600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

有り得ない! 市長が〇〇と結婚

市長がワニと結婚



  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00010003-reutv-s_ame




 『メキシコの漁業の町サン・ペドロ・ウアメルラで30日、市長がワニの花嫁と結婚式を挙げた。

 地域の平和と繁栄を祈る古くからの伝統儀式だという。
 

 オアハカ州のテワンテペク地峡沿いにあるこの町では、先住民のチョンタル族が1789年から、豊漁や豊作を祈ってこの儀式を始めた。


 ワニの花嫁がバンドの音楽に合わせて町を練り歩き、パレードのあと町の集会所で市長のビクター・アギラー氏と「結婚」した。』

 メキシコの市長がワニの花嫁と結婚式を挙げた仰天ニュース。


 ワニと結婚? はぁ?


 これが一般の日本人の反応だろう。

 オアハカ州のテワンテペク地峡沿いのサン・ペドロ・ウアメルラ町で行われたのだ。


 このワニとの結婚式先住民のチョンタル族の儀式らしい。

 動画を見ていると、小さいワニの口を縛って、一緒に儀式をしている。

それを見ると、大の大人が大勢集まって1人の男がワニとキスしている画は頭が狂っているとしか思えない。

 だけど、これは先住民が豊漁や豊作を祈る昔から続いてきた儀式らしい。


 地域の平和と繁栄を祈る古くからの伝統儀式がワニとの結婚



 メキシコのオアハカ州と言えば、先住民族の比率が高い州
 先住民の中にはメキシコの公用語のスペイン語が上手く話せない人もけっこういる。

 そんなオアハカ州での儀式

いやはや、世界には色々な儀式があるもんだね。



posted by 世界好奇心 at 21:06 | メキシコ