600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

アルプス登山で大金持ち?

アルプス登山で大金持ち?



  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130927-00000029-jij-eurp


   『【パリ時事】フランス南東部アルプス山脈の最高峰モンブラン近くの氷河で、宝石の詰まった金属製ケースを登山家が発見した。AFP通信が26日、警察関係 者の話として報じた。

  ルビー、サファイア、エメラルドなど総額13万〜24万6000ユーロ(約1700万〜3300万円)と推定され、20世紀半ばに付近で墜落したインド旅客機に積まれていたとみられる。


 警察関係者によると、ケースに「インド製」と記された袋も入っていたため、登山家は墜落機の荷物と考え地元警察に届け出た。

 仏当局がインド側に連絡しているが、持ち主が特定されない場合、フランスの法律に基づき、発見した登山家に引き渡される可能性もあるという。』




  登山家がヨーロッパのアルプス山脈の最高峰モンブラン近くを歩いていて、宝石ケースを見つけた。


  その宝石ケースの中には最低でも1700万円の宝石が入っていたらしい。

20世紀半ばに墜落したインド旅客機の残骸の一部だという。


  フランス当局がインド側に連絡を取っているとの事。

しかし、アルプス山脈インド旅客機が墜落したのが20世紀半ば。 既に50年以上経っている。



  それに飛行機が墜落したという時点で、持ち主は荷物の事は諦めるのではないか?


  アルプス山脈に墜落して捜索が行われただろうが、それで宝石が発見されなければ普通諦めるよね?

  それに保険をもらっているかもしれないしね。

保険がなくても、これだけの宝石を持っていたのなら、かなりの大金持ち。
それほど気にしていないかも。

  それに持ち主自体がなくなっている可能性も高いよね。

   持ち主が現れる確率はかなり低いように思われるなぁ。


  そうなるとフランスの法律に基づき、発見した登山家に引き渡される可能性も。
日本でも遺失物の扱いで似たような結果になるだろうね。気になる方はこちら。


 




  アルプス登山で、いきなりお金持ちに。
その可能性が高くなってきた???


  ま、人生何があるかわからない典型的な例だね。

アルプス登山をしていて何千万円の価値のある宝石を発見するなんて一体誰が思うだろう?

   世界のビックリニュースだね。

posted by 世界好奇心 at 10:13 | ヨーロッパ