巧妙化しているようだけどね。

 さて、北朝鮮の当たり屋は、従来型の正に「当たり屋」のようだ。車に飛び込んで、ケガをしたから金銭をゆすり取るというもの。

 北朝鮮って、経済制裁されて、平壌の動画などを見ても車自体そんなに走っていない。特権階級や大富豪ぐらいじゃないと乗れないくらい、車が普及している社会ではないのだ。

 そんな北朝鮮での「当たり屋」だから、普通の自家用車ではなく、トラックなど運搬用が多くなるのであろう。
今回も女性が貨物トラックに飛び込んだとある。

  その理由だが、もう自分の命までかけて「当たり屋」をやらないと生活できないレベルまで追い込まれているらしい。

 北朝鮮経済制裁をされて元々苦しかったのにもってきて、国際情勢的に頼みの1つだったロシア経済制裁をされて頼ることはできなくなった。
そこにコロナの蔓延

 予防接種を受けていなかった北朝鮮人民はどんどん命を落としている。以前、金正恩氏はワクチンを断った経緯がある。

  当初は信じられない人間だと思っていたが、実はコロナワクチンを接種するだけでも多大な影響が出るとわかっていたのではないか。
北朝鮮の医療体制はかなりぜい弱だと言われている。

 コロナワクチンといっても、発熱や倦怠感、頭痛になるなど副作用が出ることもある。絶糧世帯という言葉も出るほど、北朝鮮では明日食べるものがない世帯が増えていると言われている。

 そんな中、コロナワクチンを打てば状況が逆に悪化すると判断したのかもしれない。ところが、現在は実際にそのコロナが蔓延してしまい、国家の危機だと金政権が慌てている。

  当たり屋に話を戻すと、自分だけではなく役所の人間をグルにして巻き上げようというのも生臭い話だ。北朝鮮ではコネがあるかどうかが、生活に大きな影響を与える。

 地方の役人なども自分の生活を守らなければならないというのもあるだろう。
 無理難題のノルマだけ課されて、政府からのサポートはなく自分達だけで何とかしろといわれても人心は離れ、治安は悪化するばかりだろう。

  現金を貸した債権者が、約束通りにお金を返さないので、債務者に手を挙げてしまった事例では、債権者だけが悪者になっている。

 北朝鮮では、他人にカネを貸して利子を取るのは違法行為で、踏み倒されてもどこに訴えることもできないらしい。
普通に考えれば、困っている人にお金を貸したら、恩を仇で返される可能性がけっこうあるということ。

  北朝鮮でも闇で金貸し業を営んで儲けている人達もいるらしいが、返さなくてもOKとなると最悪だよね。金を貸すときに、担保を取らないと貸せなくなる。

  実際、北朝鮮の田舎では、お金を返せなくて、家を手放したり、家財道具を手放したりすることも起きているようだ。

 北朝鮮の住民にとって、コロナが一番恐ろしいと思う。

 コロナという病気もそうだが、コロナロックダウンになると、外に出ること自体制限されるから、その日暮らしの世帯は餓死するしかなくなってしまう。頼れる友人、親戚がいても、会う事さえできなくなる・・・・。

 人的労力に大きく依存し、兵役も世界一長いと言われる北朝鮮にとって、北朝鮮の人口が減るということは、すなわち国力衰退を加速させることにもなる。

 経済、防衛、開発全てに影響を与えるだろう。

  金正恩氏が「国家の危機」と言っているのは、その通りだろう。
 この1年で北朝鮮は大きく変わるかもしれないね。
            

posted by 世界好奇心 at 17:34 | アジア

北朝鮮のコロナと日本への影響


北朝鮮のコロナ蔓延



  https://news.yahoo.co.jp/articles/2302ae91c8b7bb3d81a5e4a05f2edb1c8af182ee


『【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、13日夕から14日午後6時までに新たな発熱者が全国で29万6180人発生し、死者は15人だったと伝えた。新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しているとみられる。


 1日当たりの発熱者は前日より約12万人増加した。4月末からの累計は約82万620人で、死者は42人。約32万4550人が治療を受けている。

  朝鮮中央通信は「ステルスオミクロンに対する認識と理解が不足し、治療方法をよく知らないため、薬の使用の不注意による死者の割合が多い」と指摘。

 「住民の悪性伝染病に対する不安を打ち消し、正しいマニュアルに従って治療すれば短期間で完治するという確信を抱かせるための宣伝を積極化している」と伝えた。』

  これまでコロナ感染者はいないと言い張ってきた北朝鮮
もちろん世界的なコロナ感染が報告されている中で、北朝鮮だけコロナ感染が0という発表を信じる者は誰もいなかった。


 これまでのニュースでは、コロナ感染者らしき人がいたら家の外から板などを打ち付けて、中から出られないようにしたとか、隔離して餓死させたとか色々言われてきた。

  金正恩政権にとって自分達の政権をサポートする人以外は、気にも留めないようで、北朝鮮の田舎では多くの人が現在も食糧難で苦しんでいると言われている。

 韓国のドラマなどを視聴しただけで何年も強制労働所に入れられる北朝鮮では、人権はないに等しい。
金とコネがない生存さえ危うい人が田舎では大勢いると報道されている。


  さて、これまでひた隠しにしてきたコロナ患者をなぜ北朝鮮が発表したのか?

