600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

注目のスポーツテック

スポーツテック



 『【シリコンバレー時事】スポーツ分野ITを活用する「スポーツテック」産業の将来性が期待されている。

  観戦や応援の新たな方法を提案したり、選手の体調を管理したりする新興企業が続々登場。大手広告代理店の電通などがこれらの企業育成に力を注ぐ中、2020年に東京五輪・パラリンピックを控えた日本で、その技術導入に向けた動きが出ている。

  電通と日米に拠点を置く投資会社スクラムベンチャーズは昨年、スポーツに関連する新興企業を支援するプログラムを開始。今月20日に米サンフランシスコで開いたイベントでは、電子トレーディングカードの購入を通じてチームや選手を応援する仕組みを提供する「ベンタス」(東京)など、世界中から選抜された新興企業12社が自慢の技術やアイデアをアピールした。




 このうち、観客それぞれに異なる映像を映し出すディスプレー技術を持つ米ミスアプライド・サイエンシズは、12月に予定されている新国立競技場のオープン式典での実演に向けて協議中という。


 一方、フィンランドのオメガウエーブは、ウエアラブル端末で取得した神経信号や心拍データから選手に最適なトレーニング方法を提案する技術を披露。

 日本トライアスロン連合サッカーJ2岡山などとの実証実験が決まったとしている。

 スクラムベンチャーズの宮田拓弥代表は「まだまだ日本のスポーツは『ど根性』というところがある。日本を巻き込むことに意味がある」とスポーツテックの広がりに期待を示した。』


  最近、脚光を浴びてきたAI(人工知能)ブロックチェーン
 
  そんなIT業界と従来の業界を結んで、新たなものを創造しようとしている。



  Sports-Tech(スポーツテック)とは、IT(情報技術・デジタル技術)を活用することによって、スポーツの新たな付加価値を創造したり、従来とは異なるビジネスモデルを実現したりするソリューションのこと。


  フィンランドのオメガウエーブは、ウエアラブル端末で取得した神経信号や心拍データから選手に最適なトレーニング方法を提案する技術を作ったようだ。



  これって、スポーツは根性だと言う考え方と180度違うデータ重視の考え方。


  考えてみれば、選手の体によってトレーニング方法は違っていて当然だが、従来は優秀な選手がやってきたことを教えていたのが多かったように思う。

 

  確かに成功事例を学ぶと言うことは成功の近道とも言えるが、それができるできないという元々の身体能力というものもあると思う。

  アフリカの選手のような体のバネを使うようなことは、純粋な日本人にはいくら努力してもかなり難しいのではないか?

 

 それよりも自分に合った方法を見つけ出し強化していった方が、成功の近道かもしれない。その自分に合った強化法をサポートするのがIT技術だ。


  また、応援するファンやサポーターにもIT革命が押し寄せている。

  応援するチームを簡単に金銭的にサポートできるようになったり、観戦方法を多様化したりと選択肢が増えてきている。


 

  スポーツにもビジネスの側面がある。
  

  オリンピックに勝つために、強化するために、金銭的援助は欠かせない。



  これまでは企業を回ってスポンサー契約という形が多かったけど、今後は個人が少額ずつ寄付をして選手をサポートする形も増えそうだ。

 

  マイナースポーツにとってスポンサー探しはかなり難しいと聞くが、SNSなどを通じて直接知り合った人達から少しずつ援助してもらうと言う形ができれば、今よりは協議に打ち込める環境を作れるのではないか。

  そういう意味でもスポーツテックの果たす役割は大きいし、多様な選択肢がある未来になってほし
いな。

          
  

posted by 世界好奇心 at 17:50 | gidoのコラム

日本のウィスキーが高額落札

日本産ウィスキーの凄い人気度



『【ロンドン時事】希少な日本産ウイスキーが16日、香港で競売に掛けられ、1億円に迫る719万2000香港ドル(約9750万円)の超高額で落札された。

 英競売商ボナムズが発表した。世界的に高い評価を集める「ジャパニーズ・ウイスキー」の人気を証明した格好だ。

 競売に掛けられたのは埼玉県のベンチャーウイスキー肥土伊知郎社長)が発売した「イチローズモルト・カードシリーズ」の計54本セット。

 それぞれにトランプにちなんだ名前が付けられ、2005〜14年に順次発売された。いずれも限定本数しか販売されておらず、一部のウイスキー愛好者の熱狂的な人気を集めた。

 事前の予想落札価格は450万〜600万香港ドル(約6100万〜約8100万円)と見込まれていたが、実際は大きく上回った。

 15年にボナムズが実施した別の競売で同様のセットが約380万香港ドル(約5100万円)で落札されており、4年間でほぼ倍増した。

 ボナムズ担当幹部のダニエル・ラム氏は競売前、「日本のウイスキーに対する市場の需要は過去最も強い」と指摘。

 さらに「シリーズ全部がそろったセットは世界に四つしかないとされている」と希少価値をアピールしていた。』


  日本のベンチャーウィスキーが発売した「イチローズモルト・カードシリーズ」の計54本セットが1億円近くでオークションで落札された。

 計算すると、1本約180万円。
限定ウィスキーとはいえ、1本180万円という値が付く人気ぶり。
 熱狂的なウィスキーファンっているんだね〜。

 ウィスキー1本が車1台買える価値なんだ〜。
 一体どんな味がするんだろう。


 このベンチャーズウィスキー、イギリスの『ウイスキーマガジン』ジャパニーズモルト特集で最高得点の「ゴールドアワード」に選ばれたり、イギリスの「ウイスキーマガジン」主催の「ワールド・ウイスキー・アワード2017」で「シングルカスクシングルモルトウイスキー部門」で世界一に選ばれたりしている。

 イギリスではベンチャーウイスキーはかなり知名度が高いみたい。

 いずれにしても、日本のウィスキーが世界に認められていると言うのは嬉しいニュースだね。

posted by 世界好奇心 at 01:46 | gidoのコラム

ano あのルーブル美術館が

ループル美術館が予約制へ



 『【AFP=時事】世界的に有名な仏パリのルーブル美術館(Louvre Museum)は2日、今夏の混雑状況を受け、訪問客に対し事前にオンラインで来館予約を取るよう呼び掛けるとともに、年内に予約を義務化する方針を明らかにした。

 レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の絵画「モナリザ(Mona Lisa)」などを所有する同館は世界一の来館者数を誇る美術館で、人気のあまり混雑が問題になってきた。

 今夏は熱波の影響観光客が涼しい美術館内へ避難したことにより、混雑が悪化。

 また、改修工事のために「モナリザ」が別室に移動したことも、さらなる混乱を生んだ。


 ルーブル美術館のバンサン・ポマレード(Vincent Pomarede)副館長補佐は、オンライン予約の義務化により、同館は来館者数に対処しやすくなると説明。

「(予約の義務化は)10月か11月からになる予定。2020年の年初に開始したかったものを早めた」と説明した。【翻訳編集】 AFPBB News』


 フランスの首都パリにあるルーブル美術館

 あのレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「モナリザ」が見られる美術館としても有名。

 世界中の観光客が訪れるルーブル美術館が、ついに予約制を導入すると言う。

つまり、予約なして行っても美術館へ入れてもらえない。。。

 これは自由旅行をしているバックパッカーなどには痛手だね。

 せっかくパリに行っても、予め準備しておかないとルーブル美術館へ入れないんだから。

 ただあまりに多くの観光客が行っても、ゆっくり美術鑑賞などできないのも事実。

 世界一の集客があるルーブル美術館ならではの悩みかもね。

           

posted by 世界好奇心 at 22:53 | ヨーロッパ