600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

外国人観光客に人気の〇〇町

外国人と日本人の観光



   『江戸時代の宿場町の雰囲気が残る長野県南木曽町の妻籠(つまご)宿と、岐阜県中津川市の馬籠(まごめ)宿

   両宿を結ぶ旧中山道の馬籠峠を歩く外国人ハイカーが、近年増加している。

   英国のテレビ放送などで知名度が上昇。2018年度は65の国・地域の人が訪れ、初めて3万人を突破した。

    日本人より多い6割超を占めており、まだまだ増えそうな勢いだ。

 二つの宿場の距離は約9キロあり、徒歩で約3時間の道のり。外国人ハイカーは、交通の便の良いJR中津川駅から馬籠宿に入り、妻籠宿まで歩く人が多いという。

 江戸時代の旅が体験できるとして広まり、急な坂道はあるものの、荷物を有料で運んでもらえるため、身軽に歩けることも人気につながっている。




 妻籠宿の住民らでつくる公益財団法人「妻籠を愛する会」は、両宿のほぼ中間地点にある「一石栃(いちこくとち)立場(たてば)茶屋」を整備。

 無料でお茶を振る舞いながら、通過する人数と国籍を調べている。

 

 茶屋は江戸時代後期の民家を改装したもので、いろりや畳の休憩場がある。古い日本の雰囲気が楽しめることから、多くの人が立ち寄っている。

 4月、英国から来たマッチ・ルーヘンさん(31)は「とても美しい宿場町と峠道だ。昔に戻ったよう」と満喫した様子。

 茶屋で出迎える勝野富紀人さん(78)は、今年の秋で10年を迎える。やかんでお湯を沸かしながら、忙しそうに茶わんを洗う。ヒノキの笠をかぶり、簡単な会話で対応する。



 「単語で通じるんですよ。多くなった外国人に、行き届かないこともあるけど、笑顔で迎え、笑顔で送り出しています」

 外国人の峠越えは、09年度は約5850人だった。それが18年度は約3万1400人に増え、5倍を超えた。外国人の増加は、英国のBBC放送の番組で取り上げられた数年前から顕著になったという。


 一方、峠を歩く日本人は年々減っていて、18年度は全体の4割を切った。

 18年度の65の国・地域のうち、33カ国は英国のほか、フランス、スペイン、ドイツなどのヨーロッパからだった。

 妻籠を愛する会の調査では、目的は山や風景などの自然を楽しむ人が多く、宿場風景、ウォーキング、と続いている。』


 江戸時代の宿場町の雰囲気が残る長野県南木曽町の妻籠(つまご)宿と、岐阜県中津川市の馬籠(まごめ)宿が、ヨーロッパからの観光客に人気があるという。

 外国人観光客が増えている一方で、日本人観光客は減っている、
外国人が興味があるものと日本人が興味があるものに大きな差があるということだろう。

 ハイキングは欧米人にとって人気だし、3時間ぐらいなので時間的にも適当だ。
欧米人
にとって、日本の東京などはヨーロッパと似通っている点がある。せっかく日本へ来たのだから、日本でしか味わえない雰囲気が好まれているのではないかな?


 それに昔の日本の雰囲気を味わえる所となると、そんなに多くないし、日本の自然も堪能できるしね。


  一方、日本人にとっては、そんな昔の雰囲気を味わうより、もっと新しいものの所が人気なのではないかな? 特に若い世代にとっては。

  外国人観光客日本人観光客が求めているものは違うというのは、数字がはっきりと明示しているよね。




  海外の観光客が増えることは悪い事ではない。
外国人
日本の歴史に興味を持ってもらえるきっかけにもなるし、地元にはその分、観光収入も期待できる。

 また、外国の新しい文化に触れることで、地方の国際化にも貢献してくれるだろう。



posted by 世界好奇心 at 22:04 | 日本

韓国芸能界衝撃 パクユチョンの覚醒剤逮捕

パク・ユチョン逮捕の衝撃



  『韓国の人気グループ「JYJ」の元メンバー、パク・ユチョン容疑者が覚醒剤を使用したとして逮捕されました。

 

  韓国の警察によりますと、パク容疑者は2月から3月にかけて元交際相手のファン・ハナ被告とともに購入した覚醒剤1.5グラムを5回にわたって使用した疑いが持たれています。

  パク容疑者はこれまで、記者会見で「決して麻薬を使っていない」と述べるなど、一貫して容疑を否認していました。

  一方で、パク容疑者の体毛からは薬物の反応が検出されていて、裁判所が26日にこれらの証拠をもとに検討した結果、「証拠隠滅や逃亡の恐れがある」として逮捕状の発布を決めました。

  なお、パク容疑者について所属事務所はすでに芸能界を引退すると発表しています。』

 


  韓国の人気グループ「JYJ」の元メンバー、パク・ユチョン韓国警察に逮捕された。容疑は覚醒剤使用
 

  パク・ユチョン容疑者は元々5人組アイドルグループ東方神起のメンバーとして芸能界デビューした。
 

  東方神起は日本でも大人気の韓国アイドルグループだったので、日本人のファンも多かった。


 そのパク・ユチョン容疑者は、元婚約者であるミルク姫ことファン・ハナ被告と覚醒剤を使用していたとして逮捕されたのだ。
 

  このファン・ハナ被告も中堅財閥の孫娘だ。
 

  韓国経済は財閥系が仕切っていて、韓国の有名大学生財閥系の会社に入れるかどうかが人生の大きなカギになっている現状がある。


  その一方で、財閥系の家庭に生まれた子供や孫はやりたい放題という韓国国民の反発もある。

  財閥系の子供や孫は、不正に入学したり卒業したり、犯罪を犯しても揉み消せると思っていると思っている人間がけっこういるらしい。
 


  実際に大韓航空のバカ娘達は「ナッツ姫」「水かけ姫」として国際社会をにぎわし、最後にはその母親も暴行の疑いの目が向けられていた。
 家族揃って、暴行容疑って尋常じゃないよね。


