600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

世界最悪の眺めのホテル

【最悪の眺めのホテルだけど魅力的】


 http://news.yahoo.co.jp/pickup/6232030





 パレスチナとイスラエルを隔てる壁。 長年、中東の紛争問題となってきた場所。
 そんなパレスチナとイスラエルの分離の壁の前に、最悪の眺めのホテルがオープンした。

 ただ、ホテルからの眺めより、バンクシーの絵の方が気になっているんだけど。



 『【AFP=時事】英国の覆面グラフィティアーティスト、バンクシー(Banksy)が3日、パレスチナ自治区ベツレヘム(Bethlehem)で、イスラエルが建設した分離壁の目と鼻の先に、ホテルをオープンした。

 パレスチナ自治区におけるバンクシーの最新作となる。



 「ウォールド・オフ・ホテル(The Walled Off Hotel)」と、イスラエルとパレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)を分断する壁の距離はわずか4メートルで、ホテルの全室から分離壁を見渡すことができる。



 バンクシーは声明で「世界のあらゆるホテルの中でも最悪の眺めだ」と語っている。

 

 ホテルにはバンクシー本人こそいないものの、その新作数十点が建物内の壁を飾っている。ホテルの広報担当者によると、ここ数年でバンクシー最大の新作コレクションだという。


 またこの広報担当者は、4日の開業式典では英ミュージシャンのエルトン・ジョン(Elton John)がライブパフォーマンスを披露することになっていると話したが、現地でのパフォーマンスなのかビデオリンクを介してのパフォーマンスなのかは明らかにしなかった。


 ホテルのウィサム・サルサー(Wissam Salsaa)支配人によると、客室は20日から利用可能で、1泊30ドル(約3400円)からとなっている。【翻訳編集】 AFPBB News』




 バンクシーって知ってる?

 僕が一番会ってみたい芸術家。だけど、先ず無理。なぜなら、バンクシーはイギリスの覆面アーティストだから。


 バンクシーは街中の壁にあっと驚く絵を描く事が多いストリートアーティストとして有名だけど、顔はもちろん、プロフィールも一切公表していない。

 そのほとんどが謎につつまれている芸術家。だから余計惹かれるのかもしれない。
絵は街の壁に描かれる事が多いけど、管理をしている市役所に単なる「落書き」とみなされ、消去される事も多いと言われている。

 なぜ、そこまでして描くのか?


 バンクシーの絵はオークションで何千万という値がつくほど評価されていて、ソニーやナイキなど超有名企業がオファーをしても、断ったという逸話もある。


 なのに、正体を隠して、いつ消されるかわからない運命の絵を壁などに描いていく。


 一夜にして、街角に素晴らしい絵が突如出現する。
そんな芸当ができるストリートアーティストが「バンクシー」だ。


 そんなミステリアスな芸術家だからこそ、本物のバンクシーの画を見てみたいー。そう、自分の目で。


 記事では、ホテルにはバンクシーの最新作があるとのこと。一体、どんな絵が画かれてるのだろう?


 中東の最悪の眺めとしてのホテルより、バンクシーの絵があるホテルとして注目している。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Wall and Piece [ バンクシー ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/3/5時点)


posted by 世界好奇心 at 00:34 | 中東・アラブ