600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

オーストラリアのビックリ事件

豪州;耳の中にゴキブリが

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000045-jij_afp-int


 『【AFP=時事】オーストラリアで、睡眠中の男性の耳の中にゴキブリが入り込み、病院で取り出してもらうまで激しい痛みに苦しむという出来事があった。

  オーストラリア放送協会(Australian Broadcasting Corporation、ABC)によると、豪州北部ダーウィン(Darwin)に暮らすヘンドリック・ヘルマー(Hendrik Helmer)さんは8日朝、右耳に鋭い痛みを感じて目を覚ました。

「それが毒グモでないことを願っていた。毒グモにかまれていませんように、と…」と、ヘルマーさんは10日、ABCに述べた。

 痛みが徐々に増してきたため、まずその異物を掃除機で吸い出そうと試みたが失敗し、次に水を吹きかけて取り出そうとした。

 だが、「耳の中に入り込んだその異物は、水をとても嫌がった」という。
  痛みがあまりにひどくなってきたので、ヘルマーさんは病院に急いだ。

 ■さらに奥へ入り込むゴキブリ

 医師はヘルマーさんの外耳道に油を流し込んだが、その結果、耳の中に入っていた全長2センチのゴキブリは、耳のさらに奥へともぐりこんだ。

「約10分ほど過ぎたころ、やつは耳の奥へと入り込むのをやめ、断末魔の中でもがいていた」

 そこで医師が鉗子を耳に差し込み、ゴキブリを取り出したという。
「医師はこう言った。『さっきは小さなゴキブリだと言いましたが、小さく見積もりすぎていたようでした』」

「医師たちはこれほど大きな昆虫を耳から取り出したことはないと語っていた」とヘルマーさんは振り返った。

  ヘルマーさんは今後も就寝時に特別な対策をとるつもりはないそうだが、この話を聞いた友人たちは皆ヘッドホンをつけて寝るようになったという。【翻訳編集】 AFPBB News』


  オーストラリアのヘルマーさんが寝ていて、耳にゴキブリが入って大変だった問いうニュース。

 世界には本当に色々な出来事が起こっているんだね。耳の穴は小さいのでゴキブリが入るなんて想像もしていなかったよ。

 でも考えてみれば、ゴキブリの赤ちゃんは小さいよね。それにしても、毒グモでないことを願ったヘルマーさんに、はゴキブリでよかったということか。

 耳に異物が入って毒グモをすぐに思い浮かべるのは、オーストラリアのヘルマーさんの生活環境が日本といかに違っているのか想像させるね。

 僕もメキシコの田舎にいた時に、部屋にサソリが入ってきた事もあるからね。生活環境によってはそういう事もあるんだよね。

 しかし、ゴキブリぐらいなら日本にもいるからなぁ・・・。

 マレーシア
では湯船などの配水管からゴキブリが伝わってくるのも話に聞いたけど、暗い所、狭い所はゴキブリにとって格好の場所。耳や鼻はゴキブリにとっては居心地がいい場所??

 ゴキブリが耳の奥に入り込んで出てこなくなったりしたら大変な事になるところだったね。

 友人達が寝る時にヘッドホンを付けて寝るようになったというのは面白い。
 ある事件が生活習慣まで変えていく格好のニュースだったね。

posted by 世界好奇心 at 12:03 | gidoのコラム