 要するに韓国社会では財閥の要人や家族は絶大な力があるので、陰で揉み消したり、金で解決したりしていたのだろうね。

 実際に韓国財閥の親達は子供や孫を甘やかし、何か問題があると、その人脈を使って揉み消してきたという噂が何度も出てきている。実際、それを公言し、好き勝手な振る舞いをする人間も多いらしい。
 

 それと韓国芸能界の闇と言われている薬物汚染
 

 日本もピエール瀧が逮捕されて衝撃を与えたが、韓国芸能界もかなりヤバいみたいだね。
 


 パク・ユチョン容疑者は一貫して覚醒剤使用を否定してきたが、体内から薬物反応が出たらしい。それは覚醒剤使用の動かぬ証拠ではないのか・・・。
 

 しかし、警察に調べられたらわかると思うが、もう日数的に薬物反応が出ないとでも思ったのか、それとも自分が知らないうちに誰かにはめられたのか?
 

 パク・ユチョン芸能界引退を発表しているが、もし嘘を言っていたとしたら、これまで応援してきた日本のファン、韓国のファンに対して不誠実な態度と言わざるを得ない。



 人気芸能人と財閥の孫娘のカップルは一見羨ましいカップルのように思えたが、韓国社会から非情な逆襲を受けた形だね。
 


 韓国経済が停滞し、一般の韓国人の財閥への風当たり人気芸能人への妬みもあるのかもしれない。
 
 ただ、歌手や俳優として日本でも人気があったパク・ユチョンがこういう形で逮捕され、姿を消していくのは、これまで応援してきたファンにとっては大ショックだろうね・・・。

 せっかく積み上げてきたものが一瞬に吹き飛んだ。
 金も地位も名誉も全部・・・。

 覚醒剤使用とはそういうもの。


 財閥の孫娘「ミルク姫」の失態も、財閥関係のビジネスにも多少は影響してくるだろうね。


 韓国財閥が経済を握っているけど、文大統領財閥解体にも意欲を見せているような気がする。
  もしかしたら、そういう韓国政府の意向も働いて、これまで不問にされていたものが厳しく罰せられることになったのかもしれない。


 一般の韓国人の不満のガス抜きとして、2人が見せしめにされた側面もあるのかも?

 もしそうなら、韓国の財閥芸能界は、まだまだ闇を持っているということになり、今後も似たようなニュースが出てくる可能性がある。
 

 とにかくパク・ユチョンの逮捕、覚醒剤反応ありというニュースは、日韓の芸能界に衝撃を与えたことだけは確かだ。

 才能がある者がこうして消えていくのは残念だね・・・。


 
 
  

posted by 世界好奇心 at 18:43 | アジア

南米・元大統領の哀れな最期

ペルー元大統領が自殺 



 『【AFP=時事】(更新)ペルーのアラン・ガルシア(Alan Garcia)元大統領(69)が17日、収賄の疑いで逮捕される直前に自宅で銃を使って自らの頭部を撃ち、搬送先の病院で死亡した。

  アプラ党(APRA)のオマル・ケサダ(Omar Quesada)幹事長が明らかにした。

  警察は午前6時半(日本時間17日午後8時半)、首都リマの高級住宅地にあるガルシア氏宅で同氏の拘束を試みた。

  スレマ・トマス(Zulema Tomas)保健相によると、ガルシア氏は緊急手術中に心停止を起こし、3度にわたり蘇生させられたものの、最終的に息を引き取った。

  搬送先の病院は、ガルシア氏が頭部に銃弾を受けていたことを認めた。

  1985年〜90年と2006年〜11年の2度大統領を務めたガルシア氏に対しては、ブラジルの建設大手オデブレヒト(Odebrecht)をめぐる広範囲の汚職スキャンダルでのマネーロンダリング(資金洗浄)容疑で逮捕状が出されていた。

 

  ペルーのマルティン・ビスカラ(Martin Vizcarra)現大統領ツイッター(Twitter)で追悼の意を表した。【翻訳編集】 AFPBB News』

 


  南米ペルーで2回、計10年も大統領を務めたガルシア元大統領が自殺した。

  ブラジルの建設大手オデブレヒト(Odebrecht)をめぐる広範囲の汚職スキャンダルで捜査の手が及んでいたらしい。いわゆる闇の金をきれいにするマネーロンダリング嫌疑のようだね。

  ガルシア元大統領は、逮捕されるなら自ら命を絶つということを選んだ。
 

  まあ、南米の大統領は在任時は独裁者に近いから好き勝手やるが、大統領職を離れると一気に権力を失い、このように訴追されることが多いね。

  かつてセンデロルミロソなど深刻なゲリラ対策をした日系のフジモリ元大統領も逮捕されたしね。
  それにしても2回も大統領をやっていて銃で自殺
人の運命って皮肉だよね。

  ちょっとビックリなのが、現職の大統領が公式発表ではなく、ツイッターで哀悼していたところ。

  南米の政治の世界にもSNSは確実に入っているんだね。

 
  

posted by 世界好奇心 at 01:09 | 南米