 これは、コロナ患者を隠滅して隠せる状況ではなくなってきたということではないか?

 全国で29万6180人発生したいうこの数字は、もはや隠しおおせる数字ではなくなっている。北朝鮮の人口は2500万人ぐらい。
1日で30万人だと、北朝鮮全土に急速にコロナが広がっていることが推測される。


  ある程度、コロナの知識を住民に説明して感染拡大を防がないといけない状況になってきたということだろう。治療方法をよく知らないため、薬の使用の不注意による死者が多数出たという事でも裏付けられている。

  しかし、皮肉なものだな。

  金正恩氏は北朝鮮にコロナが蔓延するのを恐れて、経済の頼みの綱であった中国国境を自ら閉鎖した。中国国境沿いの川の付近には、住民が自由に行き来できないようにフェンスも設置した。

  その結果、北朝鮮住民蜜輸出入ができなくなり、食料や生活用品にも困るようになってきた。特に食糧事情は酷いらしく、給料では生活できない状況が何年も続いているらしい。


 配給制度が機能していた時代ならまだわかるが、今は全くないらしく、普通に生活しているだけでは生きていけなくなりつつあるようだ。コロナ禍で状況は悪化の一途だろう。
  そのため、女性が道端で何か売って、なんとかその日暮らしの自転車操業をしながら生活している家庭も多いと聞く。
そんな北朝鮮でコロナ感染が広がった。


 オミクロン株ワクチンをうっていれば、それほど致死率は高くないので、現在では多くの国が入国緩和に動き出している。


 そんな世界状況の中、大規模ロックダウンをしているのが中国だ。

 中国ゼロコロナ政策を維持し、日常生活ができなくなって上海などでは大きな問題になっている。


 北朝鮮にとっては最悪の国際情勢だろう。

  国境を接していて、経済的に頼りにできる国は中国しかいない。もう1つの友好国ロシアウクライナ侵攻で、世界から制裁を受けており、北朝鮮などに構っている余裕はない。

  北朝鮮の唯一の頼みの綱が中国だが、中国は自分の国でロックダウンを実施している状況だから、こちらもそんなに北朝鮮に構ってはいられないだろう。

  もちろんある程度のコロナ検査キッドの送付やワクチン、医師を派遣することはするだろうが、北朝鮮では焼け石に水だろう。そもそもワクチンはかかる前に打たないと意味がないだろうし、打てるのは朝鮮労働党の幹部ぐらいまでじゃないかな?

  なにせ現在でも生活用品に事欠く生活だから、医療品の不足も想像に難くない。病院の設備も平壌などの一部の病院以外、使い物にならないかもしれない。それに、医者がいても薬や栄養のある食料などがなければコロナを治すことは難しいだろう。
 その日暮らしをしている家庭は、コロナにかかっている間、収入がなく食べ物も備えもない可能性が高い。
北朝鮮の特に田舎でコロナが蔓延すれば、多くの人が亡くなるのは間違いがない。

 食べ物も不足していても何とか生きていた人がコロナに感染すると、他の国では問題なくても北朝鮮では致命的になる。
そうなると北朝鮮の人口が大幅に減少する可能性がある。


  北朝鮮ニュースによると、労働力不足のため、徴兵制度を満了した元兵士や新卒の学生が半強制的に田舎に行って労働させられているということが増えてきているらしい。

 北朝鮮では多くの労力を機械ではなく、人的労働力で補っているようだから、人口が減るということはそれだけ労働力が減り、経済がますます苦境に陥ることを意味している。

  トランプ大統領時代は、金正恩氏もアメリカに歩み寄りを見せていたが、それでも結局経済制裁は緩和されなかった。バイデン政権では会談すら難しいだろう。

  既に金正恩体制が苦境に陥ったように感じる。


 そうかと言って、金正恩氏が莫大な金がかかる核開発をやめることはありえない。核開発金王朝を存続させるための唯一の手段だからだ。核を放棄してしまえば、アメリカとの交渉どころか、ほとんどの国が北朝鮮など相手にもしなくなる可能性がある。

  経済制裁を課されていて国際状況も悪い現況を打破するのは何か?
  私は暗号通貨(仮想通貨)の盗難、つまりハッキングだとみる。
仮想通貨
はウォレットで管理する人が大半だけど、その秘密鍵の重要性などよくわかっていない人もまだまだいる。


 通常の窃盗などより、仮想通貨の方が北朝鮮にとってはやりやすい。大量にハッキングしても、仮想通貨であれば、かさばったり、保管する場所を確保するなどの面倒がない。

  マネーロンダリングを防ぐため、最近、日本の仮想通貨取引所では送金時に送り主の情報などが必要になったが、世界を見渡すとまだまだゆるゆるの仮想通貨取引所も多い。

  また、Monero,(モネロ) Zcash(ジーキャッシュ)など仮想通貨の中には匿名性に優れたものもある。これを使えば、盗まれたコインの足跡をたどるのは難しくなるだろう。


