600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

ANA(全日空)のコロナ禍の戦略

コロナ禍での会社戦略



佐賀県の山口祥義(よしのり)知事とANAホールディングス(HD)の片野坂真哉社長は7日、羽田空港で報道陣の取材に応じ、ANAHDから佐賀県に社員を10人出向させることで合意したことを明らかにした。
 

 片野坂氏は「人材の受け入れは大変ありがたい。当社の社員は観光や顧客への対応などあらゆる分野で貢献できる」と述べた。
 

 ANAHDは今年度中に40歳以下の社員10人の佐賀県への出向を開始。2年間、同県で観光振興などを担当する。

 山口知事は「グローバル企業ANAHDでの経験を生かして、出向から戻った後もお互いに良かったと思えるようなウィンウィンの関係を構築したい」と述べた。

 片野坂氏は「10人からスタートしてさらに増えるのはありがたい」と述べ、今後、出向者を増やすことも県と検討していく考えを示した。

 新型コロナウイルス禍で減便が続くANAHDは、社員約400人を来春までに他業界へ出向させる考え。

 自治体では佐賀県のほか三重県鳥取県、民間企業では家電量販店のノジマスーパーの成城石井、携帯電話大手のKDDIなどがすでに受け入れを表明している。』

 


 ANAHDとは、あの全日空(ANA)をはじめとするANAグループの持ち株会社

 日本航空(JAL)もそうだが、コロナウイルスの影響航空業界観光客入国禁止で大打撃を被っている。

 多くの国がそういう観光客の入国禁止を実施した結果、減便、運休が相次いだ。

 だから、世界では航空会社の倒産なども起きている。

 全日空(ANA)社員のリストラをする代わりに、地方自治体や民間会社との提携を通じて出向させる方向性を打ちだしている。

 安易にリストラする企業が多い中、コロナの後を見越しての戦略なのか。 

 正直、別の企業や自治体に行って、今までと全く違う仕事をするというのは大変だけど、見方によっては大きな学びの場でもある。
 先ず見る視点が変わってくるだろう。

 航空業界以外で働いている人の気持ち。それって、飛行機の利用客の気持ちをつかむのに役立つかもしれない。
 飛行機を利用する時の不満なども、同僚になると本音の部分が聞けるかもしれない。 
 

 JALは一度倒産して構造改革ANAより進んでいるからか、他企業への出向は打ち出していない。
この戦略が今後の航空業界にどのような影響を及ぼすのか。
ちょっと興味があるね。

posted by 世界好奇心 at 13:35 | gidoのコラム

遅咲き有名経営者

遅咲きの有名経営者 



  『ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の創設者は、フランチャイズビジネスとしての創業が比較的遅かったことで有名だ。

  このように、創業が遅くても成功している経営者は、実は多い。このような経営者に共通していることは何か。一人ひとりの成功秘話に迫っていこう。

  ■遅くに創業して成功した人たち
遅くに創業して成功した人と言えば、前述のケンタッキー・フライド・チキンの創業者マクドナルドの創業者、日本企業では日清食品の創業者などの名前が挙げられる。


  ● ●KFC創業者のハーランド・デーヴィッド・サンダース氏(1890年9月9日〜1980年12月16日)

  ケンタッキー・フライド・チキンの創業者と言えば、多くの人に「カーネル・サンダース」という愛称で知られているハーランド・デーヴィッド・サンダース氏だ。

  サンダース氏は1890年生まれ。16歳で陸軍に入隊し、除隊後はさまざまな業種で仕事を得てその日暮らしを続けた。経営者の道を歩み始めたのは30代後半に入ってからで、ガソリンスタンドの経営を始める。

  しかし、大恐慌のあおりを受け、経営は決して楽ではなかった。
サンダース
氏がガソリンスタンドの一角で運営していたレストランは、「サンダース・カフェ」という。

  フライドチキンの味が評判となり、サンダース・カフェは席数が100席を超えるほど大きくなった。
そして、このフライドチキンフランチャイズビジネスを始めたのが1952年のことだ。

  現在、フランチャイズモデルで展開されているKFCの創業は、この時期にあたる。当時、サンダース氏はすでに60代となっていた。

  その後、KFCは大きく躍進し、サンダース氏は遅咲きの成功者の1人として知られるようになった。


 ● ●マクドナルド創業者のレイ・クロック氏(1902年10月5日〜1984年1月14日)

 世界のハンバーガーチェーンの代表格と言えば「マクドナルド」だ。

 日本でも知らない人はいないほどであるが、マクドナルドが創業したのはいつで、誰が創業者なのかを知っているだろうか。

 マクドナルドの創業ストーリーを語るとき、覚えておきたいことが1つある。実質的なマクドナルドの創業者はマクドナルド兄弟という2人の人物なのだが、そのマクドナルドのフランチャイズ権を獲得して事業として成功させたのはレイ・クロック氏だ。

 そのため、マクドナルドの創業者が誰かという問いに対しては「レイ・クロック氏」と言うのが、現代においては一般的だ。そして創業年は、クロック氏がフランチャイズビジネスに乗り出した1955年とされる。

 クロック氏がマクドナルドのフランチャイズビジネスを始めたとき、彼はすでに50代になっていた。その後はウォルト・ディズニーに店舗の開店交渉をするなど精力的に動き、マクドナルドは世界各国に店舗を有するまでに至った。

 マクドナルドの店舗数は2017年12月時点で、世界100の国と地域で3万7,000店舗以上となっている。ちなみにクロック氏を描いた映画として『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』があるので、興味がある人はぜひ観てみてほしい。



 ● ●日清食品創業者の安藤百福氏(1910年3月5日〜2007年1月5日)


  日本にも有名な遅咲き経営者がいる。日清食品の安藤百福氏だ。現在も多くの人から愛されているカップ麺「カップヌードル」やインスタントラーメン「チキンラーメン」を開発し、今や日本人のみならず世界中の多くの人が知る国際的ブランドとなっている。

 安藤百福氏がチキンラーメンを開発したのは48歳のときだ。短い睡眠時間の日々で開発したチキンラーメンを武器に事業を拡大し、その後、新たに開発したカップヌードルでさらなる躍進を遂げた。

 亡くなる直前まで安藤百福氏の開発意欲は衰えることが無かったという。

 安藤百福氏は2018〜2019年に放映されたNHKの連続テレビ小説「まんぷく」のモデルになり、改めて脚光を浴びている人物だ。


 
 ■遅咲き成功者に共通している点とは?

  これらの遅咲き成功者に共通している点は何だろうか。仮に1つ挙げるとすれば「最高の武器」を人生の中盤もしくは後半で手に入れたことではないだろうか。

  ハーランド・デーヴィッド・サンダース氏は「フライドチキン」を、レイ・クロック氏は「マクドナルド」を、そして安藤百福氏「チキンラーメン」と「カップヌードル」という武器をそれぞれ手にし、事業を拡大させて成功に至ったのだ。

 3人の逸話に触れると、強力な武器があれば年齢を問わずに経営者として成功できるという可能性を感じさせる。

 もちろん、誰でもその本人を時代の覇者に導く武器を簡単に手にできるわけではない。クロック氏のような「出会い」や安藤百福氏のような「努力」が必要になることは当然のことだ。


 ■”おじさん”になっても経営者として成功できる!


  40代、50代、60代となってから経営者として成功するには、出会いを広げるために外に出たり、人並み以上の努力が必要であったりすることは覚えておきたい。

 裏を返せば、これらを実践すれば遅くに創業しても成功できるチャンスはあるのだ。
文・岡本一道(金融・経済ジャーナリスト)』

 


  遅咲きの経営者3名の足跡を追った記事。
 

  ケンタッキーのカーネルサンダーズおじさんでお馴染みのKFC創業者のハーランド・デーヴィッド・サンダース氏。

  60代になってフランチャイズ化を進め、今や世界中にKFCのお店があるまでになった。

  日本でもKFC、ケンタッキー、ケンタなど色々な呼び方で浸透している代表的なファストフード店だ。

 

  もう一人がマクドナルドのレイ・クロック氏。
 

  そもそものハンバーガーはその名の通りマクドナルド兄弟が作っていたものだが、フランチャイズ権を獲得し、世界中にチェーン店を展開させたのはレイ・クロック氏となっている。


  もしレイ・クロック氏がいなかったら、マクドナルドアメリカの小さなハンバーガー屋で終わっていたかもしれない。
 

  ここにマーケティングの才能がどれだけビジネスに必要かわかるよね。


  そして最後が日本人の安藤百福氏。チキンラーメンでおなじみの日清食品の創業者。今や世界中でインスタントラーメンが食べられるようになったが、それを発明したのが日本人と言うのは誇らしい。
 
  日清食品カップラーメンや出前一丁、焼きそばUFOなど数々のヒット商品を世に出してきた。日本だけでなく、特にアジアではかなり浸透してきている食品会社だね。


  こちらは開発がメインの職人さんと言うイメージだが、マーケティングも功を奏したのだろう。
  NHKの連続テレビ小説「まんぷく」にも取り上げられるほど、日本では有名な創業者となっている。
 
  世界的に有名な会社を作った3名が、遅咲き経営者というのは何とも希望を抱かせるではないか。
  もちろん若い頃の経験も間接的には影響していたのだろうが、中高年にもチャンスはあると言う希望の光ではないだろうか。
 

  今後は出会いを広げるためや刺激を得るために外に出て、新しい発想時代の変化を感じ取れるようにしたいなと思った。

 

           

posted by 世界好奇心 at 02:03 | gidoのコラム

Vtuberという仕事

スーパーチャット



 『YouTubeのライブ配信で、視聴者がコメントと共に直接お金を送れる投げ銭機能「スーパーチャット」。このスーパーチャットの累計金額の世界ランキングが「Playboard」で発表された。


 

 1位には、累計金額8942万円で日本のVTuberがランクイン。
 ランキング全体を見てみると、なんとトップ10のうち8チャンネルが日本人で、そのうち7チャンネルがバーチャルYouTuber、いわゆるVTuberだった。

 

 スーパーチャット(通称“スパチャ”)では、視聴者は100円から最大5万円まで好きな金額を設定し、投稿者にお金を送ることができる。

 ニュース番組「ABEMAヒルズ」のスタッフが取材を進めると、10万人以上がチャンネル登録をしている「朝ノ姉妹ぷろじぇくと」の運営担当者・ノリさんは「スーパーチャットによる収入の額は言えない」とした上で、収入のおよそ9割は「スーパーチャットだと思う」と回答。

 投げ銭は「20代から40代の男性が中心」だという。

 

 なぜ日本人VTuberが人気なのだろうか。ノリさんは「2つ理由があると思う」と推測する。

 「1つが活動内容による違い。(VTuberの動画は)かわいいアニメのような見た目をしたキャラクターで、かわいい声をした女の子が生放送をしている。

 普通のYouTuberさんは(事前に撮った)動画が中心なので、スーパーチャットを送ってもリアルタイムで反応が返ってこない。でも、VTuberの場合は、かわいいアニメようなキャラクターリアルタイムで反応を返してくれる。
 だから、スーパーチャットで投げ銭を送りたいという気持ちが強くなるのでは」


 さらに、ノリさんは日本人VTuberが人気を博している2つ目の理由として「ファン層の違い」を指摘。

アニメキャラが好きで、アイドルの追っかけをする人が(VTuber)のファン層に近い」と、通常のYouTuberのファンとは違った“アイドルの追っかけ”をするような人の心をつかんでいることを明かした。


 ■なぜアニメキャラに投げ銭
 広告の枠組みを超えた新しい経済
 

 ニュース番組「ABEMAヒルズ」のコメンテーターで、慶応大学特任准教授などを務めるプロデューサーの若新雄純氏は、アニメキャラクターに投げ銭をしたくなる人間の心理について独自に考察。

「面白いのは、リアルな顔出しをしているYouTuberには投げ銭をしていなくて、裏側にいるのが人間だとわかっていてもアニメのキャラクターには投げ銭できる心理。

 身近な存在にほど優しくできない、身近な存在ほど素直に褒められない心理が人間にはある。当然、二次元にも裏側に人間がいるのに、チップをあげたくなる心理は掘り下げたら面白い」

 広告の枠組みを超えて、投稿者に対し、自分が思った金額を渡す投げ銭機能新しい経済の形に、若新氏は寄付のツールとしても活用を提案する。

「日本でもクラウドファンディングの文化が徐々に根付いてきている。例えば、いろいろな境遇に置かれている子供たちが『自分はこういう能力があるのに、金銭的な理由でできない』という状況になったとき、寄付の1つとして、(投げ銭の)チャンネルが多角化していけばいい」

(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)』


 Youtubeで投げ銭機能のスーパーチャット

 視聴者がコメントを目立たせるように直接お金が送れるスーパーチャット人気なのがVtuberだ。

 VtuberとはバーチャルYoutuberのこと。つまり、コンピューターグラフィックスのキャラクターを使ってYoutubeで活躍しているのがVtuber。

 Vtuberかわいいアニメのような見た目をしたキャラクターで、かわいい声をした女の子が生放送をしているので、ファン層アニメオタクのような感じだろうか。

 一方、Youtuberというのは、生身の人間が顔を出して各テーマについて話や面白い事をするという感じかな。
もちろん、顔出ししていないYoutuberもいるけど、ヒカキンオリエンタルラジオの中田のように人気Youtuberって顔出ししている人が多いよね。

 Youtubeのスーパーチャットで稼いでいるベスト10のうち、7チャンネルが日本のVtuberだった。
Vtuber自体、日本発祥みたいだから、当然と言えば当然なのかも? 

 アニメのクオリティが高く、人気のある日本では、Vtuberにある意味コアなファンがいるということみたいだね。

 SNSの発達で、新たな職業が次々に出てきているね。
21世紀になってまだ20年しか経っていないけど、世の中の社会変化のスピードって驚くべきものがある。

 ケータイも電話中心だったのに、今や電話機能を使って音声で伝えるよりLINEやメッセンジャーなどでメッセージを伝えたりする方が普通になってきたんじゃないかな?

 5G、6Gの時代になると、もっと動画などの再生回数が増えていくだろう。
コアなファンは、生活費を削っても趣味にお金を費やす傾向もあるからね。

 今後、BTCのような仮想通貨(暗号通貨)を使って、SNSやゲームなどにスーパーチャットのような投げ銭機能が登場してくるだろう。

 この仮想通貨(暗号通貨)も銀行の送金、個人間の送金、ゲームアイテムの購入など色々なところで使われていくようになるだろう。もしかしたら、円やドルの法定通貨と同じくらい仮想通貨(暗号通貨)がパワーを持つ時代が来るかもしれない。

 一昔前は趣味の世界でしかなかったものでも極めれば、それが職業になり、趣味で食べていける時代になったということだね。今後どのように変化していくか、目が離せないな。




posted by 世界好奇心 at 20:00 | gidoのコラム

メッシがバルサ退団へ

メッシの怒り


リオネル・メッシバルセロナに対し退団の希望を伝えた。

 しかもブロファックス(スペインで書類を発送するために使用されるファックスサービス。文書や通知を証明する際に有効なツール)を送るという冷淡なやり方でだ。

 メッシの契約に毎シーズン終了後に一方的に契約を解除できる条項が盛り込まれているのは既報のとおり。
 ただその期限である6月10日が過ぎたため、自動的にもう1年延長していると考えられた。

 しかしメッシ側は新型コロナウイルの影響で日程が変則的になりシーズンの閉幕が遅れたため、その期限も引き延ばすべきだと主張しているのだ。

 メッシは先週、ロナルド・クーマンと個人面談を行った。新指揮官は去就で揺れるエースに対し説得を試みたが、しかしエースが感じ取ったのは、新たな体制の発足に伴う自らを取り巻く環境の変化だった。

 さらにルイス・スアレスへの構想外通告も後日明らかになり、不信感は増していった。

  もっともこれはきっかけに過ぎず、メッシの不満の根底は、口だけで行動が伴わないジョゼップ・マリア・バルトメウ率いるフロントにある。

 極度の負けず嫌いの彼はチームがチャンピオンズ・リーグバイエルン・ミュンヘン相手に屈辱的な大敗を喫した後、沈黙を守り続けている。

 これは今回の退団通告へのポーズだったと言える。  
 バルトメウ政権は今シーズンいっぱいで任期を終える。

 窮地に陥った際に彼らは、メッシを盾に批判の矛先をかわす算段だったが、その実、やろうとしていたことはクーマンという新たな弾丸を味方にして主役の座を選手たちから取り戻し、チームマネジメントの主導権を握ることだった。

 バルサでは過去にも自分たちの立場をわきまえず、選手を差し置いて主役を張ろうとする幹部はいたが、その多くはいい結果を生まなかった。歴史は繰り返されている。

 ただその一方で、現政権の不安定さがロッカールームの増長を招いたのも事実だ。メッシをはじめとしたベテラン勢は影響力を行使し、それが原因で近年、新戦力は軒並み適応に苦戦し、新監督はマネジメントに苦労した。

 メッシメッシでチームが弱体化する中で様々な役割をこなすことを余儀なくされ、心身ともにすり減らしていった。そしてそれが限界に達したのがバイエルン戦での敗戦だった。

 もちろんここまで輝かしい功績を残したメッシだ。ファンの間にもピリオドを打つタイミングは彼自身が決めるべきと考える者は少なくない。

 実際、アンドレス・イニエスタ、ダニエウ・アウベス、ハビエル・マスチェラーノ、ネイマール、シャビといったかつての戦友たちも自らの意思でクラブを去っていた。

 ただそれでもこのような一方的に通告することの説明にはならない。
 チームは今週日曜日に新シーズンに向けて始動するが、メッシに練習場に駆けつける考えはない。

 今後の焦点はバルトメウがどうリアクションをするかだ。このままではメッシを追い出した会長としてのそしりを受けるのは免れないだろう。

 3月15日以降に実施される予定の会長選挙の前倒しを迫られる可能性も十分にある。
 メッシは明確に意思を示したのだ。現政権のバルサではもうニ度とプレーしたくないということを。』

 スペインのバルセロナ王様と君臨してきたメッシが遂に退団を決意という衝撃てなニュースが駆け巡った。

 メッシと言えば、年間最優秀選手に与えられるバロンドール賞を6回も受賞した史上最高選手とも言われている。

 バロンドール賞なんて1回でも取れたら最高の栄誉。
なんたって世界中のサッカー選手で1年で1人だけしかもらえない賞だ。

 それを6回も受賞というだけで、サッカーを知らない人もどんな凄い選手かわかるだろう。

 バルセロナの下位組織出身のメッシバルセロナ愛が強く、バルサリーガエスパニョーラUEFAチャンピオンズリーグなど数多くのタイトルを獲得してきた。

 そのメッシバルサに対して怒りの退団宣言。
バルセロナ
は今年に入って2人の監督解任。チームがガタガタになってきていたところに、UEFAチャンピオンズリーグドイツの絶対的王者バイエルン・ミュンヘンに2-8の屈辱的な大敗を喫した。

