600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

癒着でメダルが遠ざかる

五輪のメダルから遠ざける癒着



 北京オリンピックに向け、気になる記事を発見してしまった!
 
  産経新聞より抜粋。

  『ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中の競泳日本代表が24日、着用選手の世界新記録が続出している英スピード社の水着「レーザーレーサー」を試したところ、大幅な記録向上が確認された。

  北京五輪では日本水泳連盟が指定するミズノ、アシックス、デサント社以外の水着着用は認められておらず、関係者からは3社への企業努力を求める声が上がっている。

 スピード社の水着は2月に発表され、今季誕生した世界新記録37個(短水路を含む)のうち、同社の水着を着用した選手が35個を樹立した。他メーカーからは不満も上がっているが、国際水泳連盟は規定に反していないとの見解を示した。

 関係者によると、着用した選手からは「入水後に足が落ちずに浮く」などの声が出ており、15メートルまでの自己ベスト記録を一気に0・7秒短縮する選手も現れた。北島康介(日本コカ・コーラ)を指導する平井伯昌コーチは「メダルの数は確実に違ってくる。3社にはよいものを開発してもらわないと浮かばれない」と訴えている。



 これって普通に考えれば、日本選手もスピードの出る水着を着れば良いだけの話。


 世界新記録37個のうち35個というのは、水着の影響を客観的に実証している。

 水泳のタイムはコンマ何秒で争われるデリケートな種目。
 ましてや4年に1度の最高舞台のオリンピックだ。
 各国選手もオリンピックに標準を合わせてくるから、わずか0.1秒でも大きな差になってくる。

 そんな中、自分達でも体験して大幅なタイム更新が実証された水着。
 その水着を日本選手は北京オリンピックで着られない。


 国際水泳連盟が問題視しているなら、各国の選手も使用できないのだから条件は同じだが、今回は問題ないとの判断をしている。

 だから北京オリンピックでこの水着を使用するのに支障はない。


 ところがここに立ちふさがったのが、日本水泳連盟


 北京五輪で、日本選手がミズノ、アシックス、デサント社以外の水着を着用するのは認めていないんだと〜。

  それでこの水着は英スピード社のもんだから、日本選手は着られないんだと〜。


              こんな事ってあり???



 日本国民は日本選手の活躍やメダルを期待している。
 だったら日本水泳連盟は、北京五輪で日本選手がメダル獲得できるように最善のバックアップをするのが筋じゃない? 


     それを、日本人のメダル獲得を邪魔してどうする!


 これってはっきり言えば、日本水泳連盟ミズノ、アシックス、デサント社の癒着でしょ。


 スポンサー契約などで大量の金がばら撒かれているんだろう。


  これって談合と同じじゃない? 他の会社の水着は認めないって、それは独占禁止法には引っかからないのかな?


  とにかく、どうして着用する水着を3社から選ばなければいけないのか理解に苦しむ。

  選手各自が自分の気に入った水着を着用すればいい話じゃない?


  日本水泳連盟が水着にまでちょっかいを出す必要はないはずだ!


  選手だって、出るからにはやっぱりメダルが欲しいと思う。

  こんな癒着の結果、選手の4年間の努力をオリンピックで無駄にしてしまっていいのか?


  北京オリンピックまで残り約3ヶ月。
  それでミズノ、アシックス、デサント社に良い物を開発ったって、非現実的な気がするんだけど・・・・。

  
  公共事業の談合は徹底的に叩かれて、こういうのは許されるわけ???


  日本水泳連盟に入ったお金は、誰のために、何のために使われるんだろうか?


posted by 世界好奇心 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京五輪メダルピンチ!