600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

キューバのトップ引退

カストロ時代の終焉


『【サンパウロ時事】キューバ共産党トップラウル・カストロ第1書記(89)は16日に開幕した第8回共産党大会で「私の第1書記としての仕事は、成し遂げたことへの満足感と国の将来についての確信と共に終わった」と演説し、62年にわたって活躍したキューバ政治の第一線から引退することを表明した。

 米キューバ関係年表  

 冷戦をくぐり抜け世界に一時代を築いた「カストロ時代」に幕が下りた。  

 演説でラウル氏は、目と鼻の先にありながらも60年にわたり激しく対立してきた米国との「(互いへの)敬意を持った対話の促進と、新たなタイプの関係構築」推進を提唱。

 後を継ぐ指導部に、キューバ型社会主義の原則を踏まえた上での関係改善を促した。

 ラウル氏は兄の故フィデル氏やアルゼンチン出身の故チェ・ゲバラ氏らと共に1959年に成立したキューバ革命を指揮。

 以後一貫してフィデル氏をナンバー2として補佐し、2008年の同氏引退後は国家評議会議長共産党第1書記を務めてきた。

 後任には忠実な後継者とされるディアスカネル大統領が就任すると見込まれている。』


 キューバは数少なくなった共産主義国
 
 東側陣営のボスだったソ連が崩壊してロシアになり、共産主義友好国からの援助が得られなくなってかなり国の運営に苦労してきたキューバ

 現在のキューバトップはラウル・カストロ氏。
 彼は亡くなった実兄のフィデル・カストロ氏の後を継いで、キューバを運営してきた。

 キューバも一見、権力の世襲制と言えなくもないが、北朝鮮のようなキム王朝のための国といった独裁制はそこまで強くなかった。

 キューバでは特定の政治指導者が偶像化するのを避けるため、存命中の人物のモニュメントを公共の場所に飾ることを法律で禁じているらしい。

 日本人的には共産主義の革命をしたというのはあまりいい目で見られないが、当時は資本家のメチャクチャな要求で大多数は奴隷扱いされていた時代で、中南米では理不尽な状況が続いていた。

 そんな時、国の富を平等に分配すればいいのではないかという考えが広がったのは当然だろう。

 チェ・ゲバラアルゼンチンの医者であったのに、革命に命をささげる人生を歩んだ。ゲバラ自身は、裕福な生活を送れていただろうに、キューバの後にアフリカボリビアまで行って暗殺された。

 フィデル・カストロ氏も裕福な家庭出身で、弁護士をしていたくらいだ。その2人が自らの地位を捨ててまで,革命にこだわった。我々はしっかり時代背景を理解しないといけないだろう。

 中南米では伝説的な人物となったチェ・ゲバラ
そのゲバラとカストロが出会い、キューバに乗り込んで革命を成功させた。

 しかし、そのキューバ革命共産主義国家がうまく機能していたかというとそうではない。

 ソビエト連邦を見ると、人間の心理を無視した机上の空論だけで、うまく経済がまわらなくなり、製品の品質低下も招いて特権階級だけが得をする当初の理想とはかけ離れた国になり、遂には崩壊した。

 米ソ冷戦時代キューバアメリカのすぐ近くにあるにもかかわらず、ソ連の東側諸国の一員だった。キューバ危機という事件も起こった。

 それで、アメリカにとっては、喉元に共産主義の国があると危険だということで表裏でカストロ政権崩壊を試みてきた。

 お兄さんのフィデル・カストロ氏は何百回と命を狙われたと言われている。
それでもキューバのカストロ兄弟は生き残り、最近ではアメリカとの関係修復も試みられている。

 革命家なのに、フィデル・カストロ氏は90歳まで生き、ラウル・カストロ氏も現在89歳。

 革命家でこんなに長生きをして、国を治めた人物も世界的に珍しいのではないだろうか。

 ラウル時代が終わったからと言って、現在のキューバに大きな変化が急激に起こることはあまり想像できない。

 徐々にキューバの変化がみられるという感じじゃないかな?

        

posted by 世界好奇心 at 20:04 | 中米・カリブ

中東ヨルダンでクーデター?

ヨルダンの反乱



『【カイロ、ワシントン時事】ヨルダンのアブドラ国王は7日、「国家の安定を脅かす行動を取った」と批判された異母弟の前皇太子ハムザ王子について、「ショックと痛み、怒りは比類なかった」と語った。 その上で「反乱は鎮圧された」と強調し、事態は沈静化したとの認識を示した。