 それに親友と言われていたスアレスピケなどが新監督に戦力外を言い渡されたりして、これまでバルサの屋台骨を支えてきた同僚へのシンパシーもあったかもしれない。

 報道されているようにバルセロナFCの幹部や監督・コーチとの軋轢が爆発した感じではないだろうか。

 スアレスなどラ・リーガ(スペインリーグ)で抜群の成績を残してきた選手である。
メッシ
にかかる期待は大きく、プレッシャーも半端ないと思うが、それでも相性の合う同僚がいれば精神的にも何とかなったかもしれない。

 ところがそう言ったメッシの希望などを無視したことも一因だろう。

 サッカーチームスポーツだ。
いくら史上最高の選手と言われていても1人で打開できることには限界がある。

 サポートする同僚がいなければ徹底したマークをされるし、プレースタイルの相性が合わなければいくら素晴らしい選手でもチームとしては機能しないだろう。

 バルサ愛で知られていたメッシだが、堪忍袋の緒が切れたといったところか。
まあ、バルサアルゼンチン代表でしかメッシを見たことがなかったから、別のチームに入ってプレーするメッシにも興味があるけどね。

 メッシが抜ければ、バルセロナラ・リーガ暗黒時代を迎えるだろうね。ライバルのレアル・マドリードには太刀打ちできなくなるだろう。

 いずれにしても色々と一悶着ありそうなメッシの周辺。

 正直、メッシの年棒は破格だけど、それだけ金を呼べる存在でもある。
メッシ
みたさにスタジアムに足を運ぶファンも増えるだろうし、メッシの関連グッズもかなり売れるだろう。それに様々なスポンサーがついてくれる可能性も高い。

 王様メッシがどこに落ち着くのか、サッカーファンは目が離せない状況になってきたね。

posted by 世界好奇心 at 01:31 | gidoのコラム

ウクライナの生殖ビジネス

代理出産ビジネス


『【AFP=時事】ウクライナの代理母の元に生まれた男の赤ちゃんを抱き上げると、40代後半のアルゼンチン女性アンドレア・ビエス(Andrea Viez)さんの頬を喜びの涙が伝った。

 子どもを持とうと9年間試みたビエスさんは、成長著しいウクライナの代理出産業のおかげで、ようやく自分の息子を腕に抱くことができたのだ。

 ウクライナの代理出産業界は、ビエスさんのように子どもを望む何千もの人々に希望を与えてきた。だが、大勢の夢がかなった裏には、困窮した若い女性を利用し、虐待の温床となるグレーゾーンで操業する収益性の高い不透明なビジネスが存在する。

 同国で子どもの人権委員を務めるミコラ・クレバ(Mykola Kuleba)氏は5月、「ウクライナ国際的な赤ちゃんオンラインストアになりつつある」と警告。

 ウクライナの女性に対する「搾取」を非難し、代理出産の禁止を求めた。

 ウクライナ外国人向けの商業的な代理出産を認める数少ない国であることは、新型コロナウイルスパンデミック(世界的な大流行)によって注目された。

 パンデミックで飛行機による移動が制限されたため、外国人の親たちが子どもを引き取ることができなくなり、赤ちゃんたちが足止めされてしまったのだった。


 ウクライナの代理出産業界は2000年代初頭から存在していたが、インドタイが約5年前に外国人向けの商業的な代理出産を禁止してから、需要が爆発的に増加した。


 旧ソビエト連邦の構成国だった欧州貧困国の一つウクライナは、代理母による出産費用が約4万2000ドル(約440万円)と魅力的なことで知られている。米国では倍以上の費用が掛かる。


 公式統計は存在しないものの、専門家によるとウクライナでは毎年2500〜3000人の外国人の赤ちゃんが、代理出産で生まれている。顧客の約3割が中国人だ。
 

 生殖問題を専門に扱う法律事務所を運営するセルゲイ・アントノフ(Sergiy Antonov)氏は、代理出産業界は規制が不十分で虐待や汚職がはびこっていると指摘する。

 約束された金額が支払われなかったり、妊娠後期に劣悪な環境の住宅に住まわされたりすることがしばしばある。また、代理母によって生まれた赤ちゃんが、外国人の親とは生物学的なつながりがないことが発覚したこともあるという。

 当局はまた、一部の診療所が代理出産商業的な養子縁組の隠れみのに利用していると疑っている。

 ■お金と健康を引き換え
 

 オルガさん(27)は、4人目となる代理出産の子どもを妊娠中だ。医者になることを夢見ていたが、2014年に紛争で荒廃したウクライナ東部から息子と一緒に逃げ出し、代理母になった。


 女性が、約束された金額を受け取れないことが「かなり頻繁に」起こるとオルガさんは指摘する。女性たちはほとんどの場合、仲介人によって雇われ、この仲介人代理出産費用の一部を預かっている。
 
 オルガさんは、妊娠中は毎月400ドル(約4万2000円)、出産後に1万5000ドル(約160万円)を受け取る。「誰かに強制されたわけではないので、搾取だとは思わない」とオルガさんは話す。

 だが、財政状況が過酷なため、ウクライナ女性はお金のために健康を売り渡すような状況に陥っていると認める。

 代理母として働く別の女性(26)は、中国人夫婦のための双子を身ごもっている。普段はウエートレスとして毎月135ドル(約1万4000円)の収入があり、今回が2回目の代理出産となる。

 出産後の報酬約1万5000ドルでカフェを開きたいと思っている。
「もし普通の仕事があるなら、もちろん代理出産はしない」 【翻訳編集】 AFPBB News』

 ウクライナの代理母出産のニュース。 

 
子供が欲しくて不妊治療で悩んでいたりする人も世界には多い。
それで代理母を見つけて出産してもらうのが代理出産。これがウクライナビジネスとして脚光を浴びているのだ。

 ウクライナ旧ソ連で、ソチオリンピックの頃、同じく旧ソ連から分離したロシアと仲が悪くなって注目を集めた国。

 インドタイ外国人向け代理出産を禁止して、ウクライナの需要は急上昇らしい。外国人向けの代理出産を法律で認めている国は貴重だからね。

 だけど、このウクライナの代理出産業にも闇がある。

 代理母になるウクライナ女性の大半は貧困であるということ。出産と言う時には命の危険も伴うのに、金銭的にも保証されているシステムとは言い難い。

 子供が欲しい外国人夫婦は多額のお金を払うのに、実際に代理母に支払われる金額は僅かだ。
 健康の危険を伴う作業なのに、半分ももらえない現状。

 そのお金は仲介業者、つまりブローカーに流れるんだろう。
ブローカー自身は全く身の危険もなく、代理母を斡旋すればするほど多額の報酬が手に入る。

 代理母になるウクライナ女性も他にきちんとした仕事があればやりたくないと言っているようなのも問題だ。
つまり貧困が招いたビジネスということもできる。

 アメリカなどで代理母を頼むよりウクライナは格安とは言え、貧困女性を利用しているのも事実。

 ただ、ウクライナ代理母出産が禁止されれば、子供が欲しい外国人夫婦が困るだけでなく、代理出産で生活していたウクライナ女性も困ってしまう。

 ウクライナ政府が適法として認めるビジネスなら、代理母にもきちんとした報酬を得られるように法律で規定してほしいものだね。

               

posted by 世界好奇心 at 18:52 | gidoのコラム

個人で簡単にオリジナルが作れる時代

オリジナルアートが簡単に



『「Wainlux K6」はセットアップが簡単で使いやすく、世界で最もコンパクトでパワフルなレーザー彫刻機

  その強力なレーザーは、木材からゴムに至るまで、ほぼすべての材質にはっきりと素早くデザイン彫刻できる。


    パソコンスマートフォンからケーブルまたはWi-Fiで接続し、デザイン制作彫刻の機能をコントロールしたり、専用アプリを使って写真やデザインの編集が可能。


 彫刻する前に表面にデザインのプレビューが投影されるので、デザインがどこに配置されるかを簡単に確認でき、レーザーのサイズと位置を調整できる。

 本体の安全設計も万全で、作業中の予測外の動きに反応して彫刻作業を自動でストップしたり、本体が過度に熱くなると安全のために電源をオフにする。

 また、食品の表面への彫刻も可能で、レーザーによって表面が焼けるだけで化学反応も発生しないので、彫刻後も安全に食べることができる。

 現在海外のクラウドファンディングサービス「Kickstarter」にて$159USD(約16,700円)から予約購入可能で、2020年9月に配送される予定。
・・・


 おうち時間を有効活用して、自分オリジナルのものを作ってみては?
Wainlux K6  CREDIT
Videographer/Writer :竹下紘平 SNS :にしまり Curator :町田知陽』



 「Wainlux K6」はレーザー彫刻機
  最近、どんどん新しい機能を備えた新製品が市場に投入されるね。
その技術スピードは本当に速くなった。

 「Wainlux K6」というレーザー彫刻機は、簡単に言えば革や木に光を当てて焼き付けオリジナルのアートができるというもの。



 例えば、革製の手帳を買ったとしよう。

 それだけだと市販品で、誰でも持っているもの。



 ところが、そのカバーの革製品にメッセージや絵などをかけば世界で1つだけのオリジナルの手帳となる。


 自分だけのオリジナルとしてアートを楽しむのもいいし、誕生日などのプレゼントにメッセージを入れたりするのもいいよね。


 お菓子などに利用できるみたいで、まんじゅうなどに絵を付けられるようだね。



 ただ、この記事を読んで思ったのは、著作権企業のブランドについて。


 有名ブランドと同じデザインを使ったり、ドラえもんなどのアニメなどを勝手に使用すると法律に引っかかってくる。

 

 「Wainlux K6」のようなレーザー彫刻機が普及してくると、法律もきちんと整備していかないとね。


  要は、自分だけのオリジナルを生み出していけばいいということ。


 くれぐれも違法性を問われて人生を狂わさないようにね。


         

posted by 世界好奇心 at 13:43 | gidoのコラム

個人情報盗み?

中国からの謎の種



 『購入した覚えのない「謎の種」が、海外から自宅に届く案件が相次いでいるとして、植物防疫所が受け取った場合は同所に相談するよう注意を呼びかけている。

 アメリカでも同様の送りつけ被害が報じられ、一部では詐欺ではないかと言われている。

 横浜植物防疫所の担当者によると、7月29日ごろから「注文した覚えのない植物の種子が海外から自宅に届いた」といった相談が相次いで寄せられているという。

 植物防疫法は、「植物を輸入した者は、遅滞なく、その旨を植物防疫所に届け出て、植物防疫官から検査を受けなければいけない」と定める。

 検査を受けていない海外の植物を郵便で受け取った場合にも、速やかに検査を受けることを義務付けている。

 輸入時に検査を受けた植物は、外装に合格のスタンプ(植物検査合格証印)が押される。

 担当者は「外装に合格証印のない植物の小包が届いたら、そのままの状態で、最寄りの植物防疫所に相談してほしい」としている。また、こうした心当たりのない種子をプランターなどに植えないよう注意を呼びかけている。


■「ブラッシング詐欺」の可能性も

 同様の被害は、アメリカでも報じられている。

 ニューヨーク・タイムズによると、少なくとも27の州の農務省当局が、注文していない種子が送り付けられる事案が発生しているとして住民に注意を呼びかける声明を出した。

 これらの種子は、中国から郵送されたとみられている。郵便物の外装には、ジュエリーやイヤホン、おもちゃなどのラベルが付いていたという。

 ホワイトハウス警察署は、公式Facebookで、種子の送り付けはオンライン詐欺の一つである「ブラッシング」詐欺の可能性があると指摘している。

 アメリカの商事改善協会(Better Busibess Breau)のウェブサイトなどによると、「ブラッシング詐欺」は、安価な製品を相手の同意なしに勝手に送り付け、受取人のふりをしてアマゾンなどの通販サイトに高評価のレビューを書き込む手口。

 ネット上で製品の評価や認知度を高める目的がある。受取人に荷物が届くと、注文が完了したとみなされ、レビューをサイトに書き込めるようになる仕組みを利用している。

 受取人は発送した人物を特定できないという。

 アメリカの農務省も、「現時点では、今回の事案が『ブラッシング詐欺』以外の何かであるという証拠はない」との見解を示している。

 ホワイトハウス警察署は「受け取ったとしても直接的な危険はない」としつつつ、種子を適切に処分するため届いた場合は相談するよう呼びかけている。』


  何か変な事件が起こっているね。 勝手に謎の種を送り付けるなんて。
  ブラッシング詐欺じゃないかと言われている。

  ブラッシング詐欺と言うのは、売り手が虚偽のレビューを投稿して売り上げを伸ばす目的で、ユーザーが注文していない商品を送り付ける手口のこと。
 

  口コミ評価が大きな影響を持つようになったオンラインビジネス
  その悪用版ということだね。
 

  それにしても種というのが不気味。
 
  植物検疫の問題もあるし、勝手に植えたらとんでもない品種だったと言うこともあり得るかも。
  大麻とかだったら、知らなくても逮捕になっちゃうからね〜。

  しかもこれは日本だけでなく、アメリカでも流行っているらしい。


  現在、米中の激しい覇権争いで、アメリカと中国は真っ向から敵対している。
  中国から送られてきて、差出人不明というのも不気味。

  僕が心底怖いなと思っているのは、種が届いたと言うことではない。

  中国から誰が送ったかはわからないが、確実に届いていると言う点だ。
 
  郵便物が届くと言うことは、住所と名前が一致していると言う事だろう。
 

  つまり、その謎の差出人は、その人の個人情報を知っていると言うことになる。
  中国から個人輸入でもやっていた人ならまだ理由がわかるけど、そうでなければどこで個人情報を抜かれたのかと言う問題もある。
 

  闇サイトで売られていたとかなのか、今はやりのTiktokなど中国アプリから抜かれたとか??
  理由もわからなかったら、それこそ不気味だろう。

  これからはサイバー攻撃が目に見えない戦争になると言われているが、ブラッシング詐欺ならどうして中国人に送らず、わざわざ海外に送るのだろうか。

  中国人に送った方が中国国内だから簡単だと思うし、コストだって安く済むはず。

  特に中国からアメリカへ送るとなると郵送料だってかかるだろう。
見つかった時の中国政府の罰則が厳しいのだろうか??

  同じ海外に送るのだって、普通に考えれば隣国や東南アジアの方が安く済むはずだ。
特にマレーシアシンガポール華人も多く、中国語でも問題ないだろうし。
 

  個人情報取得が難しかったのかな?
  だとしたら、日本人の個人情報を盗むのは簡単だということになるが・・・。

  そういう色々な観点から見ると、アメリカ日本へ送っている理由が、単なるブラッシング詐欺で片付けられるのかどうか、ちょっと疑問だな。

          

posted by 世界好奇心 at 21:13 | gidoのコラム

AIが採用する時代

AIで笑顔判定



  『「笑顔採用」始めます−。愛知県内で複数の保育園を運営する企業が22日、AI(人工知能)で面接者の笑顔を判定し、採用の評価基準とするユニークな採用活動を始めた。

 「AIは面接用のぎこちない笑顔さえも見抜く。客観的に評価したい」と担当者。
  珍しい取り組みは、人材難などの課題を抱える業界に一石を投じるだろうか。

  愛知県内で保育園など5施設を運営する「グローブ・ハート」(名古屋市)。

  IT企業「バイタリフィ」(東京)とともに、笑顔レベルを数値化するAIシステムを共同で開発した。AIは開発段階で多くの人の笑顔を学習。蓄積されたデータを基に、対象者の笑顔度を判定する仕組みだ。  


  面接官が対面で面接者に質問するなどの形式は従来と変わらない。しかし、その様子はスマートフォンで記録され、面接者の笑顔度は1秒ごとにグラフ化される。

 一定レベル以上の笑顔が続いた時間も計測可能できるという。  

 15分間の面接を100点満点で採点し、対面での評価が50点、残り50点をAI測定分で評価する。  

 「取り繕ったスマイルも見抜く。美人かどうかも関係ない」。グローブ・ハートの小沢清隆代表(33)が力を込める。

 22日朝にはデモンストレーションを行い、受験生役の男性社員をスマホで撮影しながら笑顔レベルを測定した。  

 保育士離職率が高い職種とされる。各種調査では離職理由の上位に「人間関係」が入るため、同社は人材確保・定着の切り札として笑顔の力に着目した。

 ユーザー目線でも同じだ。保育園を選ぶ際、約半数以上の保護者が「園の雰囲気」を重視するとの調査結果もある。保護者側の信頼を得るためにも笑顔は重要と考えたという。


 笑顔採用は、22日から募集を始めた来年度入社の新卒採用で導入する。面接は9月1〜3日に実施予定だ。小沢代表は「笑顔あふれる園保育士も辞めにくく、子供や保護者からも選ばれる。

 新型コロナウイルス禍で暗いニュースが多い社会に、明るい取り組みを届けたい」と話していた。


 ■職場や子供に好影響、笑顔の力  

  笑顔をテーマとしたコンサルティングなどを行う「日本笑顔推進協会」(東京)によると、笑顔になれば、脳内にセロトニンという物質が分泌される。

 「幸せホルモン」とも呼ばれ、睡眠の質の向上やストレス軽減につながり、アンチエイジングも期待できるという。


  笑顔の効果を研究する早稲田大の菅原徹招聘(しょうへい)研究員によると、接客業などでは社内教育の一環として、笑顔トレーニングを行う企業がある。ただ今回の保育園のように、AI判定の笑顔を採用基準に取り入れる企業は「聞いたことがない」という。


 「短時間のAI判定で人の笑顔を完璧に判断するのは難しいが、容姿に関係なく、客観性が保てるのが良い点だ」と菅原氏。

 笑顔が乳幼児の成長に好影響を与えるとの調査結果もあるといい、保育園の取り組みを一定評価する。  

 大人の世界でも同様の傾向がある。

 菅原氏らが美顔器メーカーの社員を対象に行った模擬実験では、笑顔と業績に相関関係があることが判明。成績優秀な社員はそうでない社員と比べ、営業活動の際にぎこちない笑顔がなく、状況に関わらず自然な笑顔を出せていた。

 「職場が笑顔なので業績が良い」と、笑顔の効能を語る経営者も多いと菅原氏。

 「(笑顔で)生産性向上や業務効率化にもつながる。保育園のように笑顔を重視する取り組みがもっと広まれば」と話した。(桑村朋)』


  愛知県の保育園が、AI(人工知能)で面接者の笑顔を判定し、採用の評価基準とするユニークな採用活動を始めたニュース。

 

  笑顔の印象って面接のときに大きいが、まさかAI(人工知能)で客観的にデータを取る時代が来るとは・・・。 いや〜、ビックリだね。

 


 確かに笑顔の印象って大きいけど、やっぱりイケメン美人、かわいい子の印象が強くなる。

 このA I(人工知能)笑顔採用が実現したら、職場がどれだけ改善できるのか、非常に興味がある。
 
 保育園だから、一般企業よりも笑顔の重要性が大事なのはわかる。
 笑顔がいっぱいだと子供も楽しくなるだろうし、親もそういう保育園に預けた方が気持ち的にも安心だろう。

 でも、最後の方に、できる営業マンは自然な笑顔ができていると書いてある。
 

 やっぱり作り笑顔だと相手に心を見透かされているけど、自然に笑顔ができると安心感が出てくるのかな?

