600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

FCバルセロナの平和ツアー

FCバルセロナと中東和平


  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000011-jij-eurp


   『【ヘブロン(ヨルダン川西岸)時事】サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナの選手団が3日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区を訪問し、ヘブロン郊外の競技場で子ども向けのサッカー教室を開いた。4日にはイスラエルでも教室を開催する。

   「平和ツアー」と銘打ち、イスラエル、パレスチナを同時期に訪れることで、7月末に再開したばかりの中東和平交渉を後押しするのが狙い。

   バルセロナは、パレスチナで最も人気のサッカーチームの一つ。

    アルゼンチン代表のメッシブラジル代表のネイマールらスター選手を一目見ようと競技場にはファンが殺到。

    菓子店勤務のアリ・ドラさん(29)は「大変素晴らしかった。また来てほしいね」と感激していた。』 


   スペインのサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの人気FCバルセロナパレスチナとイスラエルを訪れサッカー教室を開く。

   長年に渡り、パレスチナとイスラエルの中東和平協定は前に進んだり、後退したりとなかなか根本的な解決の糸口が見つけられない。


  ただ最近は隣国のエジプトやシリアの国内情勢も悪く、勢力的なものがこれまでと変わってきているかもしれない。
 

  パレスチナとイスラエル問題と言ったって、実際はイスラエルアメリカの影響が大だし、パレスチナは他のアラブ諸国の影響がある。


  変わってきている世界情勢の中で新たな解決策の糸口が見つかるかどうか。
 

  ただ、実際にパレスチナイスラエルに住んでいる人の大半は、戦争など望んでいないだろう。平和に安心して暮らしたいと思っているはずだ。


  そんなパレスチナイスラエルを同時期にFCバルセロナの選手がサッカー教室を開く。

   既に行ったパレスチナ側では大人気だったという。



  FCバルセロナと言えば、世界でも1,2を争う人気サッカークラブだ。
プロサッカー選手が入団したい憧れのクラブでもある。

  FCバルセロナのレギュラーは 世界的に有名な選手ばかりで、アルゼンチンのメッシスペインのシャビ、今期から加入したブラジルのネイマールなど世界のトップ選手が所属している。


  マンチェスターユナイテッドなども世界でサッカー教室を開いているが、有名選手が直接サッカー教室に来るのはめったにない。


  バルセロナ平和ツアーはサッカーを通じて、平和にも関与しようという試み。素晴らしいよね。


   また、それだけサッカーという競技の影響力の凄さも証明しているよね。

   FCバルセロナを見習って、こういう平和ツアーを他のサッカークラブもどんどん広げていって欲しいな。
 国や地域にもよるけど、サッカーの持つ影響力は決して小さくはないと思う。

  
   自クラブのサポーターを増やす為の世界戦略としてのサッカー教室でなく、世界的有名選手と触れ合い、その選手が平和の大切さを訴えるサッカー教室に価値がある。


   メッシのような世界的サッカープレイヤー平和の大切さを話す事は、ある意味、政治家のお偉いさんが同じ事をいうよりも未来を担う子供達には心に響く。

   FCバルセロナに続いて他のクラブの賛同し、どんどん同じような平和ツアーが世界中で行われるようになればいいな。

                      




  

posted by 世界好奇心 at 10:36 | gidoのコラム