600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

狂気の殺人

ブラジルの狂気の殺人事件



  http://news.livedoor.com/article/detail/13061753/



 『娘が自分のボーイフレンドを盗ろうとしている…そう錯覚した女は若くて美しい娘の死を望むようになった。

 ブラジルのリオグランデ・ド・スル州でこのほど、13歳の少女に対する許し難い嘱託殺人事件が起きた。

 女は血のつながった甥と交際し、彼はお金欲しさにいとこの殺害を引き受けた。
 すべてが常軌を逸しているとして警察も首をかしげているもようだ。

 娘が自分の恋人を奪おうとしている、色目を使っているなどと邪推し、「消えて欲しい」と考えるようになった母親。

 彼女の異常な思考回路を元に戻せる者はもはや存在せず、娘はたった13歳にして命を奪われてしまった。

 英メディア『dailymail.co.uk』などが伝えている。

 恋に溺れるあまり嫉妬に狂い、娘の殺害を計画したのはジニ・シンズ(54)。近親でありながら甥にあたるロナルド・サントス(30)と深い仲になっていた。

 ジニは13歳の娘であるフランシーン・マティアス・ダ・シルヴァ・シンズさんがロナルドに興味を持っているとして激怒。

 報酬として日本円にして3万円ちょっとを用意し、ロナルドに娘の殺害と遺体の遺棄を頼むのであった。



「いとこを殺すなどいやだ」と最初は拒否していたロナルドであったが、オートバイの購入で数十万円のローンを抱えていたこともあり、1年後にもっと多額の報酬を提示されるとついに殺人を引き受けた。


 こうしてフランシーンさんは「ショッピングへ」との巧みな言葉でおびき出され、サンタクルス・ドゥ・スルのひと気のない山林に連れ込まれると性的暴行の末に殺害された。

 警察は今、ジニとロナルドについて厳しい取り調べを行っているが、母性より「女」を前面に出しているジニには空恐ろしいものを感じるとしている。

出典:http://www.worldwideweirdnews.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)』


 世の中に、こんな事件があるのだろうか。


 ブラジルで母親が甥と恋仲になって、娘が色目を使っていると邪推して殺害を依頼し、甥が実行に移したという事件。

 性に寛容なブラジルでも、かなり衝撃的な事件だったらしい。

 そもそも母親が甥と恋仲になるなんてこと自体、近親相姦に近い・・・。


 そして、娘が甥に興味を持っていると思った母親が殺人を依頼。

お腹を痛めて生んだ娘だけど、女の性の性の方が圧倒的に勝ったようだ。


 それにしてもさ・・・。
 自分の子供だよ。人間のなせる業じゃない・・・。

 そして、依頼された甥も結局お金欲しさに殺人を実行。

 彼にとって娘はいとこに当たるわけだ。
甥にとっても肉親を殺すと言う言語道断の犯罪を犯したんだ。

キチガイ家族。

 母親も母親なら、甥も甥。
2人とも狂人だった。

 哀れなのは13歳の娘。
この年頃だと、思春期で異性に興味を持つのは普通の事。
 
 それに、実際に娘と甥が肉体関係を持ったというわけでもなさそうだ。

 だとすると、全て母親の妄想。勝手な想像だよね・・・。

 なんか母親や甥の逸脱した神経が怖い・・・。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラジル、住んでみたらこんなとこでした! [ 岡山裕子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/14時点)


posted by 世界好奇心 at 19:56 | 南米