  この保育園の試みが成功したら、全業種に波及する可能性だってあるね。

  離職理由で上位に来るのは、職場での人間関係
  これが精神的ダメージを与え、ストレスでいっぱいなってくるとなどの病気にも繋がってくる。
 

  そういう意味でも笑顔採用ってありなんじゃないかな?
 

  ただ気になるのは、A I(人工知能)を使うことにより、自然な笑顔作り笑顔がどの程度、正確に判別できるのか。
 この精度が高くないと、絵に描いた餅だね。

  この保育園の採用基準は、対面50%、残り50%はAI(人工知能)で判断するらしい。

  いや〜、AIの目は人間の目と同等の%ではないですか。

  ちょっと2,3年後と経過を追ってほしいニュースだね。

         

posted by 世界好奇心 at 16:47 | gidoのコラム

Googleの戦略

Gmail刷新の裏側 



 『Googleは米国時間7月15日、「Gmail」の大幅刷新を発表した。

  電子メールサービスの範囲を超えて、プロジェクトを計画したり同僚とチャットしたりするためのハブへと同アプリを拡大することを目指す。

  この刷新により、Gmailは、 SlackMicrosoftなどの競合企業が提供する他の生産性アプリと、より直接的に競合することになる。

  Microsoftはコラボレーションツール「Teams」を提供している。

  その意図は、「G Suite」におけるビデオ通話、チャット、電子メール、タスクなどの機能を1カ所に統合することにより、人々がどこにいても業務を円滑に進められるようにすることだ。

 「Android」および「iOS」向けの新しいアプリでは、画面の最下部に「Mail」「Chat」「Rooms」、ビデオ通話用の「Meet」という4つのタブが表示される。

  Roomsは、Slackのルームに似ており、同一チームのメンバーがリアルタイムにコラボレーションできるものだ。

  Googleでは、チャット、ファイルやタスクの共有、ドキュメントの編集ができるようになる。

  今回の刷新は、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中でリモート勤務への移行が進んでいることを受けたもの。

  企業はオフィスを閉鎖し、生産性ソフトウェアを利用して従業員のつながりを維持している。
  ソーシャルディスタンスも、Google製品に恩恵をもたらしている。

  最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は4月、「Meet」の利用が急増したことを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で、1日あたりの新規ユーザー数は数週間のうちに200万人から300万人に増加したという。


  Googleは4月に「Meet」タブをGmailに追加しており、今回の刷新によって統合をさらに強化する。  刷新されたアプリには、重要なルームのピン留め、タスクの割り当て、「Do Not Disturb」や「Out of office」といったステータスの適用など、他の機能も追加されている。

  Googleは同サービスをより広い範囲に提供する前に、数社の企業とテスト中だ。』

 


  グーグル(Google)がGmailを刷新する。

  電子メールサービスだけではなく、プロジェクトを計画したり同僚とチャットしたりするためのハブへと同アプリを拡大することを目指すという。



 要するに、これまでバラバラでやっていて、あまり統合性のなかった機能をまとめようと言う動きだ。

 ビデオ通話、チャット、電子メール、タスクなどの機能を1カ所に統合することにより、人々がどこにいても業務を円滑に進められるようにすることだ。

 世界的なコロナウイルス流行で、在宅勤務が急激に進み、オンライン会議オンライン授業が一気に増えた。
急激な需要がオンライン会議ツールの良し悪しにも目が注がれるようになってきた。

 SlackZoomなどだけでなく、GoogleのライバルであるMicrosoftMicrosoft Teamをやっている。

それぞれ時間制限やRoom割り、資料をアップ機能などに違いがあるが、ビジネスにターゲットを絞ればITツールの使い勝手が顧客獲得に大きく影響すると言う認識なのだろう。


  Googleもメールはメールではなく、統合的に使い勝手を良くしようと言うことだろうね。

  Google Meetも自分でも使うようになり、周囲でもよく使われるようになったと感じているが、更なるサービス向上が期待できそうだね。それはそれで利用者としては嬉しい。

  それにしても、この10年で一気に社会情勢が変わったね。

  振り返ってみるとYoutuberなる職業が脚光を浴びたユーチューブ(Youtube)インスタグラム(Instagram)、ツイッター(Twitter)、フェイスブック(Facebook)など情報ツールが一気に広がっただけでなく、Lineは支払い機能強化に走ったりしている。

  コロナの影響で、非接触型の支払い形態が注目を浴び始めている。
  中国のウィチャットなどはかなり進んでいる気がする。

  アメリカ発のフェイスブック仮想通貨のリブラをぶち上げたのは記憶に新しい。

  世界的に利用者がいるフェイスブックのリブラは、さすがに政府の金融政策に大きく影響を与えるので、各国政府から横やりが入った感じだが、もう10年すると主要貨幣の1つにかっているかもしれない。


  生活面においても、スマホのアプリウーバーイーツなどで食料を調達する。タクシーを呼ぶ。決済もする。生活習慣も変わりつつある。

  5Gを超えて、6Gになるともっと新しい技術が出てくることは間違いない。

  世の中の変化のスピードが急速に増している。

Google
など世界的企業でもサービス向上を目指して、ライバル他社と戦っている。

  日本にもそういう革新的なIT企業が誕誕生してほしいな。

          

posted by 世界好奇心 at 02:15 | gidoのコラム

韓国人の考え方と日本人との違い

韓国は不思議な国



『<ソウル地裁が下した歴史的判決により文在寅政権が進める南北融和政策への影響は必至>

  金正恩体制を批判するビラをまいているとして、北朝鮮韓国への非難を始めてから1カ月強。当初は開城(ケソン)にある南北連絡事務所を破壊するなど遠慮のない怒りを見せていたが、金正恩党委員長の「鶴の一声」で南北間の緊張はこのところ収まっていた。

 だがここに来て、韓国側から新たな緊張の種がまかれた。
 韓国ソウル中央地方裁判所は7月7日、朝鮮戦争時代に捕虜となった元韓国軍兵士強制労働をさせたとして、金正恩に対する賠償責任を認める判決を初めて下した。

 原告団は元韓国軍兵士の2人で、裁判所は北朝鮮に1人当たり2100万ウォン(約190万円)の支払いを命じた。

 朝鮮半島情勢に詳しい龍谷大学の李相哲教授は、この判決を「歴史的」だと言う。

 「金正恩政権に対する裁判の管轄権韓国国内にあることが示されたことに加え、金正恩に対して初めて民事責任を問うたことになる」

 今回の判決を皮切りに、韓国北朝鮮に損害賠償を求める訴訟が増えると李はみる。

 その候補は、2010年に46人が犠牲になった韓国海軍哨戒艦「天安」の撃沈事件だ。韓国の軍民合同調査団は撃沈の原因を「北朝鮮の魚雷によるもの」と結論付けた。

 そのほかにも、韓国軍元捕虜が約8万人、拉致被害者は約10万人いると韓国メディアは報じており、彼らが裁判に訴えることになれば膨大な数の訴訟が起こされる可能性がある。

 朝鮮戦争の停戦協定が結ばれてから約70年、なぜ今になってこのような訴訟が起きたのか。

 背景には2016年1月に北朝鮮に拘束されていたアメリカ人のオットー・ウォームビアが、帰国後に死亡した事件がある。

 この時、ウォームビアの遺族北朝鮮を相手取ってアメリカ国内で裁判を起こし、損害賠償金を支払わせるために北朝鮮の資産を差し押さえた

 このことが今回の原告団を後押しし、訴訟を起こすことに影響を与えたと指摘されている。

 もっとも、北朝鮮が今回の判決を認めて賠償金を支払う可能性はほぼない。
 そのため、韓国政府北朝鮮に支払うことになっている、金正恩の動静北朝鮮の情勢などを伝える映像の使用料や著作権料などを凍結・差し押さえることで、賠償金の支払いに充てる可能性が高いとみられている。

 一方で、南北融和政策を進める文在寅政権への影響はどうなるのか。

 李は「かなりの打撃になる」と指摘する。
「ただ、まだ一審の判決のため予断は許さない。最高裁判長は文が任命し、と思想が近い人物だ。一審の判決がひっくり返される可能性はある」』

 韓国と言う国は、自分の国のことと他の国との区別ができないようだ。

 「金正恩政権に対する裁判の管轄権韓国国内にあることが示された」と言っている龍谷大学の李相哲教授にも???

  韓国で原告ができて、過去の事を蒸し返して裁判を行った結果のことだろう。
  自分都合ですべてやっている印象があるが、「金正恩政権に対する裁判の管轄権韓国国内にあること」と思ったのは何だろう???

  逆に北朝鮮政府が勝手に韓国の蛮行だと韓国政府を訴えて賠償判決が出たら、韓国政府を裁く権限が北朝鮮にあると示したことになるのだろうか???

  絶対に韓国政府は認めないだろう。
  そんな馬鹿なやり取りが公で言えるのは、自分の都合しか考えていないからではないだろうか。

  戦時中の強制労働を盾に、日本企業の財産を処分できるという判決にしてもそう。
  韓国政府北朝鮮の金正恩委員長に頭が上がらないくせに、韓国の裁判所北朝鮮の財産の差し押さえを命じたよ。

  文在寅大統領国際法を無視して、日本の場合には司法が決めたことと調整するそぶりさえも見せなかった。
北朝鮮の金正恩委員長の場合はどうなんだろう。

  恐らく南北統一という妄想だけで現実を直視できない文在寅大統領のことだから、権限を振りかざして判決をひっくり返すのはないか。

  それでなくても、韓国の検察を弱くし、自分の息がかかった人間を最高裁判長にして司法までコントロールしようとしているようなんだから。


  そのまま認めてしまえば、日本の差し押さえのケースとバランスが取れなくなり、大義名分まで失ってしまう可能性もある。

  それにしても韓国って、不思議な国だね。
  大統領の権限を与えすぎなんじゃないかな? 独裁者を養成しているようだ。

  それでいて、権力の座から降りると、一気にみじめになるどころか、悲惨の一言。

  韓国歴代大統領の末路ってメチャクチャ悲惨で、こんなに多くの大統領経験者が落ちぶれるのかというくらいだ。

  親族を巻き込んだスキャンダルも多い。簡単に見てみよう。

  @李 承晩

 
   大統領であり続けるために、大規模な不正選挙を強行したが、四月革命で失脚し、アメリカに亡命。 養子である「李康石」は一家心中により、自殺。
 この「李康石」は、副大統領だった李起鵬の実子でもあったらしい。

  A尹 潽善 (第4代)
   大韓民国第4代大統領クーデターで退任を余儀なくされる。

 軍法会議で懲役3年の判決。

  B朴正熙(第5〜9代大統領)
 
    恨みを持っていた側近の金氏に至近距離からピストルで銃殺される。近くにいた腹心も死亡。
    ご存知、朴槿恵元大統領のお父さんだね。

  C全斗煥(第11、12代大統領)
 
    大統領任期中にもミャンマーのアウンサン廟を訪れた際、北朝鮮の工作員による爆弾テロ事件に遭った。全氏は難を逃れたが外務大臣ら21人が爆死した事件。退任後は言論弾圧や不正蓄財の罪で、無期懲役と追徴金約196億円の判決を受けた。

  D盧泰愚(第13代大統領)
 収賄容疑で逮捕。内乱罪で懲役17年。

  E金大中(第15代大統領)
   金大中氏本人ではないが、親族のスキャンダル。在任中の’02年5月に三男が、翌月には長男と次男が、それぞれ数十億円にのぼる賄賂を企業から受け取っていとことが発覚し逮捕された。


  F廬武鉉(第16代大統領)

   贈賄容疑などで側近や親族の逮捕が相次いで、盧氏自身の逮捕も噂されていたところ、逮捕を恐れた盧氏は自宅近くにある巨大な岩から飛び降り自殺。

  G李明博(第17代大統領)
    在任中に事実上オーナーを務める会社の訴訟費をサムソングループに肩代わりさせるなど、約10億円の収賄疑惑で逮捕され、懲役15年、約13億円の罰金を科せられた。

  H朴 槿惠(第18代大統領)
    前大統領である朴槿恵氏は国会で弾劾訴追案で大統領としての職務が停止した。
    特別検察官が国政介入疑惑における収賄を認定され、憲法裁判所が罷免を決定。朴槿恵氏は逮捕され現在も収監されている。


   ほとんどの大統領が逮捕されたり、自殺や他殺で死んでいる。こんな国ってあるだろうか?

   今回も大統領候補とも言われていたソウル元市長がセクハラで自殺。他にも有力政治家がセクハラなどで退場。

   もっと不思議なのは、セクハラをしたと訴えられて公務を放棄し、その後自殺した元市長を税金を使って葬儀をしたこと。
しかも当の本人はセクハラは犯罪と言う事を韓国社会に知らしめたと言われる人物。
  
  ソウル市長になる前は人権派弁護士と活躍していたらしいが、表の顔と裏の顔は違うと言う事か?

  実は文大統領も釜山で人権派弁護士として活動している過去がある。
でも元弁護士なのに文大統領国内法国際法の違いもわからない外交音痴なんだから、韓国の場合は当てにならないね。

  いや〜、どういう頭の構図をしていたら、市民を裏切った市長を税金を使って葬儀しようと言う発想になるんだろうね? 理解に苦しむ。

  それにしても権力を握っている時は絶大なパワーを有するけど、一旦その大統領の座からおりると甘い汁を吸ってきた関係者と共に逮捕されるケースが多いね、韓国の大統領って。

 それだけ、裏では好き勝手やってきたということだろう。
  だけど、韓国ではまたそんな事が繰り返されるんだろうな。

 もう1つビックリしたのが、「韓国政府北朝鮮に支払うことになっている、金正恩の動静北朝鮮の情勢などを伝える映像の使用料や著作権料などを凍結・差し押さえる」という文言。

 韓国って、継続的に北朝鮮に著作権料や情報料なるものを払っていたんだぁ。
 韓国北朝鮮から自国を攻撃されたこともあるし、実際裁判で賠償金命令が出ているけど、こんな支払いがあったのか。
 
 北朝鮮国際的に制裁を受けているけど、裏では色々やってそうだね、韓国は。
 



posted by 世界好奇心 at 09:31 | gidoのコラム

金融リテラシーは絶対必要

証券アプリで自殺



 【AFP=時事】証券アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」で、73万ドル(約7800万円)を失ったと思い込んだ若者が自殺したことで、ミレニアル世代の間で人気を集める同アプリに厳しい目が向けられている。

 米シカゴ在住の証券アナリストで、ロビンフッドでオプション取引を行っていたアレクサンダー・カーンズ(Alexander Kearns)さん(20)は6月12日、自身のロビンフッドの口座残高がマイナス73万ドルとなっているのを見て、自らの命を絶った。
 

 家族は、実際には口座残高はプラスだったと考えており、ロビンフッドが複雑な取引について十分な説明を行わなかったため、カーンズさんが数字を誤解したと訴えている。


 ロビンフッドはカーンズさんの死について直接のコメントは避けている。

 だが、同社の手続きに詳しい関係者は6月25日、オプション取引では実際にはプラスでも表示はマイナスになることがあると説明した。

 ロビンフッドの共同創業者であるブラッド・テネブ(Vlad Tenev)氏とバイジュ・バット(Baiju Bhatt)氏はブログに6月19日、「個人的に非常にショックを受けた」と投稿。

 オプション取引の要件の見直しや教育の充実、アプリの使いやすさの向上を約束した。


 両氏はまた、全米自殺防止財団(American Foundation for Suicide Prevention)に25万ドル(約2700万円)を寄付すると発表した。


 2013年に設立されたロビンフッドは、米金融業界の民主化を掲げ、売買手数料無料をうたっていた。
 
 同社は5月上旬、新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)によって、新規顧客が急増し、口座数が1300万件となったと発表していた。

 ■簡単すぎとの批判も
 しかしロビンフッドに対しては、カーンズさんの悲劇が起こる以前から疑問の声が上がっていた。
 

 最も多かった批判は、一般投資家に対する保護が十分ではないというものだ。

ロビンフッドは若くて経験不足でお金も持っていない投資家が、十分な知識や経験があるとは言えない状態でリスクの高い投資を行うことを容易にし過ぎている」と、金融リテラシーサービス「ライズアップ(ReisUP)」の創業者で公認個人資産運用プランナー(CFP)のタラ・ファルコン(Tara Falcone)氏は指摘する。

 ロビンフッドは、それに伴うリスクを警告することなしにビットコイン(Bitcoin)のような仮想通貨での投資を認めたと、ファルコン氏は述べた。

 カーンズさんの自殺後に出された同社の声明は、改善が見られることを示唆しているものの、さらなる改善の余地があるという。

 「投資へのアクセスの民主化という使命は素晴らしい。ロビンフッドはその達成に向けて実際に素晴らしい働きをしてきた」とファルコン氏は語る。

 「この種の自由には多くの責任が伴う。責任の一部は個人投資家の肩にかかっているものもある。しかし、ロビンフッドもまた、自社の利害関係者に対し責任を負っている」 【翻訳編集】 AFPBB News』


  証券アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」で、オプション取引を行っていたアレクサンダー・カーンズ(Alexander Kearns)さんが自殺した。

 ニュースによると、多額の借金を作ったと勘違いしたようだ。

 オプション取引では実際にはプラスでも表示はマイナスになることがあるらしく、実際はマイナスではなかったのではないかと言われている。

 そうなると、証券アプリの数字で勘違いして自殺したことになる。
スマホのアプリは便利で、資産構築へのアクセスしやすくなった点はいいが、反対に金融リテラシーがない人に簡単に多額の金が動かせるようになり、借金もしやすくなった面もある。

 ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨もリスクを警告することなしに認めていたと言う。

 いくら便利でも投資はリスクが伴う。そういうリスクも理解しながらやらないといけない。
             

posted by 世界好奇心 at 00:16 | gidoのコラム

AIでマグロを買い付ける時代

AIで特上マグロを見つける 


 『回転すしチェーンを運営するくら寿司は7月7日、AIの画像解析技術冷凍天然マグロの品質を判定するシステム「TUNA SCOPE」を、キハダマグロの買い付けに導入すると発表した。

 尾の断面を専用のスマートフォンアプリで撮影すると、その品質を3段階で評価する仕組み。最高ランクの個体だけを仕入れて調理し「極み熟成AIまぐろ」(2貫で税込220円)として7月10日から期間限定で販売する。

 AIが選んだマグロを使った寿司

  新型コロナウイルス感染拡大に伴って、マグロの「目利き」(目視での品質判定)を担う職人が、国内外の原産地や加工場に足を運べないことを踏まえた取り組み。

 職人が立ち会わなくても、水産会社のスタッフなどがマグロにスマホをかざすだけで品質が分かる他、結果のデータを関係者間で素早く共有できるため、コロナ禍でも高品質なネタを提供できるとしている。

