600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

元エジプ代表FW テロリストに

エジプト元代表FWがテロリスト!?



 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00543056-soccerk-socc





 『元エジプト代表FWのモハメド・アブトレイカ氏が、テロ組織に資金供与をしたとしてテロリストに指定された。イギリスメディア『BBC』が18日に報じている。



 アブトレイカ氏はテロ組織に指定されているイスラム組織「ムスリム同胞団」に資金供与をしたとして、エジプトの裁判所によってテロリストのリストに追加されたという。

 それにより、同氏は渡航禁止令や、資産凍結などの制裁の対象となる。



 現在38歳のアブトレイカ氏は、現役時代に母国の強豪アル・アハリなどで活躍。FIFAクラブワールドカップには5大会に出場し、日本開催の2006年には3ゴールを挙げて得点王にも輝いていた。

 2008年にはBBCアフリカ年間最優秀サッカー選手賞を受賞。エジプト代表では2001年にデビューし、通算105試合出場で38ゴールを記録した。

 2012年のロンドン・オリンピックではオーバーエイジで参戦しキャプテンを務め、準々決勝で日本と対戦していた。2014年1月に現役を引退している。



 同氏は、2012年の選挙で「ムスリム同胞団」のムハンマド・ムルシー元大統領を支持。2015年には同組織への援助の疑いで資産を凍結されていた。



 同氏の弁護士を務めるモハメド・オスマン氏は、今回の決定について「有罪判決を受けたわけではなく、正式な通知もされていない」とし、「法律に違反している」と非難している。』

 


 エジプトのサッカー元代表FWがテロリストに指定された。
 

 これを見ると、日本人はとんでもないサッカー選手がいたと思うだろう。テロ組織に資金援助するなんて!



  ただ、ムスリム同胞団は現在エジプトではテロ組織と認識されているみたいだけど、イスラム国のようなテロ組織とはちょっと違う。




 中東のアラブ諸国チュニジアでアラブの春が起きる前まで、独裁国家の様相が強かった。政治的自由がない国が大半だった。



 エジプトも同様で、2012年に自由公平な形で大統領選が行われることになった。
ムルシーと旧体制の支持を受けた元首相アフマド・シャフィークが決選投票となり、
その結果、ムスリム同胞団のムルシー氏が大統領に決定した経緯がある。



 つまり、その時点でエジプトの政治の方向性は二分されていたのだ。



 ムルシー大統領になってから、期待された経済の改善は見られなかった。ムスリム同胞団の人材不足などが挙げられ、支持基盤も弱体化していった。

 更に、ムルシー政権は軍部との対立もあった。



 翌年、エジプト軍部ムルシー大統領と反大統領連合との対立が解消されないという理由で、事実上のクーデターを敢行した。



 ムルシー大統領が制定した憲法の停止を宣言して、ムルシー大統領の権限を剥奪して、最高憲法裁判所長官アドリー・マンスールを暫定大統領にしたのだった。



 それから、一気に勢力を失ったムルシー派
そして、軍のシーシー氏が大統領に就任し、集会の自由や言論の自由を制限する強権を発動



 そして、このシーシー大統領ムスリム同胞団をテロ組織として弾圧することになった経緯がある。

だから、残虐なイスラム国のようなテロ組織とは同じというわけではない。


 5年前までは、そのムスリム同胞団からムルシー氏をエジプト大統領にしているのだから。



 中東政治
は複雑怪奇。
政権を取った者が、自由や民主主義を無視して独裁政治を行うのも当たり前の世界だ。




 現在のエジプト政権は、ムスリム同胞団を壊滅させたいようで、テロ組織に認定している。多分に、利己的に政治利用をしているよね。



 ただ、このようにムスリム同胞団は、かつては大統領選で勝利を収めるほどエジプト国民に支持された団体であることも事実。



 パワーが弱体したとはいえ、まだまだ支持者だっているだろう。

この歴代のエジプト代表の中でもトップクラスの実績を誇るアブトレイカ氏が、ムルシー大統領を支持しているのが気にくわなかったのではないかと思うんだよね。


 エジプトでもサッカーは人気で、その有名なサッカー選手が政敵を支持しているとなれば、エジプト国民への影響だって出てくるだろうからね。

見せしめ要素が大きいんじゃないかなと思う。



 でも、そんな事情を知らないと、エジプト元代表FWが裏でテロ行為をやっていたと勘違いしてしまう人も多いんじゃないかな???



 マスコミの扱い方にも大きく影響してくるね。


 マスコミが第4の権力と言われる所以だね。


 


posted by 世界好奇心 at 13:43 | 中東・アラブ