600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

ユーロ紙幣ボロボロ

http://www.asahi.com/international/update/1104/013.html?ref=rss



  最近気になったニュースはこれ!


  旅人として、こんな目に遭ったらお先真っ暗・・・。


  ドイツでATMから引き出したユーロ紙幣がボロボロになるという事件が発生している。

 
  何らかの原因で紙幣に付着した硫酸塩が、汗などの水分で硫酸に変わり、紙を溶かしたとの見方も出ているが、なぜそうなったのか未だ不明・・・。


          偶然のミス? それとも犯罪?


  いずれにしても、旅行中ATMからお金おろして暫くして、その金がボロボロになったら・・・。

  
          う〜ん、恐ろしい・・・。


        ユーロって価値メチャ高いじゃん!


  ATMだと実際に人と対面していなし、領収書を捨てていたら・・・。 もしかして、そのお金パァー???
  
  
  例え、銀行で代えてくれたとしても、色々質問されるだろうし、言葉の問題や時間の問題を考えるとねぇ・・・。


  まあ、僕はあまりカードでATMは使わない派だから、そういう目に遭う確率は低いんだけどね。


  カードだけで旅行している人にとっては要注意ニュースでしょう。
  
  
  それにしても、これがもし犯罪組織の仕業だったら、社会基盤を根本的に崩壊させるかもしれないですね。そうなったら、大問題だぁ〜。



 「ラテンの旅人、gidoの世界好奇心」のトップへ

posted by 世界好奇心 at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユーロ紙幣ボロボロ