 くら寿司の田中信副社長は「コロナ禍によって職人の移動が制限され、品質判定が難しい状況になっている。事態が長期化した場合は、人気のすしネタを安心して提供できないと考え、TUNA SCOPEの導入を決めた」と説明する。

 新商品については「熟練の匠の技とノウハウをAIが受け継いだことで、他の回転ずしでは絶対に味わえないすしが誕生した」(田中副社長)という。

 職人の評価と90%一致

 TUNA SCOPEは、電通、電通国際情報サービス、双日が2019年に開発。マグロの断面画像熟練の職人による評価を、ディープラーニングの技術で大量に学習させたAIを使っている。

 スマホをマグロにかざすと、身の締まり具合や脂の乗り方を分析し、A(特上)、B(上)、M(普通)の3段階で評価する。


 評価は数秒で完了し、結果の約90%が目利き職人の評価と一致するという。

 TUNA SCOPEは、19年度に水産庁の支援事業に採択され、一部事業者が試験導入。
 AIが目利きしたマグロニューヨークやシンガポールで売られるなど評価を高めているが、大手回転すしチェーンが導入するのは初めて。

 くら寿司 購買部マネージャーの大濱喬王さんは「従来は、職人が一人前になるには10年以上の経験が必要だった。TUNA SCOPEを使うと、特定の職人を介さなくてもAIが正確な判断を下せるため、ベテランへの過度な集中を防ぎ、作業をスピードを上げる効果も見込んでいる」と話す。  「

 これまでは、より良いマグロを獲って高く売りたい漁師と、安定した価格でおいしいマグロを買いたい仕入れ側の間で、求める品質にギャップが生じるケースがあった。

 今後はAIによる定量的な評価を示すことで、これを改善したい」(大濱さん)


 セルフレジ導入も進める

 くら寿司は当面の間、双日の取引先である水産会社に絞ってTUNA SCOPEを提供し、判定する魚種をキハダマグロに限定するが、成果を踏まえて企業と魚種の拡大を検討する。

 今秋からセルフレジの配備を進め、客と店員の接触が少ない店舗運営も目指す。

 田中副社長は「コロナ禍において、おいしい寿司を継続して提供するには、漁業者や仕入れ先など、皆さまに納得していただけるビジネスモデルが大事。

 今後も先進的な取り組みを進めていく」とした。』

 


 AI(人工知能)の開発は進んでいたけど、このコロナウイルスの影響で一気にテレワークやAIの利用が格段に広がった感じがするね。

 AIは莫大なデータを分析するんだけど、熟練された職人と90%一致するとなると、新米の見習い職人よりよほど目利きが効いていると言う事。
それって考えてみれば凄い事だよね。


 これまでは親方や先輩について何年もかけて身に着けた経験値が、AIを搭載したTUNA SCOPEをマグロにかざすだけで、特上マグロが見分けられるようになると言うんだから。

 画期的と言うか、何というか。
このTUNA SCOPEを使えば誰でもおいしいマグロを見分けられると言う事。
これってマグロの目利きだけにとどまらないよね。

 マグロの良し悪しが見抜けるんだったら、他にも莫大なデータさえあれば、似たようなものが作れると言うことだよね?

 今まで何年も修行してやっと身に着けたものが、機械1つで何十年もの時間を短縮できたとしたら凄い事だよ。タイムスリップ

 それだけじゃなく、熟練の職人が自分の目で確かめなくても機械さえ送れば、他の人が結果を教えてくれて買い付けできる。
そうなると、今までの業界の常識が覆される事例があちこちに誕生するだろう。

 これからの時代、そういう事例がたくさん出てくるんだろうな。
 企業だって生き残りをかけてコスト削減を実施していきたいだろうから。

 となると、我々人間はそれ以外の事をしっかり考えて戦略を練るようにならなければ、存在価値さえ怪しくなってしまうね。
            

posted by 世界好奇心 at 03:01 | gidoのコラム

日本の情報戦略じゃ世界に取り残される

台湾は情報処理リーダー



 『台湾新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いだけでなく、「インフォデミック(噂やデマを含む大量の情報の氾濫)」によるネット上の偽情報との闘いでも最前線に立ってきた。

   中国政府が主導して矢継ぎ早に放つ情報に対処するうちに、台湾偽情報の特定・処理において、世界的リーダーへと成長した。  

   型破りで、世界有数のソフトウエア開発者である唐鳳デジタル担当大臣は英日曜紙サンデー・テレグラフのインタビューに対し、「人口の大半がこれほどの情報にさらされ偽情報を植え付けられれば、情報の集団免疫を作れる」と述べた。

 「これが台湾モデルだ。ロックダウン(都市封鎖)なしで新型コロナウイルスと闘ったように、インフォデミックに対しても情報の削除なしで挑む」。

  唐氏は元ハッカーで、35歳だった2016年、最年少かつ初のトランスジェンダーとして入閣し、歴史に名を刻んだ。その知能指数(IQ)は180とも伝えられている。

 最初の任期では蔡英文総統の顧問を務め、対偽情報の国家戦略をけん引してきた。

 またネット上の偽情報を特定し、対抗する方法を子供たちに教える学校の新カリキュラムを強く支持してきた。

 新型ウイルスが大流行するとソフトウエア・エンジニアらと協力し、人工知能(AI)を使って地元のマスクの在庫状況が確認できるリアルタイムのマップや、新型ウイルスに感染した可能性のあるクルーズ客船の乗客が訪れた場所をピンポイントで示す警報システムを作成したとして称賛された。

 台湾では今年2月、マスクの素材がトイレットペーパーの原料と同じだとする偽情報が拡散され、トイレットペーパーの争奪戦を引き起こした。  

 台湾政府の行動は速かった。蘇貞昌行政院長(首相)が尻を振りながらトイレットペーパーとマスクは別の素材を使っていると説明するユーモラスな動画を拡散し、偽情報を封じ込めた。

 唐氏は「一度笑い飛ばしてしまうと、市民はこのような陰謀論に対して大きく反応しなくなる」と述べる。「実際に、トイレットペーパーのパニック買いは数日以内に収まった」

 この出来事は「ルーモア(うわさ)ユーモアで制する」唐氏の対偽情報戦略を示す典型例だ。

 なお、偽情報を拡散したのはティッシュペーパーなどの生活用品を販売するグループのメンバーで、現在は訴追されている。

 しかし中国政府が主導するネット上の情報拡散は、まだ日が浅い台湾の民主主義にとって大きな挑戦となっている。  

 ツイッターは今月12日、中国共産党と関連がある「情報操作」拡散作戦に使われた大量のアカウントを削除したと明らかにした。

 また豪シンクタンク、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)中国のプロパガンダについて、最大の目的は香港の民主化運動を妨げることで、新型ウイルス大流行中国側の領土主張に対し、台湾世論に影響を及ぼすことも目的の一つだと結論付けた。

 台湾は長年、民主的に選ばれた政府を損なおうとする中国からの軍事的な脅迫やサイバー作戦にさらされてきた。

 昨年、報道の真偽を検証する非営利のウェブサイト「台湾ファクトチェックセンター」台湾市民に対し、香港で「暴漢ら」を買収して警察官を殺害する目論見があるとする偽情報ソーシャルメディアに投稿されたと警告した。

 唐氏は「それより特筆すべきなのは、何百万人もの市民が無償で時間を割いて、疑わしいと思う情報を知らせてくれたことだ」という。

インターネットを遮断すれば、ソーシャルメディアの偽情報はなくなるだろう。しかし台湾パンデミックインフォデミックのただ中に、自由民主主義の強化に成功した。

 他の自由民主主義国ともそれを共有したい」【翻訳編集】AFPBB News』


 台湾中国の情報操作の最前線に立ってきた。
 

 中国台湾中国の一部との主張で、台湾独立派を抑えたいから台湾民衆の群衆操作もしてきたんだろうね。

 そんな中に最年少の天才ITを大臣にして効果を発揮してるという。
 その唐鳳デジタル担当大臣は、元ハッカートランスジェンダー
 

 日本だとその経歴などから足を引っ張る勢力もいるかもしれないけど、IT能力を評価して大臣として入閣させるなんて台湾って素晴らしいね。

 実際、台湾を救った実績を出しているし。


 ハッカーって多くの人が悪いイメージを持つけど、ホワイトハッカーと言って「悪意を持つハッカーからの攻撃を防いだりする活動を行うエンジニア」がいる。

 その一方で、アメリカなどでは悪いハッカーを構成させてホワイトハッカーにすると言うことも行われているようだしね。
 ITの知識はもちろん、セキュリティーを破るハッカーの気持ちなどもわかるから一石二鳥。

 これからは派閥の論理で大臣を決めるのではなく、本当に知識がある人を適材適所に置いていくようにしていかないと、日本はどんどん世界から離されて、沈没していくだけだよ。


 20世紀とは戦う土俵が変わってきているんだから、従来の考え方では戦えない。


 事実、日本企業で世界に誇れるIT企業があるだろうか?

 Google,Amazon,Microsoft,Apple,Facebook,テンセント、アリババ、百度、ファーウェイ
 韓国だってSumsungが頑張っている。日本人がよく使っているLineだって韓国企業だしね。

 アメリカ中国に大きく水をあけられ、情報を握られると国防にも影響してくるってことをもっと日本人は理解すべきだよ。
                 

posted by 世界好奇心 at 13:44 | gidoのコラム

ダークウェブの深い闇

ダークウェブサイトと拳銃自殺



 『月曜日の朝8時頃、「パンッ」という乾いた音が、東京・八王子の住宅街の一角に静かに響いた。十数分後、けたたましいサイレンとともに救急車や警察車両が現場に到着し、週の始めの早朝の住宅街は、またたく間に物々しい雰囲気に包まれた。


 一軒家の2階の自室で、頭から血を流す高校1年生のTさん(15才)が発見されました。事件性はなし。警察はすぐに自殺と判断しました。自ら左のこめかみに拳銃の銃口をあて、引き金を引いたようです。銃弾はTさんの頭部を左から右に貫いていました」(全国紙社会部記者)


 Tさんは母親と姉との3人暮らし。外務省に勤める公務員だったという父親は2年ほど前に病気で他界したという。

 「Tくんは中学生の頃から引きこもりがちで、この春に進学した私立高校も、週に3日だけ登校すればいいという通信制コースでした。お母さんが熱心に勉強や生活をサポートしていましたが、Tくんが5月に腹痛を訴えて病院に行くと、難病の『潰瘍性大腸炎』だと診断された。悩んでいたのかもしれませんね」(Tさんを知る関係者)

 何より世間を驚かせたのが、普通の高校生だったTさんが拳銃を所有していたということだろう。

 「倒れていたTさんのすぐ脇に落ちていたのは、回転式拳銃一丁。いわゆるリボルバーです。アメリカの銃器大手『スミス&ウェッソン』社製で、銃身が銀色のタイプ。 弾倉には数発が装填されたまま残っていました」(捜査関係者)

 日本で銃器犯罪が起きた場合、まず疑われる入手ルートは暴力団関係者が関わる「銃器マーケット」だ。海外マフィアなどから日本の暴力団関係者が入手し、裏マーケットで人知れず流通・売買が行われているという。

 過去に銃器の売買に関わったことがあるという暴力団関係者によると、「最近の拳銃の相場は1丁で50万〜70万円」だという。

 前出の捜査関係者が続ける。
「すぐにTさんの家族や周辺に暴力団関係者がいるかどうか捜査しましたが、まったく浮かび上がってこなかった。Tさんが日本の闇マーケットから入手した可能性はほぼゼロだと判断できます。

 となると、残された可能性は、『ダークウェブ』と呼ばれる闇サイト経由で入手したとしか考えられません。
 

 現在、警察はTさんのパソコンなどから入手ルートを洗っていますが、ダークウェブを通じて手に入れたとなると、入手先を特定するのはかなり困難だと言えるでしょう」

 ダークウェブとは、普段私たちが利用しているインターネットとは違い、高度に暗号化された匿名性の高いネット空間のことだ。

 グーグルやヤフーなどの検索エンジンでは見つけることはできず、特殊なツールを使って初めて辿り着くことができる。


 ダークウェブに詳しい専門家が話す。
ダークウェブ上にも、通常のウェブ上のフリマサイトのような『マーケットプレイス』が存在します。規模が大きく名前が知られているもので、20〜30ほどあるでしょう。
 

 そこでは携帯電話番号やクレジットカードの暗証番号などの個人情報のリストや、覚せい剤などの違法薬物、拳銃などの銃器が平然と売買されています。

 アクセスしている人の情報は暗号化されているので、特定される心配がなく、犯罪集団による違法売買がまかり通っているんです」
 

 専門家のガイドによってダークウェブ上のマーケットプレイスをのぞいてみると、すぐにTさんが使用したスミス&ウェッソン社製のリボルバー拳銃も見つかった。


「出品者とのやり取りは、普通のフリマサイトと同じです。欲しい商品があれば、マーケットプレイスのメッセンジャーでやり取りをして、品質をチェックしたり、価格の交渉などをします。

 出品者の素性は知れないですが、過去の出品に対する評価が★などで表示されているので、それで信頼ができる出品者なのかは判断ができます。


 ためしにアメリカから出品されている外国発送用の拳銃を見てみると、10万円ほどと安いものから100万円を超えるものもあってピンキリです」(前出・ダークウェブに詳しい専門家)
 

 ちなみに、ダークウェブ上での決済には、個人情報が漏れるクレジットカードはもちろん使えない。仮想通貨を使うことがほとんどで、「最近は有名な『ビットコイン』だと足がつくので、匿名性の高い仮想通貨『モネロ』を使うことがほとんど」(前出・ダークウェブに詳しい専門家)だという。


「Tさんの場合も、ダークウェブで注文し、モネロで決済して、アメリカからの国際郵便リボルバーと実弾を手に入れたのでしょう」(前出・ダークウェブに詳しい専門家)
 

 いまやインターネットの知識と10万円ほどのお金があれば、普通の高校生でも簡単に拳銃を入手できてしまう時代なのだ。

 ダークウェブ上を探していくと、拳銃どころか、マシンガンやロケットランチャーといった物騒なものまで流通している。


「Tさんは中学校時代に不登校だったときは、パソコンでFPS(ファーストパーソン・シューティング)と呼ばれるガンシューティングゲームに熱中していました。また、学校には行かなくても、家の近所にある英会話教室には熱心に通っていた」(前出・Tさんを知る関係者)

 銃に親近感があり、ダークウェブ上での英語でのコミュニケーションもできれば、本物の銃を入手することなど、たわいもないことだったのかもしれない。

 Tさんの拳銃自殺の背景には、底知れない“闇”が広がっている。』


 15歳の高校生が自殺した。
それはそれで痛ましい事件なのだが、それ以上にその自殺の方法がもっと注目されている。

 なんと拳銃自殺だったのだ。
 日本で拳銃を手に入れられるのは反社会勢力の暴力団しかないと言うのが常識。
でも、警察の調べで暴力団との関係は見つからなかった。

 その他の選択肢はというとダークウェブサイト
 ダークウェブとは、普段私たちが利用しているインターネットとは違い、高度に暗号化された匿名性の高いネット空間のことだが、表に出たらまずいような犯罪に関する売買がなされているという。
しかし、その方法までにはいくつもの壁がある。

 先ず、ダークウェブサイトに入る手段を調べて、そこにアクセスしなければいけない。特殊なツールが必要だし、多少なりともITの知識が必要になる。ほとんどの日本人はダークウェブにアクセスしたことがないだろう。

 次に海外サイトにアクセスするには英語など語学力も必要となる。今はGoogle翻訳などもあるが、それでもある程度の語学力はないと不安だろう。

 3つ目の壁は決済方法
 犯罪者が取引するダークウェブサイトで名前など個人情報が特定できるクレジットカードなどは使えない。そもそも高校生だからクレジットカードを持っていない可能性の方が高い。

 そこでよく取引されているのが仮想通貨(暗号通貨)
 ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの電磁上のマネーだ。

 ビットコイン仮想通貨として有名だけど、足がつく可能性がある。それはつい追跡可能なブロックチェーンを採用しているから。

 仮想通貨(暗号通貨)は何千種類もあるが、それぞれ用途や特徴が違っている。

 記事にも出てくるMonero(モネロ)は匿名性に優れており、誰が払ったかがわからない。だから、闇の世界では、モネロを利用するのが一般的のようだ。

 ただ、ここでもう1つ壁がある。日本にも仮想通貨取引所はいくつもあるが、現在日本でモネロを取り扱っている仮想通貨取引所は1つもない。

 以前コインチェックが取り扱っていたが、2年前に廃止となった。それは、日本の仮想通貨取引所は認可制で、犯罪にも使われる可能性が高いモネロがあったら、日本政府が許可しなかったからだろう。

 モネロのように匿名性に優れている仮想通貨は、今後も日本ではほぼ取り扱いしないと思った方がいい。日本政府が指導して従わなかったら、仮想通貨取引の認可を取り消すから。

 となると、自殺した高校生がモネロで払ったとすると、どこでそのモネロを手に入れたか。

 海外の仮想通貨取引所BinanceやHitBTC,Poloniexなどだったらできる。
但し、海外仮想通貨取引所では直接日本円からは購入はできないので、一度日本でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など有名なコインを日本円で購入してから、海外仮想通貨取引所へ送金

 その送金したビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を使って、モネロ(Monero)を購入すると言う手間がかかる。

 きちんと調べればそれほど難しいわけではないけど、英語での画面や説明に嫌悪感を示す人も多いのも事実。 それに送信アドレスなどを間違えてしまえば、全部パー。先ず、誤送信した仮想通貨(暗号通貨)は戻ってこない。

 そのモネロ(Monero)を使って、拳銃を購入したとなれば、それは幾つかの壁を乗り越えたということ。

 しかも、拳銃なんか普通に輸入などできないから、特殊な方法で密輸し、何らかの方法で自殺した高校生に届けたことになる。記事では国際郵便などと書いてあるが、それだと税関で止められてしまうのではないか。


 まあ、不登校でずっと家にいたようだから、こっそりと拳銃を受け取ることもできたのかもしれない。

 それにしてもこれだけのことを高校生がやってのけたということに、闇の深さを感じる。
 これだけの知識と実行力があれば、そこそこ人生が開けたようにも思うんだけどな。

 この自殺事件は単なる自殺事件ではなく、日本も銃社会になってくる可能性もある。また、ダークウェイブサイトを取り締まれないと、こういう自殺事件だけじゃなく、暗殺のような犯罪も多くなっていくだろう。

 考えてみれば非常に怖い社会になってきているとも言える。

      

posted by 世界好奇心 at 18:15 | gidoのコラム

ドローンは〇〇からヒント

生物研究は先端技術に役に立つ



 『私たちの生活は、日頃気づかないところで生き物の恩恵を数多く受けています。例えば、この時期は迷惑な存在である蚊。どうして暗いところを飛んでも壁にぶつからないのでしょうか?

