600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

外国人看護師問題

インドネシア看護師 帰国問題を斬る
 

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091118-00000759-yom-soci


  『日本とインドネシアの経済連携協定に基づき来日した看護師研修生1人が、「資格や業務の内容、賃金水準が、インドネシア側で聞いていた説明と違う」と不満を募らせ、研修を打ち切って帰国したことがわかった。  


  厚生労働省は、現地で誤解を与える説明があったとみて、正確を期すよう、近くインドネシア政府に要請する。

 帰国したのは、第1陣(208人)として昨年8月に来日した20歳代女性。語学研修を経て、今年2月に九州の病院に赴任。患者の食事や入浴の介助などを任され、入所者からは好評だったという。  

  しかし、来日前にインドネシア側から受けた説明のうち▽日本の看護師資格は、他国でも働ける国際ライセンス▽資格取得前から注射などの看護業務ができる▽賃金20万円以上を保証――などが事実と異なっていたとして9月に帰国した。


  厚労省によると、看護師資格は日本国内でのみ有効。「20万円以上」の保証はしておらず、賃金は受け入れ施設ごとに異なる。

  同省は「インドネシア政府には十分な情報を伝えている」とするが、仲介機関の国際厚生事業団によると、同様の説明があったと訴える研修生がほかにもいるという。  

  大野俊・九州大学アジア総合政策センター教授(東アジア研究)は「来日第1陣は募集期間が短く、2国間の連携が不足していたため、研修生に正確な情報が伝わらなかったのではないか」と指摘。

  別の専門家は、「研修生の募集にブローカーが介在するケースもあり、誤った情報が独り歩きした可能性もある」とみる。』



  インドネシアからの看護師が帰国した。
 
  このインドネシアの看護師が帰国した理由は、当初インドネシアで説明されていた事実と違うと言うもの。

  情報を正確に伝達するのは、思いのほか難しい。インドネシアは島国で、インターネットが発達した現代とは言え、インターネットで情報を得られる環境にいない人も大勢いる事だろう。

  そんなインドネシアで情報を正確に伝えるのは難しい面もある。そこで記事にも書いてある通り、ブローカーなどの存在が出てくるのだろうと思う。 ブローカーを介在した場合、彼らにとってみれば紹介してなんぼの世界だろうから、美辞麗句を並べて、その場限りの嘘を言う可能性だって容易に推測できるよね。


  ただ僕が日本がインドネシアから看護師、介護士養成受け入れを発表して心配していたことに、日本の看護師資格は、他国でも働ける国際ライセンスじゃないということがあった。
 
  インドネシア人が日本の看護師の資格を取得するのはかなりハードルが高い。何よりも日本語力が相当高い。単純労働者並みで日常会話程度では話にならない。

  そんな苦労をして、やっと取得した看護師免許が日本以外の他国では役に立たないとなると、彼らのモチベーションはかなり下がるんじゃないかと言う事だった。
 
 日本の看護師資格を国際的に通用できるようにする努力も必要だろう。 とにかく、看護師は資格がないと注射など医療行為が出来ない。となると、技術向上を目指してきた人は失望するかもね。インドネシアでやってきた事も日本ではできないんだから。
 

  逆にそれを逆手に取って、研修という名目で働いて給与をある程度稼げればいいや、という輩も出てくると思う。インドネシア看護師のテレビ番組を見た時に、彼らが一番魅力を感じる部分はお金だったから。
 

  以前書いたインドネシア看護師の記事はこちら。 → インドネシア看護師



   日本語の読み書きなどインドネシア人にとっては難しいから、一生懸命勉強しても合格できるかどうかわからない。日本語力だけでなく、専門知識も必要なんだしね。 こういうのを外国語で学ぶ自分を想像してみてください。
 
                 
            まるかじり看護師国家試験問題


  そうなると、合格しなくても3年くらいは日本で働けるわけだから、この制度を利用してある程度お金を稼げればそれでいいやと思う輩が出てくると思うわけです。
 
  来日に関して、インドネシア看護師にはほとんど自己負担はないからね。


  そうなると、日本の医療事情は根本的には解決せず、今回のように途中で帰国でもされたら研修費用などで赤字のはず。


  インドネシア看護師プログラム自体の存続が危ぶまれる事態にもなりかねない。
 

  このプログラムには当初から問題がかなりあったけど、こういう場面で一つ一つ問題をきちんと解決していかないと、外国人看護師育成は夢のまた夢になってしまうだろうね。

posted by 世界好奇心 at 12:28 | gidoのコラム