600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

脳死でも出産

脳死でも出産

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00000002-jij_afp-int



  『【AFP=時事】脳死に陥ったポーランド人女性が、55日間の延命治療後に子どもを出産した。病院関係者が19日、明らかにした。

 女性から生まれた未熟児には、重篤な合併症の兆候はみられないという。

 ポーランド南部ウロツワフ(Wroclaw)にある大学病院の新生児部門部長バルバラ・クロラク・オレイニク(Barbara Krolak-Olejnik)氏は、「このように17〜18週目の初期段階にある妊娠状態を、これほど長期間維持することに成功したのは非常に珍しいケースだ」と語った。

 この41歳の母親は、昨年末に救急車で病院に搬送され、脳腫瘍による脳死と判定された。

  クロラク・オレイニク部長は、AFPの取材に「彼女の家族全員が、子どもの命を救うことを試みてほしいとわれわれに訴えた」と述べ、この男の子が1月に妊娠26週目で生まれたことを明らかにした。

 「長い55日間の闘いだった。われわれ医師チームは、この小さな男の子にできるだけ大きく育ってもらいたいと願っていたが、命が危険にさらされる状況となったため(帝王切開による)分娩を選択した」  

 男児の出生時の体重は1キロにすぎなかったが、3か月間の集中治療後には3キロにまで成長した。また「合併症も全くみられない」との理由から、先ごろ退院している。

  クロラク・オレイニク部長は「われわれは辛抱強く、彼がどのように成長するかを見守る必要がある」とコメントし、男児が哺乳瓶からミルクを飲んでおり、自発呼吸をしていることを付け加えた。

 母親の生命維持装置は、男児が生まれた後に外された。【翻訳編集】 AFPBB News』


 脳死と判定された女性が55日後に男の子を生んだというニュース。

 何か凄くないですか?

  55日間の延命治療後に子どもを出産って。 55日間って約2か月・・・。
 現代の医療技術では延命措置を取るのは難しくないだろうけど、その間、赤ちゃんも母体の中でしっかりと成長しているんだね。

  昔だったら、絶対助からなかった赤ちゃん。こうやって生まれてきた子供は、脳死と判定された女性の家族の意思も大きく関係していた。なんとしても子供を授かりたいと。

  日本のニュースを見ると、時々自分の子供さえ虐待して殺してしまう親のニュースも耳にするけど、そんな奴らに、この話を聞かせてやりたいよ。 2か月もの間、脳死の母体にいてから出産。

 命の危険にさらされたという事で早めの帝王切開での出産。出産時の体重が1kgという超未熟児。生まれてからも危険な状態は続いていた。

  でも今は特に合併症も見られず、3kgまで成長してきているんだって。 凄い・・・。

 医療技術の進歩は本当に凄いんだね。 確かにこういう状況を見ると、脳死を完全な死として認識できないという事がわかる。

 脳死の取り扱いを考えるという意味でも、ビックリなニュースだよね。

 ここまでして生まれてきた赤ちゃん。
 将来偉大な人になってもらいたいなぁ。
 

脳死・臓器移植の本当の話 [ 小松美彦 ]
価格:1026円(税込、送料無料)


posted by 世界好奇心 at 16:59 | gidoのコラム