 その飛行メカニズムがさまざまな分野で研究されています。

  蚊は6月3日『多田しげおの気分爽快』では、こうした生物の動きを応用した技術について、千葉大学大学院工学研究院助教の中田敏是先生に聞きました。

  暗闇で飛ぶ蚊
中田先生「飛ぶ時には、自分で羽ばたくことで気流が起きるんですね。で、壁とか床に近づくとその気流が歪むんですよ」

歪んで跳ね返ってきた、その空気の流れを触覚で感じ取ることで、障害物のありかを検知するそうです。

 蚊の触覚には非常に敏感なセンサーが入っていて、気流の歪みを読み取り、30ミリ〜40ミリ向こうの障害物がわかるんだとか。

 中田先生「蚊の胴体は約4ミリ。蚊は体の長さの10倍ほど先の障害物の位置を把握しながら飛んでいるということが、私どもの研究でわかりました」

 ドローンコウモリの共通点
この蚊の研究があるハイテク技術に応用できるんだそうです。

 中田先生「ドローンの場合、コウモリのようにエコロケーションで壁の位置を図るってことをやってるんですね」

 エコロケーションとは日本語で反響定位といい、音の反響を受け止めて周囲の状況を知ることです。
 コウモリは自分が出す超音波の反響を聞くことで、洞窟などでもぶつからずに飛ぶことが出来ます。

 ドローンは飛行時にその仕組みを利用し、障害物にぶつからないようにしているそうです。

よりシンプルに
そして、先ほどの蚊の話に。

 中田先生「ドローンが飛ぶと、蚊と同じで、やっぱりプロペラから気流が出るんですよ。で気流が壁や床に当たるとやっぱり歪む。その歪みをドローンでに載せた(空気の)圧力センサーで検知して障害物の位置を見つけられます」

 障害物を避けるために、超音波を使うのではなく、圧力センサーを載せるメリットは何なんでしょうか?

 中田先生「わざわざ超音波を出す必要はないんですよね。もともと飛ぶって言うことは気流を乱すってこと。飛んでるからには、気流の歪みは必ず起きるものなんです。それを検知していればいいので、少しシステムをシンプルにできるんですね」


 オナモミ&フクロウ


 この他にも、我々の身近には、生物からヒントを得たものがありました。

中田先生「マジックテープってご存知ですかね?あのベリベリって剥がすやつ。あれは、植物のひっつき虫オナモミってあるじゃないですか」

 マジックテープは、ひっつくけど、うまく剥がれるオナモミの性質を利用しているんだそうです。

 さらにフクロウも。

フクロウ
は音もなく飛行して獲物を捕獲します。静かに飛べる秘密は羽の特殊な形状。

中田先生「新幹線とかのパンタグラフ、あの電気を取るところ。あそこから出る騒音を、フクロウの羽の形を真似した構造にして音を減らしたっていう研究も行われています」


 新幹線(500系)に乗ることがあれば、パンタグラフをよく見てみて下さい。支柱側面には羽みたいな模様の微妙な突起物があります。


 新幹線の顔カワセミ


 昔の新幹線は鼻が丸くて可愛らしい顔をしていましたが、今はどんどん鼻が長くなってきています。あれにも理由がありました。

 新幹線の開発者が、新幹線がトンネルに入る時に凄く大きい音が出るために困っていたそうです。そこで参考にしたのがカワセミ

 カワセミは水に飛びこんで魚を取る鳥です。

 中田先生「カワセミが空中から水に飛び込む時に、波が起きると魚が見えなくて困るじゃないですか。で、波が出ないように飛び込んでいるとわかったんですね。カワセミの嘴の真似をして新幹線の形を作ったら、トンネルに飛び込む時の音がすごく静かになったんです」

 私たちの周りには、様々な生物からヒントを得た技術が使われているんですね。 
(尾関)』

 

 様々な動物から、現在の先端技術の開発が進んでいるんですね。
 
 蚊の研究からドローンの普及に一役買いそうだとのこと。
 

 気流で障害物を避けている蚊の生態を調べて、それをドローンにも応用しようと言うもの。
 ドローンは過疎地域にも空から物が届けられるということでAmazonなどで実用化がされつつある。
 
 道経由では遠回りだったり、険しいルートだったとしても、空だと最短距離で届けられ、人件費的にも節約できる。
  

 その一方で、ドローンが障害物にぶつかったりすると、荷物が届けられないばかりか、損害賠償をしなければならなくなる可能性も。
  

 そういう不具合を解消していく研究が自然界の生物たちだ。

 その他にもフクロウカワセミなどの生態が、我々の身近なものに利用されているというのがわかった。

 本当に自然界って凄い。
 

 IT技術が進歩しても、自然界から学ぶことはまだまだ多いということだね。
 

posted by 世界好奇心 at 12:28 | gidoのコラム

南極やシベリアから蘇る生物

4万年から蘇る生物
 



国際連合(UN)は、2019年5月に発表した報告書で「自然環境が減少し、生物多様性が破壊されることで、今後数十年のうちに、およそ100万種の生物が絶滅するおそれがある」と警鐘を鳴らしている。

 その一方で、近年の研究では、氷河や永久凍土の中で長期間にわたって休眠していた生物がよみがえる例が確認されている。



 ■ 南極1600年前のコケが再生した 2013年6月13日に学術雑誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で公開された研究論文によると、加アルバータ大学の研究チームが、カナダ最北部エルズミア島で融解がすすむティアドロップ氷河において、1550年から1850年までの小氷期のものとみられるフトヒモゴケなどのコケ植物を採集した。

 採集したコケ植物の多くは黒く変色していたものの、緑の部分も確認されている。

 適温に保たれた日当たりのよい大学の研究室に試料として持ち帰り、養分豊富な土壌に茎や枝の組織を移植したところ、およそ400年にわたって氷に埋まっていたコケ植物が再生した。

 2014年3月には、英国南極研究所(BAS)の研究チームが、南極のシグニー島の永久凍土に埋もれていたコケ植物を再生させることに成功した。

 このコケ植物は1533年前から1697年前のものと推定されている。

 この研究論文の責任著者である英国南極研究所のピーター・コンヴェイ博士は、米紙ワシントン・ポストの取材に対し、「永久凍土の環境は非常に安定しており、凍結と融解の周期変化やDNA損傷をもたらす放射線など、地表でのストレスからコケ植物を隔離する。数百年前のコケ植物が再生したことから、生物が氷河期を耐えるうえで、氷河や永久凍土が役立っているのかもしれない」と述べている。


  ■ シベリアで3万年前から4万年前の線虫も活動を再開

  より古代の多細胞生物が、長い年月を経てよみがえった例もある。2018年7月に公開された研究論文によると、露モスクワ大学米プリンストン大学らの共同研究チームがシベリアで実地調査を実施。

  北東部のコリマ低地で更新世の永久凍土の堆積物から3万年前から4万年前の線形動物(線虫)を採集し、室温20度の研究室で育てたところ、活動を再開させたという。

  環境破壊地球温暖化によって多くの生物が絶滅の危機にある一方、極地では、コケ植物や線虫、微生物など、氷河や永久凍土の中で長年休眠していた生物たちがよみがえっている。

  これらは、生物が持つレジリエンス(困難な状況でもしなやかに適応して生き延びる力)を示すものとして注目されている。』


  絶滅寸前の生物がよく取り上げられているが、その一方で4万年前から蘇る生物もいることがわかった。
 

  ロシアのシベリアで発見された線虫が蘇ったことがあるという。
 
  氷河や永久凍土では死んだのではなく、冬眠?していた生物がいると言う事だね。
 

  この記事のコケは、南極のシグニー島の永久凍土に埋もれていた1600年前のコケで、再生したとのこと。


  ということは、氷漬けしていれば生き残る生物もいると言う証明だね。
 

  絶滅寸前の動物も冷凍してロシアのシベリアや南極に埋めておけば、長い年月を経て復活する可能性はあるのだろうか?
  植物、微生物以外は難しいのかな??
 


  反対に、大昔発生した細菌やウイルスなども復活するようなことがあれば、恐怖だね。
 

  コロナウイルスの世界的流行を経験している現在、絶滅したはずの細菌やウイルスが復活することの怖さはハンパないね。

  それにしても、線虫などは休眠と死の違いがわかりにくいな。
 

  何千年、何万年も休眠できる生物がいると言うことにもビックリだね。

            

posted by 世界好奇心 at 01:42 | gidoのコラム

コロナ収束後はスマホ決済の時代

コロナとキャッシュレス



 『ITニュースサイトのTechCrunch(テッククランチ)は、グーグルが開発中のデビットカードグーグル・カード」の画像を入手した。

  これはバーチャルカード現物のカードを兼ねた商品で、銀行各社と提携して立ち上げられる見通し。

  1年ほど前に発行が開始されたアップル・カードと非常に似たサービスだ。

  グーグル・ペイでは現在、従来の決済用カードを登録した上でのオンライン決済と個人間の支払いのみが可能だ。

  グーグルが独自のカードを発行することで、グーグル・ペイは大幅に普及し、同社は成長分野であるフィンテックで主要プレイヤーとしての地位を確立するだろう。

  テクノロジー企業は、以前から電子決済への参入を検討してきた。

  電子決済が社会の中でかつてなく大きな役割を果たすようになっている中、銀行主導の改革努力はそれに追い付いておらず、電子決済の仕組み作りにおいてはテクノロジー開発に特化した企業が主導権を強めている。

  テック企業がさまざまな形でトレンドを生み出している一方、銀行の対応は順応努力にとどまり、多くの場合は大きく遅れを取っている。

  新型ウイルスの流行終息後の世界では、硬貨や紙幣が新型コロナウイルスなどの病原体を媒介することを恐れ、現金のやり取りを拒否する人や組織が増えることは間違いない。

  それにより、電子決済の分野で地位を確立することの重要度は増すだろう。
  今は、ユーザーの習慣や嗜好の中心的位置を確保する絶好のチャンスなのだ。

  実際に一部の人々は、米国で広く普及しているペイパル傘下のVenmo(ベンモ)、あるいはZelle(ゼル)、Swish(スウィッシュ)、M-PESA(エムペサ)のような形での電子決済を実現する公営システムの開発を呼び掛けている。

  新型ウイルスの流行終息後にキャッシュレス化が進む見通しとなった今、スウェーデンでしばらく前から行われているような大規模な仮想通貨実験を実行し、新たな習慣を導入するチャンスが生まれている。

  その中で、アップル、グーグル、アマゾン・ドット・コムなどのキャッシュレス店舗を持つテック大手は重要なプレイヤーとなることだろう。

  これは、コモディティー化が一層進む銀行にとって非常に難しい課題となる。』


  日本は先進国でありながら、いまだに現金払いが中心の国。

  中国や韓国などではスマホでQRコード払いなどが普通の店でも見られる。

  日本だとキャッシュレスと言えば、クレジットカードが主流ではないだろうか。
  そのクレジットカードもある程度は普及しているが、使用頻度が高い人とそうではない人の差は大きい。

  クレジットカードには審査と言う物もあるしね。それでデビットカードを使う人も増えているのかな。

  最近ではPaypayを扱う店も増えてきたけど、利用客は他国と比べると、まだまだという気がする。

  ところが、現金主義の日本人コロナで少し様子が変わってきた。
 

  コロナウイルスが社会的大問題になり、ドアノブや手すりなどにも消毒するという風潮になってきた。
 そして注目されてきたのが、お札だや硬貨などのお金だ。

  現金主義の日本人の多くは買い物時にお金を触る。

  そのお札や硬貨にコロナウイルスがついているのではないかと気にする人が増えてきたのだ。

  先日も、人数を減らして対応している信用金庫にお札を交換してほしいなどいう緊急でない要件が増えてまいっているというニュースが載っていた。

  ウイルスと言う目に見えない敵が現れたことで、非接触型の支払い方法が注目されてきている。
 それでいうとクレジットカードも駄目。
 

  スマホQRコードを読み取って支払えるタイプが、コロナウイルス収束後に広がっていきそうだ。
 クレジットカードだと店舗が利用料などを負担するわりに支払いは遅いが、スマホ決済なら手数料も格安。

  円やドル、ユーロなどの法定通貨だけでなく、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)リップル(XRP)などの仮想通貨(暗号通貨)での支払いもできるようになるだろう。

  日本発祥の仮想通貨モナコイン(Monacoin)なども加わるんじゃないかな?
  応援すると言う意味でもね。

  QRコードでのスマホ決済はまだあまり日本人に馴染みがないだけで、将来的に普及してくるのはほぼ間違いない。

  カードでの支払いだと店側にとって機械など経費もかかるし、使用者側からしても海外でスキャニングされて被害に遭う事件も起きているしね。

  世界各国で仮想通貨で支払えるようになれば、空港で両替する必要もなくなるかもしれない。
 

  レートが悪い空港で両替しなくても、現地のタクシーやバスなどがスマホを使って仮想通貨ドルやユーロなどのハードカレンシーで支払えるようになれば、凄く便利になる。
 

  コロナウイルス現金主義の考えが崩れ、QRコードでのスマホ決済が今後増えていくだろうね。

posted by 世界好奇心 at 15:58 | gidoのコラム

ラマダンのダークサイド


コロナとラマダン 



『【4月24日 AFP】イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」が24日、始まった。

 世界中で新型コロナウイルス対策の封鎖措置が講じられる中、家族の集まりや集団礼拝が禁じられている国もあるなど、異例のラマダンとなった。

 モスク(イスラム礼拝所)を訪れての礼拝に加え、1か月続くラマダンで最も重要とされる、日没後に取るその日最初の食事「イフタール」のために親族や友人らと集まることも、多くの場所で禁じられている。


 しかし10万人近いイスラム教徒が暮らすアジアの一部のイスラム教指導者の間では、新型ウイルス感染拡大の懸念を軽視する姿勢も見られる。

 保守的なインドネシア・アチェ(Aceh)州の有力なイスラム教団体は、政府の外出禁止令に公然と反発。バングラデシュでも、モスクへ行く人数を制限しようとする動きを聖職者らが阻止している。  

 アジアではここ数週間、宗教行事に絡む感染拡大が相次いで発覚し、大規模な宗教集会の危険性が露呈している。


 映像序盤はサウジアラビアのイスラム教の聖地メッカ(Mecca)にある、人影の消えたカーバ(Kaaba)神殿周辺、上空から24日撮影。

 中盤はインドネシア・バンダアチェ(Banda Aceh)で「ラマダン」の開始を祝う礼拝を行う信徒ら、23日撮影。

 終盤はボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボで「ラマダン」の開始を告げるため打ち上げられた花火、23日撮影。(c)AFPBB News』

 今年もラマダンが始まった。

 ラマダンとはイラスム教徒が年に1回断食をする月である。
夜明けから日没まで食べ物を食べてはいけないことになっている。
その分、夜になって食べまくるという感じなのだが。

 このイスラム教徒にとってのラマダンも今年は随分と様相が違う。

 コロナウイルスが流行っているためだ。

政府と宗教者の間でのいざこざも起きている。

 コロナ対策をしたい政府としては、集団で密集するモスクの礼拝を制限しようとしている。一方、イスラム教の宗教指導者や信者はそんなことお構いなしと言う態度の人達も。

 韓国の大邱コロナが大流行した理由が宗教からだった。
集団行動をし、人との間隔も近いからクラスターが発生しやすくなる。

 イスラム教など最たるものだ。
モスクでは何千人と言うイスラム教徒が一斉にお祈りすることもある。
もちろん前後左右、人に囲まれている。

 そんなところにコロナウイルス保菌者がいると、一気に広がる。

 だけど、宗教の中でもイスラム教徒は普段から色々な戒律のもと生活している。
男性は金曜日の午後にモスクへお祈りに行く習慣がある。

 こんなコロナウイルス流行時だから、逆に神にすがりたくなるのかもしれない。

 政府と宗教家は日本では、政府が上と思う人が多いが、イスラム教を国教としている国では政府より宗教指導者の方が身分が上と言うこともある。

 そこまでではなくても、イスラム教徒にとっては政府関係者が言うより宗教指導者が言うことの方に従う傾向があると思う。

 ましてやラマダンだ。
ラマダン明け
の日が一番怖い。

今、ロックダウンコロナウイルスが収まってきている国や都市でも、モスクコロナが拡散されれば、一気に感染者は倍増する。

 ヨーロッパ東京の例を見るまでもなく、コロナは1日に倍増するくらい急激に広がることがある。

ここはイスラム指導者が、行動制限するようにいうべきだろう。

 イスラム教信者を多数失うことになると、本末転倒だ。

          

posted by 世界好奇心 at 01:08 | gidoのコラム

電子契約の時代

GMO印鑑廃止
 




 『GMOインターネットグループは4月17日、顧客の手続きにおいて印鑑を完全に廃止し、契約は電子契約のみのペーパーレスとする方針を決定したと発表しました。

 新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が広がる中、同社グループを含む多くの企業で捺印のために出社して状況を受けたものだとしています。

 「はんこ文化」が在宅勤務の妨げになっているという指摘がある中、竹本直一IT政策担当大臣は最近、「民間で話し合ってもらうしかない」「しょせんは民・民の話だ」などとコメント。竹本氏はIT政策担当大臣である一方、「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)の会長であることで知られており、人ごとのようなコメントには多くの批判が集まっていました。


 GMOインターネットグループの熊谷正寿グループ代表(GMOインターネット会長兼社長)は15日、竹本IT相のコメントを受け、「決めました。GMOは印鑑を廃止します」「街のハンコ屋さんは、欧米と同じく公証人事業と電子署名代理店へ転換を」とTwitterに投稿。

 それから2日で正式発表という、民間のIT企業らしいスピード感となりました。

 発表によると、GMOインターネットグループは(1)サービスにおける顧客の各種手続きから 印鑑を完全撤廃(印鑑レス)(2)取引先との契約は電子契約のみとする(ペーパーレス)──という方針を策定しました(監督省庁や金融機関への提出書類等において捺印を必要とする場合を除く)。

 これを受け、まずGMOインターネットが提供するサービスで、 17日正午から顧客手続きにおける印鑑を完全撤廃しました。

 またGMOクリック証券では法人口座の解約における印鑑の廃止を発表し、GMOあおぞらネット銀行印鑑を不要にする方向。

 今後、グループで順次、お客の申し込み・解約の際の印鑑を撤廃していく計画です。

 また全ての取引先企業に対し、今後は電子契約への切り替えを要請していきます。

 GMOインターネットグループは「GMOインターネットグループでは、 不要不急の外出の自粛が求められている緊急事態にありながらも、 出社対応が求められる現状を変えていくべく、 この度、 上記(1)(2)の方針を決定いたしました。