 国王の国民向けメッセージを国営メディアが伝えた。表面化した王室の内紛に関し、国王が直接言及するのは初めて。

 国王は「過去数日の試練は国家の安定にとって最も危険ではなかったが、私にとっては最も痛みを伴うものだった」と振り返った。

   動画で自ら自宅軟禁下にあると主張したハムザ王子について、「現在は私の保護の下、家族と一緒に自分の宮殿にいる」と述べた。

 ヨルダン政府は、王子側が「邪悪な計画実行のため外国勢力と連絡を取っていた」と非難し、関係者を拘束。その後、王子が国王に忠誠を誓う文書が公表されていた。

 一方、バイデン米大統領は7日、アブドラ国王と電話会談し、米国や地域にとって国王のリーダーシップが重要だと強調した。ホワイトハウスが発表した。

 ヨルダン中東の親米国で、国王への支持を明確にする狙いがあったとみられる。

 バイデン氏は記者団に、ヨルダン情勢を懸念していないと指摘。「国王には米国に友人がいると電話で伝えた」と語った。』

 ヨルダンは世界の火薬庫と言われている中東では落ち着いている国だと思っていたが・・・。
イスラエル
と仲が悪いアラブ諸国だが、アメリカを仲裁に仲を改善してきた国もある。

 UAEバーレーンだ。アラブ諸国ではないが、スーダンモロッコなどとも国交を改善してきている。
シリアは内戦状態で、アメリカ寄りというよりはロシア寄り

 親米のヨルダンはアメリカにとっても中東で重要なポジションを占めている。

 パレスチナ人シリア人の難民も多く逃げてきているのが、このヨルダンだ。

 そのヨルダンでクーデター?が画策されたという事件。
現国王の異母兄弟ハムザ王子をはじめとする王室関係者が反乱を企てたということらしい。

 ただ、アブドラ国王も皇太子だったハムザ王子をおろして、自分の息子を皇太子にした経緯もあるし、権力闘争は昔からあったんじゃないかな?

 それが、コロナの影響で経済が疲弊し、ヨルダン国民から不平不満が爆発してきている状況だったのに便乗したタイミングだったのかなぁ??

  ただ、アメリカのイスラエル支持は、トランプ大統領バイデン大統領に代わっても変わらないだろう。
ハムザ王子アブドラ国王に従うという声明は、命と引き換えにという部分が大きいんじゃないかな???

 ただアブドラ国王が前国王のフセイン国王ほど求心力や外交能力があるのかは、ちょっと疑問。

 ヨルダンは、今後も様子を見ていかないといけない状況じゃないかな?

posted by 世界好奇心 at 14:37 | 中東・アラブ

インド 子宮摘出する闇

インドの子宮摘出の闇 



 『2019年4月、インドのマハラシュトラ州のサトウキビ農園で働く数千人の女性たちが不必要な子宮摘出術を受けさせられている事実が発覚し、スキャンダルとなった。

 女性たちが十分な知識を持たないことに付け込み、健康診断などの際に子宮摘出が必要だと信じ込ませていたという。

 かつて医師たちの稼ぎの中心は中絶手術だったが、避妊が比較的容易になったことで、子宮摘出が新たな儲けの手段になったようだ。

 その標的として、農園の女性は最適だった。大規模農園の多くは法規制を無視した違法状態にあり、労働組合や社会・医療保険もない。

 また過酷な肉体労働で、医師を頼る機会も多かった。 農園の請負業者にとっても、月経を止めて生産性を向上させる子宮摘出は都合がいい。

 こうした虐待行為は、インド経済の民営化と自由化で、過剰な利益追求が広がるにつれて多く見られるようになった。

 同地の貧困問題は深刻で、劣悪な労働環境ながら人々には農園での仕事以外の選択肢がない。

 また事件後も、政府は具体的な法律や処罰を制定しておらず、金儲けのために女性の体が傷つく状況が改められる見通しは暗い。』

  なんとインドの貧しい農園の女性子宮摘出手術を受けているという闇。
 
  インドの医師たちの儲け手段となっているらしい。

  子宮全摘出となると、将来自分の子供を諦めるということを意味する。
 
  完全な人権侵害だ。

  農園の請負業者にとっては、女性の生理を気にすることがなくなる。月経を止めて生産性を向上させる子宮摘出は都合がいいということらしい。
 

  完全に人間扱いではなく、いくらでも替えが効く動物扱いではないか!
 

  女性の将来なんて、これっぽっちも考えていなくて、その時の農業生産性だけに注目している。
  
  インドの田舎の女性は識字率も低いことが多く、単純労働で搾取されることも多いと言われている。

  大規模農園の多くは法規制を無視した違法状態にあり、労働組合や社会・医療保険もないし、過酷な労働を強いている実態がある。

  インド政府も法整備や罰則がきちんと取り決められていないけど、貧困層にとっては働き口の選択肢がないのが実情だろう。

  法律や罰則の制定すれば、すぐに問題解決になるとは思わないが、それさえもないのでは取り締まる法的根拠さえないことになる。

  悪徳生産者や医師を野放しにしているもの同様だ。

 インド政府経済発展ばかりではなく、人権侵害にも目を向けてもらいたい。

 現在、中国シンチャンウイグル自治区で起こっているウイグル人への強制収容をはじめととする人権侵害が世界で問題になっている。

 ミャンマーでもクーデターを起こした軍事政権の人権侵害には世界中から非難の声が上がっている。

 現代では安く生産するだけでなく、適正に生産されていないかということもより重要視する時代になった。

 インドも世界的な経済大国になっているのだから、少しずつ国内の人権問題にも目を向けていってもらいたいもんだね。

            

posted by 世界好奇心 at 22:10 | アジア