600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

韓国社会のいつびな構造

韓国の公平性とは?


医学専門大学院不正入学した疑惑がもたれている韓国のチョ国(チョ・グク)前法相の娘が、医師国家試験に合格したとして大バッシングを食らっている。

 辞意を表明した後任の秋美愛(チュ・ミエ)法相文在寅(ムン・ジェイン)大統領にも子供が絡む疑惑が指摘された。

 若者の失業率が高い格差社会の韓国で、特権階級が甘い汁を吸う社会構造への不満が募っているようだ。

 家族をめぐる疑惑が次々に出てきたことから“タマネギ男”と称されたチョ氏だが、18日の朝鮮日報は、チョ氏の娘が医師国家試験に最終合格したことにネットで批判の声が上がり、医療関係者から「医師の白衣を引き裂きたい」などと抗議が殺到したと報じた。

 娘は2014年に釜山(プサン)大医学専門大学院に合格したが、入試の際に提出された4つの経歴証明書が全て捏造(ねつぞう)されたものだったとして、ソウル中央地裁は昨年12月、チョ氏の妻で東洋(トンヤン)大教授の鄭慶心(チョン・ギョンシム)被告に実刑判決を言い渡した。

 韓国メディアによると、娘の入学を取り消さなかったのは職務怠慢として釜山大の総長が市民団体に告発された。ただ、大学院への入学が取り消しとなっても、国家試験の合格も取り消しになるかどうかは法曹界の見解が分かれているようだ。

 チョ氏の後任、秋氏をめぐっても、兵役中だった息子の休暇取得をめぐり、特別待遇疑惑が浮上した。昨年いったん不起訴となったが、秋氏と対立する検察が再捜査していると中央日報などが報じている。

 文大統領自身も芸術家として活動する息子が昨年12月、新型コロナの緊急支援金を1400万ウォン(約130万円)を受け取っていたと報じられた。

 タイに移住した娘一家についてもマンション売買などをめぐる便宜供与が野党議員に指摘されたこともあった。

 朝鮮日報は、15〜29歳の昨年の青年失業率が9%を記録したと報じた。全年齢層の失業率(4%)を大きく上回る。

 「韓国版ニューディール」などと銘打った文政権の経済政策はまったく実を結んでいない。

  朝鮮近現代史研究所所長松木國俊氏は、「政治家をはじめ富裕層だけが特権を行使することが批判されるのは当然だ。韓国の学歴社会は親も人生を犠牲にして力を注いでおり、若者だけでなく、幅広い層が文政権に怒りを抱えているはずだ」と指摘した。

 任期が残り1年余りとなった文政権だが、国民はもはや期待していないようだ。』


 釜山医学専門大学院に不正入学した疑惑がもたれている韓国のチョ国(チョ・グク)前法相の娘が、医師国家試験に合格したと言って大炎上しているという。

 これは韓国国民の公平さに対して我慢の限界がきているのではないだろうか。

 このチョ・グク前法相は色々な疑惑が次々に出てきて「たまねぎ男」と言われていた人物。

 そして、そのチョ・グク前法相の妻が東洋大の教授。
その妻の文書偽造した結果、チョ・グク前法相の娘釜山の医学専門大学院に不正入学をした疑いが持たれている。

 いや、入試の際に提出された4つの経歴証明書が全て捏造(ねつぞう)されたものだったとして、ソウル中央地裁は昨年12月、チョ氏の妻で東洋(トンヤン)大教授の鄭慶心(チョン・ギョンシム)被告に実刑判決を言い渡したことを考えると不正入学だったと言っても差し障りないだろう。

 朴槿恵政権の時も大統領の友人の娘が優遇されて大炎上していた韓国だが、その朴槿恵政権を批判していた輩が同じことをやっているのが現実。

 チョ・グク前法相だけでなく、後任の秋法相をめぐっても、兵役中だった息子の休暇取得をめぐり、特別待遇疑惑が浮上したのは周知の事実。

 よくもまあ、そんな人物を法相に任命するよな。
法相
って、色々な大臣の中でも法律を順守するように指導する大臣じゃないの?
その大臣自ら不正しているなんて。

 そんな人物を文大統領が任命するなんて。

 韓国北朝鮮と形が違うだけで、本質的には同じ独裁政権なんじゃないか?

 まあ、北朝鮮金正恩委員長北朝鮮政府に反発すれば有無を言わせず処刑するけど、韓国ではまだ韓国政府韓国大統領に反発できる意見が言える社会ではあるけどね。

 どの政党が政権を握っても、韓国政治家関係者の目に余る優遇は変わらないのか?

 いわゆる「上流国民?」以外の一般韓国人は過当な受験戦争を強いられ、コロナ過で経済が低迷し、日々の暮らしに不安が生じている。

 そんな韓国国民にとって、不公正に実力もないのに優遇されている人物に反感を覚えるのは当然の事だろう。

 チョ・グク前法相の娘釜山の医学専門大学院に不正入学をしたと裁判で証明されたにもかかわらず、大学院を退学にならず、医師国家試験に受験できること自体、意味がわからない。

 もちろん韓国国民の中でも、チョ・グク前法相の娘が大学院を退学にならないことに怒りをぶつけているまともな人もいる。

 慰安婦の問題日本会社の資産差し押さえ問題など国際問題韓国の国内問題に書き換える韓国裁判所

 韓国を普通の民主主義の国を見ている日本人はいないだろうが、こういう風に韓国国民自身がおかしいと声を出すのは良い事だと思う。

 権力者だけが身内を優遇し、好き勝手する社会を韓国国民は怒っているのだ。

 それにしても、医師国家試験合格を見てチョ・グク前法相の娘が医師になって診察し始めるとなると、もっと被害が大きくなるんじゃないか?

 そもそも不正をしなければ入学できなかった学生が、本当に実力がついて医師国家試験に合格したのかどこかも疑問が残るしね。

 この韓国国民の大バッシングで、どういう結果になるのか?
  今後も要注目だね。

posted by 世界好奇心 at 22:18 | アジア