 また、 これにより日本における電子契約の普及・発展をグループ全体で推進してまいります」とコメントしています。』


 GMOグループが印鑑廃止を宣言した。

 コロナウイルスの影響で日本でも在宅勤務が多くなったが、捺印の為に出社していたのを改善するのがきっかけ。

 契約書を紙ではなく、電子契約に切り替えるらしい。
印鑑をなくす方針は賛成だ。

 よほど大事な契約書以外は印鑑は必要ない。というか、印鑑があるために無駄な時間を過ごしているケースもある。

 先ず、印鑑を押すことによって本人確認ということになっているが、現在でも印鑑がそういう役割を負っているのかは微妙。

 家族であれば、本人の同意を得ていなくても印鑑を持ち出せる。
逆に本人であっても(免許証などで本人確認ができても)、銀行などでは届け出た印鑑が違っていれば認められないケースがほとんどだろう。

 それに最近ではオンラインで契約などをする傾向にあり、それは増々拡大していくだろう。

 店舗に行って手続きするより、ネットで契約完了すれば営業時間に左右されることもなくなる。夜中でも手続きはできることになる。

 会社としても、店舗営業は人件費だけでなく、家賃、光熱費などの経費がかさむが、ネットではそういうコストがかなり削減できる。

 そういうネット契約では捺印はネックになる。

 また、海外に出て印鑑がなかったら、契約もできない。
印鑑
を持っていたとしても契約書をコピーして記入し、国際郵便で送付しないといけない。
これは顧客にとってはかなりの負担になる。

 捺印を廃止するだけで、かなり顧客獲得に有利に影響する気がする。
印鑑日本の文化だと言う考え方もあるが、通常の契約はネットにかなり移行してくだろう。

 ネット社会では印鑑に変わる、本人確認が主流になっていくだろう。
例えば、免許証などを写真に撮って送付するとかね。

 顧客だけでなく、社内でも印鑑廃止は効率性を上げる可能性がある。
企画などの書類を下から上げる時、主任、係長、課長、部長などの印鑑をもらう昔ながらのシステムの所もあるだろう。

 そうすると、誰かが出張や休みだと書類はそのまま机の上に埋もれてしまう。
変化が激しい現代において、そういう旧態依然のシステムの所は他社に後れを取り、倒産への道を歩む可能性が高い。

 スピード感って非常に大事になって行くと思うんだよね。

 関係者全員に周知徹底するだけなら、チャットワークなどを利用して確認したらリアクションボタンなどを押せばいいだけだ。
何か意見があれば、その企画の専用板で書き込む。そうすれば、関係者全員が見て意見の交換ができる。

 決定権がある部長が発言すれば、採用か没か、採用なら後は方向性や方法など具体的に取り組める。

 書類を印刷して係長に見せてOKもらったけど、その上の課長に何か言われて書き直し、また係長から見せるなどやっていたら、どれだけ時間があっても足りない。
GMOのような大手が印鑑廃止を決定したので、これに続く企業も増えていくと思う。

 こういうのが社会に広がっていけば、逆に印鑑を要求する企業は面倒臭いと顧客からそっぽを向かれていくだろう。

 特にグローバル企業が多くなれば、印鑑の必要性を感じないはずだ。
そもそも欧米を始めほとんどの国では印鑑は使わない。
個人のサインが重要視される文化だ。

 そういう国際面からも、印鑑廃止の流れは加速していくだろう。

           

posted by 世界好奇心 at 00:59 | gidoのコラム

オンラインと暗号通貨

バーチャル競馬と仮想通貨 



デジタルの競走馬は、それぞれユニークな性格、取引履歴、勝敗記録を持ち、ナカモト、サボ、フィニー、ブテリンといった仮想通貨の有名人にちなんだ血統を備えている。


「我々は現代の賭けごととブロックチェーンの間のギャップを埋めようとしている」とUnikrnのCEOラフル・スード(Rahul Sood)氏は述べた。

 スード氏のeスポーツプラットフォーム競馬ゲームのZED RUNと提携し、イーサリアムブロックチェーンに競馬を持ち込んだ。

 このゲームはダッパー・ラボ(Dapper Labs)のクリプトキティ(CryptoKitties)で有名になったノン・ファンジブル・トークン(NFT)規格を使っている。

 競争馬はZED上で購入し、Unikrnのプラットフォームで取引できる。

 各データはイーサリアムのERC-721規格で追跡される。

 ユーザーは自身の馬小屋で馬を育てることができる。だが、ZEDで飼育できる頭数は3万8000頭に限られている。

 実際、スード氏によると、ある種牡馬は50イーサで取引された。
 市況によっては1万1000ドルに相当する。


 最初のレースは1、2週間のうちに開催される予定と同氏は述べた。
 ラスベガスの大通り競馬開催
ギャンブル
ブロックチェーンにとって目新しいものではない。

 アジアで人気仮想通貨トロン(Tron)は2019年第一四半期にdapp(分散型アプリ)で16億ドルの取引を促進したが、dappの64%はギャンブル関連だった。

 ダップレーダー(DappRadar)によると、使用率ではカジノゲームギャンブル系dappの多くを占めている。

 伝統的な競馬競馬場を愛する年配者が多いが、オンライン上のギャンブルプラットフォームは貧弱とスード氏は語った。

 Unikrnは2種類の顧客──eスポーツファン競馬好き──を1つのプラットフォームに統合できると考えている。

 ちなみにTwitchTrackerによると、ツイッチ(Twitch)では2020年1月だけでeスポーツのストリーミングは10億時間にのぼり、約400万人が視聴した。


「ユーザーは馬を所有でき、馬はレースに勝って賞を取ったり、悪い評判を集めたりする。(中略)我々は若者だけでなく、幅広い観客に対応している」とスード氏は語った。

 Unikrnは2019年5月、Twitchストリームでフォートナイト(Fortnite)などの人気ゲーム向け仮想通貨賭博を開始した。

 スード氏によるとUnikrnはさまざまなプロダクトに400万ユーザーを抱え、平均で16万人のギャンブラー仮想通貨、もしくは現金を使っている。


 バーチャル競馬のオンデマンド的な性質と開催地の多様さは、従来の競馬を上回るデジタルの特徴とスード氏は語った。

 同氏はラスベガス・ストリップシドニーのハーバーブリッジなどを競馬の開催地の例としてあげた。

 さらに現実の競馬場では限られた頭数しか走れないが、Unikrnでは一度に数十頭を走らせることができる。


 法的な課題
今のところ、プレーヤーはアメリカの41州で自分に賭けることができる。だがそれ以上はまだ調整中で地元カジノとの提携が未解決になっている。

 またUnikrnは世界43カ国で賭けが可能だ。
アメリカではスポーツ賭博は州ごとに規制されている。ライセンスを取得するには現地のカジノを所有するか、カジノと提携しなければならない」とスード氏は語った。


 自分自身への賭けの場合、Unikrnは過去のレース記録といったユーザー情報をもとに胴元のユニコーンに対する専用オッズ(倍率)を作成する。賭けは米ドル、もしくは専用のERC-20トークンであるUnikoinGold(UKG)で行う。


 他の仮想通貨を入金し、UKGに変換して使うこともでき、UKGを仮想通貨に戻すこともできる。

 Unikrnは2014年に設立、バイナリー・キャピタル(Binary Capital)、アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)氏、マーク・キューバン(Mark Cuban)氏などからのベンチャー投資で1000万ドルを調達した。

 2017年後半には4000万ドルのUnikoinGoldパブリックトークンセールを行った。』


 競馬は世界に多く浸透し、熱狂的ファンがいる。
 日本でも菊花賞、日本ダービー、有馬記念など有名な賞レースでは、多くの観客が競馬場に足を運ぶ。

 それに目を付けたバーチャル競馬

 デジタルの競走馬を自身で育てることもでき、それを売買できる。

 これは仮想通貨、第2位の有名なイーサリアムのブロックチェーンを使っているらしい。


 競馬ゲームのZED RUNと提携して、本格的なバーチャル競馬ブロックチェーン上で実現するようだ。

 実際の競馬ファンバーチャル競馬にはまるかはわからないが、自分で育てられるという別の要素が加わっているので、けっこう人気が出るのではないか。

 Unikrnでは一度に数十頭を走らせることができるらしい。
実際のリアル競馬では味わえないスリルと大金が動く可能性もあるよね。

 しかも、現在でも平均で16万人のギャンブラーが仮想通貨、もしくは現金を使っているというんだから、バーチャル競馬が浸透していけば市場はもっと大きくなる可能性を秘めている。


 そして、現金だと限られた国の通貨(ハードカレンシー)しか使えないだろうから、必然的に仮想通貨の需要も伸びてくるだろう。

 特に仮想通貨の中でもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は色々な所に使われるようになるのは間違いない。

 ただ、このバーチャル競馬法律の問題が残る。

 海外の会社がその国のお墨付きをもらっていれば合法だ。日本人アメリカのラスベガスで遊んだとしても、アメリカでは合法なので日本の法律を適用して逮捕されることはない。

 これを日本の店舗でギャンブルを行ったとなると賭博とみなされ、逮捕されることはある。

 難しいのがインターネットを使ったオンラインカジノの扱い。

 海外の合法な会社や機関を使っているなら、日本からアクセスしても大丈夫なケース多いみたいだけど、グレーゾーンと言っていいだろう。


 今回のようにバーチャル競馬も、掛け金や賞金などが多くなれば税金のお問題も出てくるだろうから、日本法律を変える可能性もあるね。

 今注目され、賞金総額も巨額になってきているEスポーツが日本で遅れているのは、法律の問題も大きい。

 ただ、オンラインゲームなどはこれから増々需要が増えていくのは間違いない。
 そんな時代の流れは日本だけで止められるわけではない。

 オンラインゲーム市場は拡大を続け、遅かれ早かれ日本も変わっていくだろう。

 そう考えると、仮想通貨は投資としてだけではなく、実用性の問題として幅広く注目されてくるから需要は伸びてくるだろうね。

             

posted by 世界好奇心 at 21:22 | gidoのコラム

コロナウイルスで95%解雇したシルクドソレイユ

シルク・ドゥ・ソレイユの衝撃

 



『【ニューヨーク共同】高い芸術性で世界的な人気を誇るカナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」は19日、新型コロナウイルス感染拡大で各地の公演が相次いで中止となったことを受け、ダンサーを含めスタッフの95%に当たる約4700人を解雇すると発表した。

  同劇団は「極めて難しい決断だが、他の選択肢はない」と表明した。

  残るスタッフは、公演が再開されるときに備え、企画などの業務を続ける。』


  シルク・ドゥ・ソレイユと言えば、世界中の名の知られたサーカス劇団

  他のサーカスとは一味違っている。
  人間能力限界までのパフォーマンスに加え、芸術性も高く評価されている。


  シルク・ドゥ・ソレイユ専用の競技場は、様々な仕組みがある。
  特に水中パフォーマンスをするときは圧巻だ。

  日本人もいるが、シルク・ドゥ・ソレイユに入るにはかなりの難関である。

  例えば、水中パフォーマンスは、オリンピックのメダリストの人達がようやく入れるくらいのレベルである。

  そんな特殊の能力を持ったサーカス集団であったシルク・ドゥ・ソレイユの95%が解雇と言う衝撃的なニュースが入ってきたのだ。


  もちろんコロナウイルス公演がすべて中止になり、収入が入ってこなくなった。

  一方で、パフォーマーの給料は高いだろうから、興行収入がない中、給料が払えなくなったということだろう。

  コロナウイルスの影響がここまで世界中で長引くとは当初考えていなかったが、1月ごろからアジアを中心に広がり、3月に入るとヨーロッパやアメリカで猛威を振るっている。

 人が集まる場所に行かないと言う政府の対策が発表され、イベント関係、スポーツ関係は軒並み中止や延期。

 国によっては入国禁止、街では封鎖とかいう強硬手段も取られてきている。


 そんな状況だから、サーカスの興行も難しい。

 世界的有名なシルク・ドゥ・ソレイユと言えども、政府や世間の批判を受けてまで興行を開始できるわけがない。第一、お客も入らないだろう。

 コロナウイルス音楽やスポーツなどを始めとするイベント関係会社には死活問題に発展している。
1か月ぐらいなら持ちこたえるかもしれないが、コロナウイルスが2か月、3か月、4か月と長引くにつ入れて体力がない所から倒産していくだろう。


 コロナウイルスのワクチンなどが開発されなければ、夏まで長引く可能性も否定できない。
収束の目途が立たないのだ。東京オリンピックの延期の話まで出てきているくらいだ。


 世界に名をはせているシルク・ドゥ・ソレイユでさえこういう状況だから、他のサーカス団は青色吐息なんじゃないかな?


 コロナウイルスのせいで、人の移動、物の移動が滞り経済活動が停止している部分も多くなった。
VISAの停止などで実質観光客の入国停止を発表してきている国もある。


 そうなると、テーマパークなどだけでなく飛行機、空港、旅館・ホテル、お土産屋、レストランなど直接打撃を受けるところも多くなる。観光産業は特にダメージが大きい。


 1日長引くにつれて、何社が倒産する。
そんな悪夢が現実味を帯びてきている。

 コロナウイルスの影響は、シルク・ドゥ・ソレイユでさえ95%の人員を解雇しなければならないという衝撃的なニュースで、人々に広く知れ渡っただろう。

 1日も早く薬が開発されて、コロナウィルスが収束することを願わずにはいられないね。

posted by 世界好奇心 at 02:30 | gidoのコラム

コロナウイルスの中で経済を引っ張る企業

コロナウイルスでホクホクの意外な企業



 『(CNN) 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大でトイレットペーパーなどの生活必需品の買い占め騒ぎも起きている中で、性的な玩具を手がけるドイツ企業「ウーマナイザー」は14日までに、自社製品の販売が急増していると報告した。

 同社によると、今年の最初の2カ月間での国際市場での販売は予想を50%上回る水準に到達。

 特にイタリア、香港、米国、カナダ日本での需要が旺盛だったとした。
 広報担当者はCNNに寄せた声明で、多くの人々や企業は今回の感染による悪影響を受けており、同社も同じく試練の時期と受けとめていたと指摘。

 「それだけに業績の数字は驚き」とし、「長期間、単独でもしくはパートナーと一緒に在宅を強いられることを想定し、人々は出来る限り最良な時間の過ごし方を模索しているのだろう」とも推測した。

 感染被害が甚大なイタリアは全土がほぼ封鎖状態となる対策を講じているが、世界で最大級の人気を持つポルノサイトを運営するカナダ系企業は事業展開の好機ともみて、隔離されているイタリア人に無料の会員権を提供してもいる。

 このサービスは今年4月3日まで。

同社はツイッター上で、イタリア人は在宅を強いられる数週間の間の「良き友」などとして優れたコンテンツに接続可能と紹介。

 ツイッター上での反応は良好だという。

イタリア内の感染者数は1万5000人を超え、死亡者は1000人以上に達した。』

 

  コロナウイルスが世界中に広がっている中、人、物の移動が制限され、経済が大きく後退している。

  日本の例で見れば、学校が休校になって給食がなくなる。給食関係の会社だけでなく、その材料を下す予定だった農家の人も影響を受けている。

  入国制限、入国禁止の方針を打ち出す国が増え、観光産業は壊滅的に。ホテルや航空会社、観光施設で働く人達やそれに付随する飲食業関係者も大打撃。
 

  アジアだけでなく、今やヨーロッパにもコロナウイルスが蔓延し始めている。

  イタリアが中国に次いでコロナウイルスの死者で第2位に、イランが第3位にと世界中に広がっているのがよくわかる。

  米中貿易戦争どころじゃない、世界経済の悪化
 
  お金が回らなくなっているよね。
 

  儲かっているのはマスクや薬などコロナウイルス対策関連だけかと思いきや、意外な所にも追い風が。
  

  それがAV業界アダルトグッズの業界。 

  見えないコロナウイルス対策として、人込みの場所や見知らぬ人との濃厚接触を避けるように奨励されている。
 

  性欲は、食欲、睡眠欲と共に人間の3大欲求となっている。

  人間として生きている中で、この3つの欲求を押さえるのは難しいと言われているのはご存知の通り。 簡単に言えば、エロは抑えられないということだね。

  その1つである性欲に関しては、これまでソープヘルスなど風俗産業を利用していた人達が濃厚接触を避けて控える傾向にあるのだろう。
  

 その代わりに性的玩具が買われているということだろう。

 性的な玩具(いわゆる「大人のおもちゃ」)を手がけるドイツ企業「ウーマナイザー」は14日までに、自社製品の販売が急増していると言い、その内訳としてイタリア、香港、米国、カナダや日本でよく売れたと発表している。

 最大級の人気を持つポルノサイトを運営するカナダ系企業は、被害が多く、自宅での時間を強要されているイタリアにターゲットを絞って、期間限定の無料会員サービスを始めている。

 これはイタリアで成功すれば、他の国でも同様のサービスを展開するだろう。

 世の中の仕組みや人間の心理など、今回のコロナウイルスではっきり浮き上がったものもけっこうあるよね。
 

  会社に通勤せずに、自宅で仕事できるテレワークなどが一気に脚光を浴びた。
 
  ネットを通じて仕事をすると言う働き方が、これからの日本でも定着していくんじゃないかな?
  

  多くの方が亡くなったコロナウイルスだからこそ、私達はそこから何か学ばないといけないと思うんだよね。
 

  AV産業やポルノサイト、性的玩具など一般的にはイメージがあまり良くないかもしれないけど、経済面から見ると、そういう元気な企業が経済を引っ張っていってくれないとね。

  じゃないと、お金を使うの医薬関連だけだと、先行き不安ばかり。

  薬やコロナウイルス検査などは国が金銭的補填すると言う話も出ているけど、元をただせばそれって税金だよね。政治家がみんなでポケットマネーを出し合って、国民を救うと言うような話ではない。


  経済が回らなければ、当然政府の税収は減っていく。

  会社などの所得税がどんどん減るが、それを消費税で補えるわけでもない。
 
  昨年10%に消費税を上げて、買い控えが起き経済停滞が叫ばれていた中での、今回のコロナウイルス発生だからね。
  

  人、物の移動が世界的に制限されている今でも儲かっている企業は必ずある。

  世間の風潮とは違う中で、儲かっているとは言えないだろうが、そういう企業が頑張ってくれることが私達にも利益があるということを認識する必要もあるんじゃないかな?
 

  本当、早くコロナウイルス、収拾してほしい。
  それに尽きるね。

            

  

posted by 世界好奇心 at 01:00 | gidoのコラム

仮想通貨とマネーロンダリング



ビットコインの天罰!



 『天罰にしちゃ痛すぎた!

