600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

フラワーフェスティバル(FF)

広島フラワーフェスティバル(FF)


 ゴールデンウィーク真っ只中の5月3日、フラワーフェスティバル(FF)オープニングパレードを見に行ってきました。


  フラワーフェスティバル(FF)と聞いて、まさか花の展示市などと勘違いしている人いないでしょうね(笑)? 


  知らない人もいるかもしれないので、ちょこっとフラワーフェスティバル(FF)について説明しますね。



  これは広島市ゴールデンウィーク(GW)に行われる、毎年150万人くらい訪れるお祭りです。

  広島らしく『平和を願う祭典』で、国際交流イベントもたくさんあります。


  今年は、中国日本のカップルの結婚式が行われたり、インドネシアから楽団を呼んだりしてました。

  だから、フラワーフェスティバル(FF)を見に来ている外国人も多いんですね。


  フラワーフェスティバル(FF)は1977年から始まっていて、今年で32回目です。

  フラワーフェスティバル(FF)の元々の起こりは、1975年に広島東洋カープの優勝パレードがきっかけです。

 市民が参加できる祭りを作りたいなという話がでてきて、広島フラワーフェスティバルが誕生しました。メイン会場は平和公園の前の「平和大通り」です。



  さて、そんなフラワーフェスティバルですが、パレードを見に行くのは何年ぶりというか、全然記憶に浮かばないくらい行っていなかった。

  まあ、5月に広島にいなかった時期も多かったからね。
 
  フラワーフェスティバルを見に行った年も、パレードが終わった後の歌や漫才などの催物を見に行くって感じだった。


  だから、今年こそはパレードを見に行ってみようと決めていた。


  県知事や市長を含めたオープニングセレモニーに、市長の聖火点火もはじめて見た。振り返ってみれば、こんなに気合入れてフラワーフェスティバルに行った事なかったなぁ。

  平和大通りの沿道には、多くの人が待っていた。


  パレードは、3時間くらい続いて、色々あった。
  警察の音楽隊から花車(パレード用のトラックのような車のこと)に乗ったミスやらのパレードは、なんか懐かしい。


 DSCN9368.JPG


 
  フラワーフェスティバルのパレードなんか先に書いたとおり、全然見ていなかったのに・・・。不思議だなぁ。

      そう思っていると、やっと合点がいった。


  メキシコのパレードと似ているのだ。
  音楽隊やバトン隊、ダンスチームに、色々なミスを乗せた花車。そういった風景はほとんど同じ。


  このパレードには、ブラジル人をメインにしたサンバチームもあった。


DSCN9377.JPG



  サンバメキシコのパレードではなかったが、似たような雰囲気のは見たことあったしね。


  こういった「お祭りのパレード」って基本的には同じなんだな、と新たな発見。


  でも、フラワーフェスティバルのパレードには、日本の盆踊りのような踊りチームの参加も多数あった。その時だけは、やっぱり日本だなぁと思ったよ。

  着物着て、ウチワを持って踊るパレードや太鼓を打ち鳴らし踊るパレードは、さすがにメキシコにはなかったし(笑)。


  僕には太鼓を打ち鳴らしながら踊るパレードは、かなり新鮮だった。

  これなら他国のパレードに出ても、目を引くし、拍手喝采を浴びること間違いなしだね。


DSCN9389.JPG



  夏のように暑い日だったけど、僕にとっては色々メキシコのパレードを思い出しながら、パレードの比較もできて面白かったで〜す。


                   観葉植物

posted by 世界好奇心 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーフェスティバル