600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

日本が世界に誇れる新技術

新バイオエタノールの作り方


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080826-00000015-mai-soci


ゴルフ場で刈り取られた芝からバイオエタノールを製造する新技術を、岐阜大の高見澤一裕教授(環境微生物工学)らが開発した。


 1カ所のゴルフ場から車2台の1年分の燃料を生産でき、秋にはベンチャー企業が実証プラントの運用を始める。仙台市で27日から開かれる日本生物工学会で発表する。

 バイオエタノールトウモロコシサトウキビを原料に実用化された。

 しかし食料用作物と競合し価格高騰を引き起こしたため、世界で非食用植物の利用が研究されている。

 研究チームは、ゴルフ場で使うコウライシバ、ベントグラスなどの芝に着目。セルロースなどの繊維が多いため酵素で繊維を糖に変えた後、発酵させる必要がある。

 チームは、数十種類の酵素からアクレモニウムセルラーゼ、エンドグルカナーゼという2種類の組み合わせで高効率で糖に変換する方法を開発。芝1グラムから約0.15グラムのエタノールを生産することに成功した。

 18ホールのゴルフ場で1年間に刈るは乾燥重量で約18トンとされ、試算ではガソリン約2300リットルに相当する2.7トン以上のエタノールが作れる。年間1万〜1万5000キロを走る車2台分の1年間の燃料を賄える。


 事業化を担うベンチャー企業、トゥービー(三重県亀山市)は、農水省などが掲げる目標単価1リットル100円を下回る1リットル90円以下と見込む。

 ゴルフ場1カ所ずつに小型プラントを置く案や、数カ所のゴルフ場共同運営プラントを設置する案を検討中で、自治体が収集した道路の雑草の利用も視野に入れる。

 高見澤教授は「を廃棄物として焼却すると、最大で年に1000万円もかかる。廃棄物を処分しつつ、バイオエタノールも生産できる」と話している。【奥野敦史】』


 このバイオエタノール新技術は本当に素晴らしいと思う。

 今まで作物から開発されたバイオエタノールトウモロコシやサトウキビが原料だった。


 特にトウモロコシは、メキシコを始め主食をしている国も多く、ガソリンの節約の面では効果はあったが、一方で食料危機を招くと言うマイナス面も露呈した。

 天候により小麦などの収穫量が減った今年、各地で食料が高騰し、暴動にまで発展した所まであった。

               
           バイオエタノールと世界の食料需給


 そういった意味で、食料をバイオエタノールに変えてきたアメリカブラジルは、批判にもさらされる結果となった。

 高見澤教授の今回の新技術は、ゴルフ場の芝エタノールに替える技術。
 

 ゴルフ場の芝は、元々刈られて燃やされる運命だったのだから、今回のバイオエタノール新技術はいらないものの有効利用だ。

 しかも、を焼却するのに、多額のお金がかかっていたが、それも節約できるという一石二鳥の話なのだ。

 ゴルフ場とすれば、芝を引き取ってもらうだけでも大きなコストの削減になる。


 高見澤教授のようなこういう日本の新技術を、世界に胸を張って広げていってほしいですよね。


 ゴルフをするにも、環境を考える。
 
 人々の意識改革にも繋がると思います。

posted by 世界好奇心 at 15:11 | バイオエタノール 日本の新技術