アイルランドで麻薬の売人をしていた男が、60億円相当のビットコインを管理するためのPINコードを大家に捨てられてしまい、巨万の富を失ってしまったトホホなお話です。

 隠し場所が自然すぎた
これを取り挙げたbOinGbOinGいわく、男の名はクリフトン・コリンズ(49歳)とのこと。

 彼は麻薬の売り上げビットコインで預金し、60億円という大金にまで成長させていました。

 そして管理するためのPINコードはA4用紙に印刷し、住んでいたアパートの釣り竿ケースに保管していたのでした。

 そこまでは良かったのですが、The Guardianでは、彼に起こった3つの不幸が、この資産を失わせたと報じています。

 3つの不幸
それはまず、警察がコリンズの車の中から2,000ユーロ(約24万円)相当の大麻を発見し、彼を逮捕したこと。次に5年の刑を言い渡されたために、大家がコリンズの家財道具をすべて捨ててしまったこと。

 そしてその中に……釣り竿ケースがあったこと。

 ハッキングを恐れて12のアカウントに分散
コリンズは2011年後半から2012年初頭にかけて、ひとつのアカウントにまとめて6,000BTC を所有していたものの、ハッカーによる盗難を恐れて12のアカウントに500BTC ずつ振り分けていました。

 そのあとビットコインの価格が上昇したために、60億円という大金に成長したのでした。

 THE IRISH TIMESいわく、捨てられた家財道具は中国とドイツで焼却処分された模様。

 釣り竿ケースを最後に目撃したのは、ゴミを運んだ業者だったのですが、まさか12のアカウントから合計60億円が引き出せる魔法の番号が収められていたとはつゆ知らず、ケースは国境を超えて行ったのでした。

 警察も引き出せず宙ぶらりん
アイルランド警察は60億円を没収できると踏んだようですが、PINコードがないため引き出すことができずにいるそうです。

 このまま永久に引き出せないと、この価値は更に上がるのか? それとも暴落するのか? 誰も動かせないままなのか? 答えは神のみぞ知るです。

 投資として読めないビットコイン は登場した当時は話題になり、先見の明を持った人たちは後々、大金持ちになったという話も聞きました。ですが信憑性がマユツバだと感じた人たちは何もせぬまま、大きなチャンスを逃してしまったかと思います。

 ビットコイン絡みで倒産した代理店やら、何十億円が不正流出してしまった取引所もありましたし、乱高下もあるので投資として二の足を踏みたくなるんですよねぇ。

 ちなみにみんなの仮想通貨で見たところ、2015年6月1日には1BTC が3万1770円だったのが、執筆時はおよそ107万8500円とスゴい額になっていました。


 たぶん投資じゃなかったコリンズは、投資ではなく財産隠しマネー・ロンダリングビットコインを選んだのでしょうけれども、まさかそんなに成長するは思ってなかったでしょうし、まさかPINコードをすべて失うとも思っていなかったでしょう。もうこの難問を解くしかないですね。』


 ビットコイン(BTC)仮想通貨の中のメインのコイン
 

 仮想通貨暗号通貨とも言い、実際はこちらが正しい言い方)と言うのはドルや円などの法定通貨に対する呼称で、スマホなどで支払いや取引ができ、海外送金などにも非常に迅速に取り扱える。

 仮想通貨取引所では、ビットコイン日本円に両替することもでき、実際に貨幣としての機能も持っている。
 

 その仮想通貨の第1位がビットコイン(BTC)で、ビットコインは特別な地位を占めている。

 ビットコイン(BTC)以外の何万とある仮想通貨はアルトコインと呼ばれて、区別されている。

 アルトコインの中には、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)など有名なものも幾つかある。

 このコリンズという犯罪者は、ビットコイン(BTC)の投資をしていたわけでなかったと思う。

 麻薬売人だから、ポンドやユーロなど法定通貨で持っておくと足がつきやすいから、マネーロンダリングも兼ねて仮想通貨であるビットコイン(BTC)を所持していた可能性が高い。


 仮想通貨ビットコイン(BTC)だけでなく、それぞれウォレットと呼ばれる仮想通貨を入れておくアプリがある。

   ウォレットとは、文字通り財布の意味だ。
お店での支払いにそのウォレットからQコードを使って支払うことも可能。

  ウォレットを開く際にはPinコード、つまりパスワードが必要になってくる。

  他の人への支払いは、相手のウォレットのアドレスに送金する仕組みだ。Pinコードのほかにも、秘密キーや秘密鍵という言い方をしている人もいる。

   ただPinコードを捨てられたとなっているけど、BTCのウォレットアカウントがわからなくなった可能性もあるね。

 アカウントはスマホがなくなったり、交換したりしてそのウォレットのアプリがなくなっても、復活させるパスフレーズがあれば復活されることができる。

 今回の場合、Pinコードと書かれているけど、秘密キーだったり、アカウントだったり、復活パスワードだったりが全てなくなった可能性が高いね。

  何でもネット上で保管と言う形が最近は増えているけど、ビットコインなどの仮想通貨の場合は、PC上にそういうものを保存してくのはタブーだ。

  ハッカーや悪いウイルスにより、PCが乗っ取られて情報が流出した場合、その仮想通貨も盗まれてしまうからだ。

  セキュリティが高いと言われている仮想通貨取引所でさえ、世界中でハッキングされ、大量のコインが盗まれているのだ。

  だから、秘密キーのようなパスワード関係は、通常紙などの媒体に印刷やメモして残しておく。
それが、今回は釣り竿ケースに入れておいたということ。

  まさか他人に勝手に処分されるとは露知らずにね。


  アカウント秘密キーなどのパスワードなどがわからなければ、そこにあるビットコイン(BTC)は永遠に引き出せなくなる。

  仮想通貨の中でもビットコイン(BTC)非中央集権型だから、どこかの組織が管理したりしているわけでなない。

  ブロックチェーンと言う物を使って、みんなで取引の監視している感じなのだ。

  だから、誰もこの麻薬売人のパスワードを知らないのだ。

それにしても。天罰が下ったとしか思えない。

  どうせ麻薬を売って得た違法の金だろう。
その金をマネーロンダリングをしようとしていて、すべてを失ったというわけだ。
人生、一寸先は闇。
何が起こるか、わからないね。

               

posted by 世界好奇心 at 03:05 | gidoのコラム

コロナウイルスは人が作った!衝撃

新型コロナは人工で作られた?

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00000007-ftaiwan-cn



 『(台北中央社台湾大公共衛生学院方啓泰教授が22日、新型コロナウイルスについて、学術的には人工的に作られた可能性があるとの見方を示した。 結論に至るには詳細な調査が必要だとしている。

 もし事実であった場合、自然界で存続することは難しく、全ての患者が治癒すれば消失するという。


 この日は、新型コロナウイルス公衆衛生をテーマにした台湾公共衛生学会主催の講座が台北市内で開かれ、方氏は講師の一人として講演した。

 新型コロナウイルスをめぐっては、中国の研究所で人工的に作られ、それが外部に流出したことを疑う声が上がっている。

 方氏はこれについて、中国科学院武漢ウイルス研究所には危険性の高いウイルスが保管されているが、所内の管理状況には多くの欧米の学者が前々から疑問を抱いていたと指摘した。

 その上で新型コロナウイルスに言及し、コウモリの身体に見られるコロナウイルス(RaTG13)と96%一致することがこれまでの研究で判明しているが、ウイルス学の観点に立てば99%以上でなければ一致とは見なせないとした。

 また、他のコロナウイルスにはない4つのアミノ酸残基が含まれていることをフランスの研究チームが発見したと述べ、進化における突然変異でこうなる確率は非常に低く、実験室の中で人為的に加えられた可能性が考えられるとの見解を示した。



 方氏はこの見解について、今は学術上の理論でしかないと強調。これを証明するためには実験室で証拠を探すなど内部調査が必要であり、短期間には答えは出ないだろうとしている。

(陳至中/編集:塚越西穂)』

 

 中国の武漢から発生したコロナウイルス
 
 この新型コロナウイルスは世界中に広がりを見せ、感染経路が謎でまだはっきりした対策が取られていないのが実情だ。


 当初はコウモリが発生源で、野生動物を経由して人間に広がったなどと言われていたが、ここにきてちょっと怖い説が浮上してきた。
 

 台湾の台湾大公共衛生学院の方啓泰教授新型コロナは人工的に作られた可能性があると言う説を唱えたのだ。


 中国の武漢には中国科学院武漢ウイルス研究所があり、危険性の高いウイルスが保管されていたという。
 しかも、その中国科学院武漢ウイルス研究所の管理体制に疑問があったと主張している。


 もし中国科学院武漢ウイルス研究所新型ウイルスを研究していたものが広まったのが事実だったら、非常に怖いね。


 もちろん中国政府はそれが事実でも決して公表はしないだろうけど。
そんなことになったら、中国のメンツ丸潰れどころか、世界中から中国政府に対して非難の嵐が起こること間違いなしだからね。


 しかも、台湾大公共衛生学院の方啓泰教授は、他のコロナウイルスにはない4つのアミノ酸残基新型コロナには含まれていることをフランスの研究チームが発見したと言っている。

 それだけでなく、4つのアミノ酸残基がその進化における突然変異でこうなる確率は非常に低いと言っているのだ。

 つまり、突然変異でできた可能性がないわけではないが、その自然発生の可能性が極めて低いと言うのなら、ウイルス研究所新型コロナウイルスを作っていて、それが外部に漏れたというのもあり得る。

 そうなると何の為に作っていたのかが重要になるけどね。
まさか細菌兵器として培養していたんじゃないだろうな・・・。
だったらウィルス対策のワクチンも用意していると思うけど。



 事実は闇の中だけど、考えてみれば中国だけでなく世界中にこういうウイルス研究所はあるだろう。
そのウイルスの管理が杜撰だったり、研究所のセキュリティが甘かったりすると、テロリストなどに襲われるとこういう事態もありえるということだね。

 そして、原因がわからず世界中で人を無差別に殺したり、病気にしたりする恐ろしい事態になるという証明でもあるのではないかな、今回のコロナウイルス騒動は。


 実際中国の武漢は町が封鎖され、通常の生活が送れなくなっている。
 中国政府旧正月である春節の時期に武漢の街を封鎖しても、これだけ新型コロナは世界に広がっている。

 みんなパ二クっている感じだが、それが中国だけでなく、世界中にどんどん広がっている。

 その現実を見ると、人類を滅亡に追いやるのって実は人々が考えている以上に簡単なのかなとも思えてくる。

 台湾大公共衛生学院の方啓泰教授新型コロナウイルスは人工的に作られた可能性と言う発表は、よく考えると色々な事を教えてくれているよね。

 世界中のウイルス研究所の管理体制安全対策を、もう一度見直してほしいな。



         

posted by 世界好奇心 at 11:11 | gidoのコラム

AmazonのCEO 驚きの発表

気候変動と戦うと宣言したジェフ・ベソス


 『ジェフ・ベゾス気候変動と戦うために100億ドルを投じ、「ベゾス・アース・ファンド」という新たな取り組みを開始すると述べた。

 「我々は地球を救うことができる」とベゾスインスタグラムの投稿で述べた。

 「大企業、中小企業、国家、国際的組織、そして個人が協力し、行動する必要がある」

世界で最も裕福なベゾスの純資産は、推定1300億ドル(約14兆2600億円)。

  誓約した100億ドルは、その約7.7%だ。

  ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)が2月17日(現地時間)、100億ドル(約1兆1000億円)を投じて気候変動と戦うと述べた。

  アマゾン(Amazon)のCEOで世界で最も裕福なこの人物は、インスタグラムの投稿で「ベゾス・アース・ファンド(Bezos Earth Fund)」の設立を発表した。

  この基金からの資金の提供は今年の夏に開始する予定だという。

彼の純資産は推定で1300億ドルなので、基金に投じられる資金はその 資産の約7.7%に相当する。

 「気候変動は地球にとって最大の脅威」とベゾスは述べた。

「皆とともに、皆で共有するこの地球に気候変動が与える壊滅的な影響と戦うため、既存の方法を拡大し、新たな方法も見つけたい」

 

Today, I’m thrilled to announce I am launching the Bezos Earth Fund.⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ Climate change is the biggest threat to our planet. I want to work alongside others both to amplify known ways and to explore new ways of fighting the devastating impact of climate change on this planet we all share. This global initiative will fund scientists, activists, NGOs ─ any effort that offers a real possibility to help preserve and protect the natural world. We can save Earth. It’s going to take collective action from big companies, small companies, nation states, global organizations, and individuals. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ I’m committing $10 billion to start and will begin issuing grants this summer. Earth is the one thing we all have in common ─ let’s protect it, together.⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ - Jeff

Jeff Bezos(@jeffbezos)がシェアした投稿 - 2020年 2月月17日午前10時00分PST

 この動きは、会社は気候変動と闘うためもっと多くのことをするべきだという、アマゾン従業員たちからのプレッシャーを受けたものだ。

 2020年1月、350人以上の従業員が、2030年までの排出量実質ゼロなどを求め、Mediumで署名していた。

 2019年9月には、アマゾンは気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)を発表した。

 2040年までにカーボン・ニュートラルに、2030年までに使用するエネルギーを100%再生可能なものに、2030年までに配達車両10万台を電動にする、というものだ。

 ベゾスは、世界で最も裕福な5人のうちで唯一、「寄付誓約宣言(Giving Pledge)」に署名していないアメリカ人だ。

 同宣言の賛同者は、生きている内に、あるいは遺言によって、資産の半分以上を寄付することを誓約する。元妻のマッケンジー・ベゾス(MacKenzie Bezos)は5月に、この誓約に署名している。

 インスタグラムに投稿された全文は以下のとおり。

今日、ベゾス・アース・ファンドの立ち上げを発表できてうれしく思う。

 気候変動は地球にとって最大の脅威だ。皆とともに、皆で共有するこの地球に気候変動が与える壊滅的な影響と闘うため、既存の方法は拡大し、新たな方法も見つけたい。

 このグローバルな取り組みは、科学者、活動家、NGOなど、自然界の維持と保護に役立つ真の可能性をもたらすあらゆる取り組みに対し、資金を提供する。

 我々は地球を救うことができる。大企業、中小企業、国家、国際的組織、そして個人が協力し、行動する必要があるだろう。

 ⁣⁣⁣

100億ドルを準備し、今年の夏に資金提供を開始する。地球は、我々が皆で共有する唯一のものだ 。守ろう、ともに。

ジェフ

[原文:Jeff Bezos says he's giving $10 billion ─ about 7.7% of his net worth ─ to fight climate change]

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)』


  アマゾン(Amazon)のCEOのジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)気候変動と戦う宣言をし、「ベゾス・アース・ファンド(Bezos Earth Fund)」の設立を発表した。


 その額、100億ドル。その金額はジェフ・ベゾスが持っている資産のたった約7.7%というから驚きだ。
 100億ドルって、日本円に直せば1兆円を超える額だよ。

 さすが、世界的企業アマゾンのCEOと思いきや、きっかけは会社は気候変動と闘うためもっと多くのことをするべきだという、アマゾン従業員たちからのプレッシャーを受けたものというから、更に驚きだ。

 アマゾンの従業員って、社会的意識が高いんだね。地球的規模の問題だけどね。

 アマゾンと言えば、ドローン配達などAIを駆使したアイデアを次々に打ち出している。
空中だと直線距離で飛べるので、時間短縮や排ガス問題にも貢献するのではないかな?

 一方、日本人の意識はどうだろう?

 日本の大企業の社長、例えばトヨタの社長ソフトバンクの社長に従業員が気候変動の為に寄付をしろと言う話はできないだろう。

 ベソスのように個人のお金に対してと会社のお金は違うのかもしれないけど、アメリカ人で金持ちになったらみんなの為になることに寄付をするという風潮があるよね。

 それは日本も見習ってもいい点じゃないかな?

 それにしても、アメリカ人って凄いなと思ったのは、「寄付誓約宣言(Giving Pledge)」があるということ。

 賛同者は、生きている内に、あるいは遺言によって、資産の半分以上を寄付することを誓約する制度だって。

 日本人を始め、アジア人って、稼いだ金は親族に遺産として残すのが普通じゃないだろうか。
それを半分以上は社会へ寄付って。

 社会から儲けさせてもらったお金だから、最後は社会へ還元と言う発想だろうか。

 公共意識が高いんだろうね。
いずれにしても、地球的規模の問題である気候変動対策として資金ができたことは喜ばしい事だね。


posted by 世界好奇心 at 01:55 | gidoのコラム

危険 コービー・ブライアントの壁紙に注意!

有名人に便乗したマルウェア


仮想通貨のマイニングを実行させるマルウェアが、先日ヘリコプター事故で亡くなったNBAレジェンド「コービー・ブライアント」の壁紙で発見された。

 米マイクロソフトのセキュリティチームは31日、「サイバー犯罪レジェンドの不運が利用されている」と伝え、悪意あるHTMLファイルを発見したと報告。壁紙になりすまし、仮想通貨のマイニングを実行するようになっていると仕組みを説明している。

 今回のマルウェアに使われているスクリプトには、ウェブサイトの訪問者仮想通貨モネロ(XMR)マイニングさせる「CoinHive」の名称が含まれているという。

 しかし、このハッカーがよく利用するCoinHiveは、2019年3月にサービスを終了している。


 仮想通貨のマイニングを実行するスクリプトを隠すために著名人の写真が利用されるのは、これが初めてではない。

 昨年12月には、マルウェアを拡散するために、テイラー・スウィフト(愛称:TayTay)の写真が利用された。

 またXMRのマイニング用マルウェアを仕込むために、今年のオスカーにノミネートされている女優スカーレット・ヨハンソンの写真が使われたこともある。』
 


 NBAのレジェンドだった「コービー・ブライアント」ヘリコプター事故で亡くなったニュースはアメリカだけでなく、日本でも大きく取り上げられた。

 バスケットボールファンには、いまだにコービー・ブライアントの死は大きな衝撃だった。

 そのNBAのレジェンドであるコービー・ブライアントの壁紙マルウェアを仕込んでいたのが発見された。人の感傷を利用した最悪のケース。
 傷口に塩を塗るような悪質な手口だ。
 


 そのマルウェア暗号通貨のマイニングを自動的にさせるもの。

 暗号通貨ビットコインリップルなどが有名で、アメリカのドル日本の円などの法定通貨に対する言葉。

 マイニングというのは、暗号通貨の新規取引情報を解析し、ブロックチェーンを作成する作業で、膨大な量の計算が必要となるため、計算資源を提供した者には報酬としてその通貨が与えられることになっている。

 ここでいう膨大な量の計算が必要というのがミソで、マルウェアで色々なPCを使って早く計算しようということ。


 マルウェアにかかったPCは、それに気づかないかもしれないがPCのパフォーマンスは落ちる。

 当然だよね。 
 容量を勝手に使われているんだから、スピードが遅くなったりするなど支障が出てくる。

 モネロ(XMR)マイニングさせる「CoinHive」の名称が含まれていたというから、モネロをマイニングしていたんだろう。

 マルウェア対策は難しく、気づかないこともある。
 

 今回もサイバー犯罪で、NBAレジェンドのコービー・ブライアントが狙われたわけだ。


 犯罪者というのは、こういう人の不幸を利用して自分の利益に結びつけようとする。
 本当に腐った人間のすることだね。

posted by 世界好奇心 at 23:31 | gidoのコラム

徳勝龍 涙の下克上優勝

大相撲史上最大の下克上



『◇大相撲初場所千秋楽(26日・両国国技館

 4場所ぶりに幕内へ復帰した西前頭17枚目の徳勝龍(33)=木瀬=が初優勝を飾った。

 前日の14日目に1敗同士の対戦で西前頭4枚目の正代(28)=時津風=を突き落として単独トップ。その正代がこの日、西前頭2枚目の御嶽海(27)=出羽海=を押し出し、2敗を死守した。

