600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

イケメンホームレス

; 中国「イケメンすぎるホームレス」
 
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100308-00000506-san-int
 

  『【北京=矢板明夫】中国のインターネットで最近、「イケメンすぎるホームレス」が話題を集めている。

  「彼と結婚したい」とネット上で宣言する女性や、男性を探しだしてカメラを手に追いかけるファンも現れた。

  きっかけになったのは、2月中旬から掲示板で出回り始めた一枚の写真。ホームレス風の若い男性がよれよれの服をまとい、たばこをくわえて街を闊(かつ)歩(ぽ)している。

  浙江省寧波市の路上でたまたまアマチュアカメラマンが撮影したものだが、そのカッコ良さがネットで注目を集め、「犀利哥」(目つきの鋭いアニキ)「こじき王子」などのあだ名が付けられ、たちまち人気が沸騰した。
 

  国内にとどまらず、その画像は海外のファッション雑誌にも登場、英国紙「インディペンデント」に取り上げられた際には「Brother Sharp」と名付けられた。


  台湾のテレビ番組では物まねするタレントも現れたとか。

  あまりの人気ぶりに地元政府も動かざるを得ず、市の救助センターが今月初め男性を保護したという。

   男性はその後、江西省上饒市出身の33歳と判明した。10年前に出稼ぎのために家を出たあと、いろいろな事情があって家に戻らなかった。

  もっとも、中国紙、新京報によると、地元政府の協力を得て、男性は現在、すでに実家に戻り、母親や弟らと10年ぶりの再会を果たしたといわれる。』


  中国ネット社会では「美人過ぎるシリーズ」が流行っていたけど、今度はイケメン
 

  いつの間にか撮影された写真が世界中に配信されていたなんて当の本人は全く気付かなかったろう。  英国紙「インディペンデント」に登場なんてビックリだよ。



  ホームレスでも着こなしがナイス!という事でしょう。イケメンから「こじき王子」などと名付けられ、追っかけまで出るんだから世の中変わりました。


  いずれにしても、一般人がインターネットで簡単に情報発信できるようになって、良くも悪くも世の中のシステムが変わったという事。
 

  このイケメンホームレス、無事家族と再会して故郷に戻ったということなのでハッピーエンドなのかな? 中国でも注目されると政府が動かざるを得なくなるからね(笑)。

posted by 世界好奇心 at 19:00 | 中国