 北朝鮮のハッキンググループは世界トップクラスを言われており、盗んだコインを換金するのに何年も時間をかけたり、色々ダークウェブなど利用してわかりにくくする術にたけているようだ。

  ある意味、金正恩政権にとっては、仮想通貨のハッキング国家存続の命綱にもなってきているので当たり前といえば当たり前だよね。


 となると、セキュリティの緩い仮想通貨取引所での保管や取引は益々リスクが高くなるということ。


 日本のコインチェックでは、Nem(ネム)が盗まれた時にそれ相当の日本円が支払われたが、海外の取引所ではそのまま潰れて返金されることはないことのほうが多いだろう。

  北朝鮮の金政権が追いつめられると、核の発射問題難民問題につながる可能性もある。
  ロシアのプーチン大統領を見ても、正常な判断ができなくなった独裁者ほど怖いものないよね。

posted by 世界好奇心 at 18:10 | アジア

上海のミスが怖い

生きた老人、危うく火葬に 


『【上海共同】中国上海市普陀区の老人ホームで1日、高齢者が生きたまま遺体を収納する袋に入れられて葬儀業者に引き渡された。

     中国メディアが2日報じた。業者が気付いたが「危うく火葬されるところだった」と批判の声が上がっている。  

  何らかの理由で老人ホーム側が勘違いしたとみられるが、原因は不明。中国の交流サイト(SNS)では、車からストレッチャーに移された袋を防護服姿の人が開け「生きているぞ」と話す動画が出回った。

  高齢者は病院に搬送され、状態は安定しているという。
   老人ホームは普陀区が主管。区は2日、老人ホームの院長や区の担当幹部ら計4人を免職処分にしたと発表した。』

  ちょっと信じられないミスが中国で起こった。
  老人ホームで生きているのに遺体収納袋に入れられ、危うく生きたまま火葬されそうになったという事件。
SNSでストレッチャーに移された袋を防護服姿の人が開け「生きているぞ」と話す動画が拡散したので、日本でもニュースになったんだろうね。

  老人ホーム側が勘違いしたとみられるが、原因はわかっていないとのこと。
だったら、殺人未遂の可能性だってあるよね? 

 その辺のことは公安(中国の警察)は調べているのかな?

  その人のことを気に入らない人とか、保険金がすぐに欲しい家族とか、色々考えられそうだけど。
先ず、遺体収納袋に入れられた時点で本人が嫌がってわかると思うが、その時わからなかったというのは睡眠薬とかで眠らされていたとかの可能性もありそう。

  もちろん生きているだけで、普段から自分の世話もできないくらい衰弱していた可能性もあるけど。
ここではどんな状態の老人だったか、書かれていないのでどれも推測の域を出ないけどね。

 事故だとしても、遺体収納袋を入れる前に医師か誰かの死亡確認書を取ったりするだろう? 

 制度は違うとしても、死亡したという証明は中国でも必要だろう。
それが、葬儀者まで引き渡されたとすると、どんな状況が考えられるのだろう?

 これが事故だとしても、とても怖い。
ここって老人ホームだから、高齢者を世話をする所だよね。
普段、高齢者を世話をしている人達がそんなミスするかな?

 いや、逆に言えば、普段ろくに世話をしていなくて、よく見ていないんじゃないか? 

  中国の病院などでも患者が多い所に見たことがあるが、医師も看護師もまともに見れていない。だから、家族や友人など世話役がいないと不安というのは、一般の中国の病院では当たり前の感覚だろう。

 上海ゼロコロナロックダウンになって、乳幼児だけコロナに感染した場合、母親は付き添いできなくて狂いそうというニュースが発信されたことがある。

 実際、泣き喚く赤ちゃんと放っている看護師のビデオが出たこともあるらしい。
そんな中国の状況を知っていると、老人ホームとて例外ではない気もする。

 もちろん、お金持ちは一般病院や一般の老人ホームではなく、それなりの所に入れると思う。
この老人ホームがどんなレベルの所かはわからないが、高級老人ホームではないことだけは確かだろう。

  老人ホームの院長や区の担当幹部ら計4人を免職処分にしたと発表したということで中国政府は幕引きを図っているんだろうけど、実際には原因を追究すべきことじゃないのかな?

  区の担当幹部は実際の現場のことを知らないのに地位や仕事を失うなんて理不尽な気がするのは日本人だけ?

 もしこういう処罰を予想できる社会だったら、上司が気に入らない部下が何か画策して、たまたまこの老人がスケープゴートに選ばれた可能性もあるよね、
例え院長や上司をクビにしたからと言って、彼らが今回のミスの主原因でなければ再びこういうことが起きる可能性がある。

 だけど、中国では原因を追究しないことがけっこうある。
誰かにとって都合が悪い時にはね。ちょっと考えると、色々怖そうだな。

             

posted by 世界好奇心 at 19:36 | 中国