600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

足が遅くて罰金

呆れたイタリア警官


   http://news.livedoor.com/article/detail/9578226/



  『病気や高齢により体力や脚力が乏しくなっている人々から、たびたび聞かれる「横断歩道の青信号が短くて怖い」という言葉。

 イタリアではこのほど、85歳の男性が警察官に「歩くのが遅すぎる」と罰金を言い渡され、大変な波紋を広げている。

  こ このところ積雪の被害が伝えられている日本では、横断歩道の白い塗装部分や自動車が通れるように斜めになっている歩道で滑る人があとを絶たない。

  そのため 「高齢者に優しい街づくり」を掲げる行政や警察に対し、歩行者用信号の長さを含め歩道全般の改善を求める声が急増しているという。

  そんな中、イタリアでは 高齢者の道路横断に不親切すぎたある警察官への非難が殺到している。

   ピエモンテ州ピネローロのある道路で、杖を使用している85歳の男性 が青信号で横断し始めたものの、歩行があまりにもゆっくりであったため途中で信号が赤に変わり、渡り切ったところで警察官の警告を受けた。

 “ゆっくりな歩 行は道路交通を乱す迷惑行為である”というのがその理由で、男性は数日後に6000円ほどの罰金を支払ったことを英メディア『metro.co.uk』が 伝えている。

  この歩行者用信号は青の時間が短く、歩行が困難な者には苦労と危険が伴うなど普段から評判が悪いため人々はこの件に激怒。

 町 長であるEugenio Buttiero氏は、「私も納得がいきません。まずはその高齢者のお宅に向かい、支払われた罰金を自分のサイフから返還する予定です。行き過ぎがなかっ たか警察署の人々からよく事情を聞くつもりです」と話している。』



  歩くのが遅くて85歳の男性が罰金を払わされた。イタリアの話。

   年を取るにつれて足腰が弱るのは世の常。若い頃とは違う。
それに「横断歩道の青信号が短くて怖い」という声も。
実際、どれだけの歩行ペースでどれぐらいの人が渡れるのかチェックして信号の時間を決めているだろうか?


  若い人には問題なくても、高齢者には辛いかもしれない。


  警官はあまりにゆっくりで歩いたと老人から罰金を取った。

  それに非難が殺到し、町長がポケットマネーで返還すると言っている。
高齢者の多くは年金生活で、歩くのが遅くて6000円も罰金を取られたのではたまらないよね。収入だって増えたりしないんだから。

  この警官を非難することはたやすいけど、警官にしてみれば交通マヒの原因と映ったのだろう。


  ここはエレベーター付きの歩道橋の出番だと思うな。
最初の予算は確保しないといけないけど、高齢者にも優しい町作りをしたいなら、それぐらいの投資はしておかないとね。

   歩くのが遅くて罰金って、やっぱり可哀相だよ。

 

posted by 世界好奇心 at 01:31 | ヨーロッパ