600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

世界初の無料スーパー

全て無料のスーパー出現

  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000023-asahi-int
 



 『オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーがオープンした。

 賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を大手スーパーなどから譲り受けて提供する。

 まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。

 

 無料のスーパーは、シドニー南部の「オズハーベストマーケット」

 約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。



 開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。




 運営するのは、2004年以来、国内各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」


 スーパーの客には代わりに寄付をお願いしており、開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。



 寄付は団体の食事提供事業の費用にあてられる。客のジェニー・モーガンさん(42)は野菜やビスケットを手に「十分食べられる。困った人たちの手助けもしたい」と話した。』


 全てが無料のスーパーが出現!

 まさかそんなスーパーがと目を疑ったけど、支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」が主催していると聞いて納得。


 つまり、慈善団体として活動してきたからの視点だね。
 利益を度外視して、食料となる食べ物を無駄に捨てられている事実に注目。

 客に売れなくて商売にならないけど、ちゃんと食べられる物が世の中にはたくさんある。
日本もレストランなどで廃棄される食べ物はかなりの量になるはずだ。

 その一方で、世の中には貧困に苦しみ、食べ物がなかなか手に入らないという人もいる。

 そういう人達に業者からタダで食料をもらってきて提供。

そして、寄付を募って、そのお金を貧しい人を救済する事にお金を回す。

 いやー、儲け主義とは一線を引いたビジネスかもしれないね。

 純粋にビジネスとは言えないかもしれないけど、1つのモデルになるよね。

 世界初
注目度もニュース性も抜群だ。

 開店時間は平日の午前10時から午後2時までと短いけど、貧困層にとっては大変助かるよね。

 世界では色々なビジネスが生まれているけど、NGO的視点から世の中を変える試み。
今後も注目だね。










  

posted by 世界好奇心 at 18:12 | gidoのコラム