600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

リオ五輪のちょっと怖い話

リオ五輪大丈夫?海でスーパー耐性菌!

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-35085425-cnn-int


  『リオデジャネイロ(CNN) ブラジルの研究者が5日、抗生剤に強い耐性をもつ「スーパー耐性菌」がリオデジャネイロの海岸で検出されていたことを明らかにした。

 オリンピックの開幕を1カ月後に控え、選手なども不安を募らせている。 研究チームを率いるレナータ・ピカオ氏によると、2013〜14年の1年間に5カ所のビーチで採取した海水から、耐性菌の「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)」が検出された。

 「濃度はまちまちだが、汚染と強く関連している」という。耐性菌は周辺の病院の下水から湾に流れ込み、市内の河川などに流入したと思われる。

 未処理の下水が河川などに流れ込む状況は現在も続いているため、耐性菌の値に変化はないとピカオ氏は推定。次の段階として、こうした海で泳いだりした場合に耐性菌が及ぼす影響を調べる予定だという。

  スーパー耐性菌は、セーリング競技の舞台となるグアナバラ湾に面したフラメンゴとボタフォゴのビーチでも検出された。

 リオデジャネイロを訪れたドイツのパラリンピックのセーリング選手は、「セーリングにはいい場所だけれど、顔に水がかかるたびに未知の敵が顔に入り込むような気がする」と話し、「鼻と口をずっとふさいでいる」と打ち明ける。

 チームメートの1人が練習中に重度の皮膚感染症を起こしたのは、耐性菌が原因だったかもしれないとも語った。

 ピカオ氏は耐性菌の存在について、市内の衛生設備が整っていないことに原因があると指摘し、「病院の下水が市の下水と混じってグアナバラ湾や河川に流れ込み、ビーチに到達した」と解説する。

 これに対して市の下水道公社は、世界保健機関(WHO)が定めた基準は守っていると述べ、「市の下水の51%は処理されている」と強調した。下水処理は7年前は11%にとどまっていたという。

 5月には市西部に新しい下水処理工場が完成しており、約43万人をカバーする予定。 リオデジャネイロは2009年にオリンピック開催地として名乗りを上げた時点で、汚染された河川を浄化し、全世帯の80%に下水処理システムを行き渡らせると約束していた。

  耐性菌の不安はあるものの、ピカオ氏も組織委員会も、危険性がはっきりしないとしてセーリング会場の変更は勧告していない。

 「もし選手が感染すれば、多耐性菌の可能性があり、医師もそのことを知っておく必要がある」とピカオ氏は言う。

 スーパー耐性菌
は、観光客にも地元の人にも人気があるレブロンやイパネマのビーチでも陽性反応が出たといい、「自分の子どもは連れて行かない」とピカオ氏。「海水を通じて接触した場合、人の健康にどのようなリスクがあるのか、研究を進める必要がある」と話している。』


  抗生剤に強い耐性をもつ「スーパー耐性菌」がリオデジャネイロの海岸で検出されていたという。 何と驚く事は、下水処理は7年前は11%にとどまっていたという事実。

 それで、リオデジャネイロは2009年にオリンピック開催地として名乗りを上げた時に、汚染された河川を浄化し、全世帯の80%に下水処理システムを行き渡らせると約束していたという。

 ところが、それができていないにもかかわらず、「市の下水の51%は処理されている」と強調しているという。

 ブラジル人らしいというか、何というか。 
 大体、50%ぐらいは現在でもできていないと言っているようなもんじゃん。

 しかも、リオの海岸ではオリンピック競技であるセーリングが予定されているという。 アフリカや南米世界のビッグ大会をするリスクがここに来て大きくクローズアップされている。

 ブラジルは経済も停滞し、治安も悪化している。


 しかも、リオ五輪を控えた数か月前にブラジル大統領が職務停止になった。辞職ではなく職務停止。復権を目指すルセフ大統領暫定政権を担うテメル大統領代行との政権争いも勃発


 ブラジル政情不安の中、リオデジャネイロオリンピックが開催される。

 それだけじゃない。
 ゴルフの松山選手がリオ五輪出場を辞退したように、ジカ熱という感染病も問題となっている。

 不安だらけのリオデジャネイロ五輪。正直、ブラジルサッカーワールドカップの時も建設遅れや市民のデモも取り上げられていたが、世界2大イベントと続けざまにやるのは無理があったんだよ。

 治安悪化している中に大量の観光客が世界中から来るとなれば、それは犯罪者にとって飛んで火にいる夏の虫。カモがネギをしょってきた状態。

 また、今回のように下水垂れ流しは人災でもある。ボサノバでの有名なイパネマビーチでもスーパー耐性菌があったというのだから、被害は世界中に広がる可能性もあるね。

 リオ五輪へ行かれる予定の方は、くれぐれも無理をしないように体を気遣ってくださいね。
 

リオ五輪完全ガイド
価格:579円(税込、送料無料)


posted by 世界好奇心 at 02:29 | リオ五輪