 徳勝龍千秋楽の結びの一番となる大関貴景勝戦で勝てば優勝、負ければ正代との決定戦。
 そんな重圧のかかる一番で、貴景勝を撃破し、幕尻力士では20年ぶり、奈良県出身力士では98年ぶり、木瀬部屋の力士では初の優勝となった。

 徳勝龍やった初Vに支度部屋で歓喜の涙

 幕尻優勝は2000年春場所、東前頭14枚目の貴闘力が13勝2敗で賜杯を手にした例があるだけ。ただ、この場所の番付では西前頭14枚目に若の里がいたため、貴闘力幕内最下位の番付ではなかった。

 まさに徳勝龍による「史上最大の下剋上」が完結した。

 

 徳勝龍は初土俵から12年で33歳5カ月。年6場所制となった1958年以降では旭天鵬の37歳8カ月、玉鷲の34歳2カ月に次ぐ史上3位の高齢初優勝にもなった。』

 横綱の白鳳、鶴竜が休場
 大関も引退を発表した豪栄道も負け越し。

 前日に貴景勝が敗れて優勝争いから脱落。
平幕優勝が確実となった。
 千秋楽で、なんと西の幕の内の最下位、幕尻力士の徳勝龍が最後の土俵に上がると言うおっかなビックリの取り組み。

 横綱不在とは言え、まさか一番下の力士が千秋楽の結びの一番を取るなんて前代未聞。
 それにしてもドラマがあったね。
大相撲史上
最大の下克上が完成した。

 徳勝龍と言っても今場所前に注目する相撲ファンはほとんどいなかっただろう。

 特に目を見張る突っ張りがあるわけでもなく、絶対的な型があるわけでもない。
なにより、先場所は十両で今場所ようやく再入幕を果たしたところ。


 通常であれば勝ち越して幕内に残れれば御の字と言った力士であった。

 ところが、ずっと白星を積み重ね、一番下の幕尻力士でありながら優勝争いを牽引してきた。

 そして、最後相撲協会は今場所の最高位である大関の貴景勝との取り組みを組んだ。
普通に考えれば力の差は歴然だが、波に乗っている今はそれは関係なかった。

 元々体には恵まれていて、体力はある。
真正面からぶつかった取り組みは、正攻法で大関貴景勝を寄り倒した。
徳勝龍の完勝
だった。

 しかし、まさか、まさかの優勝だった。

 先場所十両だった力士が、次の場所で幕内優勝を果たしたのだから。

 しかも年齢33歳。三役にもなったことがない力士。
漫画の世界でも、ここまでの筋書きは書けないだろうと言うくらいの奇跡。

 それに恩師が今場所中に亡くなったという。
その恩師の言葉を胸に頑張ってきたと言う徳勝龍

 漫画の世界のようではあるけど、何か普段の実力以上のものが力を貸してくれての優勝だったと僕にも思える。
本当に恩師が一生で一度のチャンスをものにするために力を貸したんじゃないか。

 見ている相撲ファンにも、そう思わせるような徳勝龍の取り組みであった。

    いや、感動したね。

 客観的に見ると、優勝する要素がない力士と言っても過言ではなかった。
 年齢は引退を考え始めてもいい年齢だ。
これまでに三役になったこともなければ、敢闘賞、殊勲賞、技能賞などの賞をもらったこともなかった。

 それだけではなく、先場所は十両で今場所ようやく再入幕を果たした力士。幕内の一番下の番付だ。

 いくら横綱が休場したからと言って、大関や関脇が調子がイマイチだったとはいえ、誰が14勝1敗で徳勝龍が優勝すると予想した事だろう。

 競馬で言えば、史上最大の万馬券のようなものだ。

 でも、大関貴景勝との取り組みを見ていると、体が大きい分、馬力はある。

 正代との優勝決定戦かと予想した人達を大関戦完勝で、物の見事に裏切ったね。
 それだけ今場所は一番強かったということ。

 いや〜、相撲も筋書きのないドラマだね〜。


posted by 世界好奇心 at 22:26 | gidoのコラム

北朝鮮IT技術の怖さ

不法滞在で強制送還 



 『【プノンペン共同】カンボジア捜査当局は4日、就労ビザなしにインターネット関連の事業を行っていたとして、北西部の観光地シエムレアプ北朝鮮人16人を拘束、国外退去処分にしたと明らかにした。

 事業の詳しい内容は明らかになっていないが、何らかの外貨稼ぎに関わっていた可能性がある。

 国連安全保障理事会北朝鮮制裁委員会専門家パネルがまとめた報告書は、北朝鮮のIT専門家欧州やアジアなどを拠点に業務を請け負い、外貨獲得の一翼を担っていると指摘している。



 カンボジアの地元警察が「中国人がインターネット詐欺を行っているようだ」との情報を基に捜査、3日に16人を拘束した。』


 今、北朝鮮経済制裁で、食料、電力などあらゆるものが不足しているとニュースで報道されている。
そういったものを覆す外貨稼ぎが、北朝鮮国家の緊急事態になっていることは想像に難くない。

 物資に関しては、日本海沖で船同士の物資の密輸の報道もよくみかける。
 でもそんなことじゃ、国家としての外貨稼ぎにはならない。

 ITを駆使した技術が莫大な金になる時代。


北朝鮮のIT専門家欧州やアジアなどを拠点に業務を請け負い、外貨獲得の一翼を担っている」と指摘しているとこの記事ではある。

 企業にしてみれば、安く自社の要望に沿ってくれるなら、会社のルーツなどを調べたり、気にしたりしないのかもしれないね。

 実際、欧州企業と同じクオリティで、値段が半分だったら、北朝鮮系の会社だとわかってもお願いする企業はあると思う。


 犯罪だけど、私が現在一番効率が良くて、犯人が捕まりにくいんじゃないかと思っているもの。
 それは企業秘密仮想通貨を盗むことだ。PCにウィルスを忍び込ませ、情報を盗むと言うもの。

 盗むんだけど、盗まれた方はそれに気づかないこともある。
 通常の泥棒のように実際に人間が行動しているわけではないので、犯人も捕まりにくい。

 手に入れた企業秘密は、ライバル企業などに高く売れるだろう。


 仮想通貨の場合は、もっと直接的だ。
 盗んだ仮想通貨を、日本円などの法定通貨に換金できるシステムが年々充実していっている。

 過去に、日本でも仮想通貨取引所のコインチェックNEMがハッキングにあった。

 お客の仮想通貨NEMを取引所のコインチェックが預かっていたのだけど、それを盗まれてしまったという事件だ。

 こういう仮想通貨取引所のハッキングは、日本だけでなく世界で起きている。

 しかも、盗まれた仮想通貨が戻ってくることはないし、犯人が逮捕されたと言う報道も聞かない。


 ダークサイトなどで換金もしくは別の仮想通貨に交換し、追跡できないようにしてしまうから。

 実際に北朝鮮のハッキング技術世界トップクラスと言われている。


 但し、北朝鮮の国家的犯罪であるとわかったら、表舞台でも相当な非難にさらされる。


 だから、よその国に拠点を持って、そこから発信、受信をすればアドレスや通信記録からもチェックされても北朝鮮の仕業だとわかりにくくなる。
そんな事情が隠されているのではないか。

 また場所がシェムリアップというのもよく考えられている。
 ここは世界的有名な世界遺産のアンコールワットの拠点の町。

 世界中から多くの観光客がやってくる。
 カンボジアという比較的友好国で、世界中の観光客が集まる地点を考えたのは頭がいいね。

 他の北朝鮮の工作員と会う場合や重要なパートナーと会う場合も、観光客として装えば怪しまれる可能性は非常に低いしね。


 今回の事件は、北朝鮮人16人が捕まったということだけど、VISAなしで滞在していた数としては、それなりの規模だよね。

 これが2,3人だと発見もされなかったかもしれない。
 そう思うと、この短い記事の奥に潜む国際情勢のせめぎ合いから目が離せないな。

 こういうのは、北朝鮮国家ぐるみで他の地域でもやっていると思うしね。

            

posted by 世界好奇心 at 14:47 | gidoのコラム

イランを怒らせた韓国外交

韓国外交 イランとも問題
 



イラン外務省が先日現地駐在の韓国大使を呼び「イラン産原油と超軽質油の輸入代金を支払え」と強く抗議したことが13日までにわかった。代金はおよそ7兆ウォン(約6500億円)に達するという。

 イラン中央銀行なども韓国大使に「代金を決済するための韓国側の努力が足りない」と不快感を伝えたようだ。

 イランの様々な方面からの抗議に驚いた韓国外交部(省に相当)が先月末に急きょ特使を派遣し、問題の表面化を避けようとしたこともわかった。

 これについて韓国大統領府は12日、イランから近いホルムズ海峡を守る有志連合に韓国軍を派遣する方向で検討中と発表したため、これについてもイランからの激しい反発が予想されている。

 米国、中国、日本との関係が悪化する中、中東外交でも大きな問題が表面化しつつあるのだ。

 複数の関係筋によると、イラン外務省は先月中旬、テヘラン駐在のユ・ジョンヒョン韓国大使を呼び、IBK企業銀行ウリ銀行の口座に9年にわたり預けられているイラン中央銀行名義の預金およそ7兆ウォンについて、これを早期に引き出せるようにしてほしいと要求した。

 この口座の金利はほぼ0(ゼロ)のため、預金される期間が長いほどイランにとっては損失となる。 イラン外務省の関係者は「米国の制裁対象になっていない医薬品や食料品の輸出入代金の決済はその気になれば可能だ。ところが韓国政府はまともに対応しない」と主張している。

 イラン中央銀行イラン保健省などの関係者もユ大使に会って問題の解決を要請した。

 ソウルのイラン大使館も最近韓国外交部の担当者に何度も会い、韓国側の対応に数々の問題があると指摘したようだ。

 事態の悪化を受け、韓国外交部は先月25−27日にかつてイラン大使を歴任したソン・ウンヨプ韓国国際協力団(KOICA)理事をイランに派遣した。

 当時韓国外交部はソン氏が率いる使節団を「経済協力代表団」と説明し、通常の外交交流のように装った。

 しかしソン理事には何の権限もなかったため、この対応は逆にイラン政府の怒りに油を注いだようだ。

 

 韓国外交部は「イラン側の立場は理解する」としながらも「米国の制裁によってイランの求めには全て応じられない」と説明している。

 ユ大使ソン理事イラン政府関係者に対し「最近米国の制裁が強化され、韓国の企業も銀行も完全に萎縮している」と説明したという。

 外交部は制裁対象になっていない品目の輸出入代金については早期に決済ができるよう米国側と協議を行う意向も伝えた。

 

 今回の事態は今年5月、韓国米国から「イラン制裁の例外国」として認められなかった時から事実上予想されていた。

 当時、韓国は他の例外国とは違って制裁対象になっていない超軽質原油だけをイランから輸入していたため、韓国外交部は「韓国は例外国の延長が認められる可能性が高い」と自信を持っていた。

 ところが蓋を開けてみると例外国にならなかったため、韓国の企業と銀行米国による制裁の影響をまともに受けてしまい、韓国とイランの貿易も事実上の「断交」レベルとなってしまった。

 企業銀行もウリ銀行イラン中央銀行名義となっているウォン口座を事実上凍結し、貿易代金の決済も中断した。

 イランとの対立はホルムズ海峡への派兵問題も重なり、今後さらに悪化する可能性が高い。


 イランのロウハニ大統領は今年9月末の国連総会での演説で「(ホルムズ海峡に)外国の軍隊が駐留すれば、航海と石油運搬の安全が脅威にさらされる」と述べ、ホルムズ海峡の警備にあたる米国など各国による有志連合の結成に反対した。

 イランは先日韓国船を拿捕したイエメンの反政府武装勢力レバノンの武装勢力ヒズボラ、イラク政府などと緊密な関係を維持している。

 これについてある外交部OBは「韓国政府は今からでもしっかりと対処し、関係悪化を防がねばならない」と指摘した。』


 韓国イランから購入した原油と超軽質油の輸入代金を支払っていないようで、イランから強い抗議があったようだ。

 これも韓国外交の失点だが、北朝鮮一辺倒で本当に外交戦略に関して無策なんだなと呆れるような事態が続いているね。

 イランの様々な方面からの抗議に驚いた韓国外交部が特使を送ったとあるけど、約6500億円も滞納してればイラン政府が怒ることぐらい理解できなかったのだろうか?

 イランアメリカの敵国となっており、経済制裁もされている。だったら、尚更代金請求があると考える方が普通なのでは???
ちょっと理解に苦しむね。

 しかもそのイランの怒りを抑えるために送り込んだ特使が、ソン・ウンヨプ韓国国際協力団(KOICA)理事

 しかし、当時韓国外交部はソン氏が率いる使節団を「経済協力代表団」と説明し、通常の外交交流のように装った。
しかもだ。ソン理事には何の権限もなかったため、この対応は逆にイラン政府の怒りに油を注いだようだ。

 この記事が本当だとすると、韓国外国部ってバカなのと疑ってしまうんだけど。

 代金の支払いがないと怒っている相手に、何の権限も与えていない特使を送ったらどういう結果になるのか、わからなかったのかね?

 恐らく、イラン大使も務めたことがあるソン・ウンヨプ氏を送ったから、昔のよしみで何とか誤魔化してくれると都合よく思ったんだろうな、文大統領は。

 文大統領、お得意の妄想癖だね。


 これまでも、韓国の文大統領は自分の都合のいいように解釈して、国際社会の信用を失くしてきた経緯がある。

 今回だって、『韓国は他の例外国とは違って制裁対象になっていない超軽質原油だけをイランから輸入していたため、韓国外交部は「韓国は例外国の延長が認められる可能性が高い」と自信を持っていたが、蓋を開けてみると例外国にならなかった』とある。

 勝手に自己に都合の良い予想をしてその通りにならなかった時の対策が全くないと言うのが露呈した感じだね。

 今回の事は韓国のアメリカとの関係も大いに影響している。

 アメリカ文大統領を信用しなくなり、韓国と距離を置くようになった関係で、アメリカとイランの板挟みのような状態になっているみたいに思えるけどね。

 それにしても、韓国外交部は何の権限もない特使をイランまで送って、「イラン側の立場は理解する」としながらも「米国の制裁によってイランの求めには全て応じられない」と説明しているなんて、そんなのイランの怒りを助長するだけだと普通に考えてもわかるだろうに。


 日本の時と同じく、相手の気持ちは理解するとは言いながらも、怒っている相手に何の解決策も示さない韓国バカ外交。無能を通り越して、もう笑うしかない。

 日本をはじめ、アメリカ、中国、そして文大統領が恋焦がれている北朝鮮とも関係が悪化している韓国。
 
 この国際情勢文大統領はどう考えているのかな?

 そんな韓国の外交姿勢だと今後も世界中で摩擦を起こすと思うけど、残念ながらそれも理解できないくらいになっているらしいね、韓国外交部

 韓国国民経済面国際的信用面でどんどん自国のイメージがマイナスになっているということに対して、もっと怒ってもいいのではと思うんだけど。

 今後、韓国外交とともに韓国の内政がどうなるか、興味があるね。

posted by 世界好奇心 at 00:46 | gidoのコラム

ペシャワール会の中村医師 襲撃死

国際協力と死のリスク


   アフガニスタンで銃撃された中村医師の奥様と娘さんが遺体と対面した。
 襲撃犯人はわかっていない。
事件の様子は以下の通り

 『【AFP=時事】(更新、写真追加)アフガニスタンで長年支援活動に携わってきた日本人医師、中村哲(Tetsu Nakamura)さんが4日、東部ナンガルハル(Nangarhar)州ジャララバード(Jalalabad)で銃撃され、死亡した。

 同行していたアフガニスタン人の護衛ら5人も死亡した。

 アフガニスタン人道支援を行う国際NGO「ペシャワール会(Peshawar Kai)」の代表で、現地事業体ピース・ジャパン・メディカル・サービス(PMS)の総院長を務める中村さんは、ジャララバード市内を車で移動中に何者かに銃撃された。

 当初は負傷と報じられたが、後に当局が死亡したと発表した。
 ナンガルハル州知事報道官のアタウラ・コジヤニ(Attaullah Khogyani)氏は「不幸にも中村医師は、今朝の銃撃で負った傷が原因で死亡した」と述べた。

 3人の護衛と運転手、同僚1人も死亡したという。

 ペシャワール会のウェブサイトによると、中村さんはパキスタン北西部ペシャワール(Peshawar)で1984年に支援活動を開始。1991年には辺境地のナンガルハル州の村に診療所を開設した。

 さらに1998年、ペシャワール会パキスタンとアフガニスタン両国での活動の恒久的拠点となる病院をペシャワールに開設した。

 アウズビッラー(Auzubillah)とだけ名乗るジャララバード在住の男性はAFPに対し、午前8時(日本時間午後0時半)ごろに銃声を聞いたと述べ、「日本人と護衛らを銃撃する男たちを見た」と明かした。

 現場の写真によると、白い軽トラックのサイドウインドーが銃で撃ち抜かれたとみられ、フロントガラスにも少なくとも3発の銃弾の痕があった。

 これまでのところ犯行声明を出した組織はない。アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)も、「アフガニスタンの再建に貢献した」組織とは「良い関係」を保っているとして、関与を否定した。



 ナンガルハル公衆衛生当局のザヒル・アディル(Zahir Adil)報道官によると、中村さんは銃撃された後、現地の病院に搬送されていた。【翻訳編集】 AFPBB News』


 アフガニスタンの復興に長年貢献を続けてきた中村医師が襲撃されて亡くなった。

 農業関連など含め、こんなに長年アフガニスタンの為に尽くしてきた中村さんが、無念の死を遂げた。

 ニュースを読むと、明らかに中村医師をターゲットにした計画的犯行
警備員がいても役に立たなかったと言う現実。

 長年アフガニスタン人の為に尽くし、多くのアフガニスタン人からも尊敬されていた日本人が、理不尽な死を遂げたと言う衝撃は大きい。

 これって犯行声明が出ていないこともあり、色々な憶測が飛んでいる。
個人的には以前アフガニスタンを支配して現在は反政府勢力となっているタリバンとアメリカとの和平交渉にかかわりがあるのではないかと思う。

 一見アメリカとアフガニスタンの和平交渉日本人の国際協力と関係なさそうにも思えるが、和平交渉を妨害したい人間には何か行動を起こさなきゃいけないタイミングだったのは確か。

 テロ組織と見ると一枚岩と考えてしまいがちだが、タリバンをはじめ、イスラム国(IS)などのテロ組織が常に一枚岩であると考えるのは危険である。

 日本だって、最大勢力であった暴力団の山口組が分裂し、神戸山口組に。更に、その分裂した神戸山口組からも分裂して任侠山口組が生まれた。

 このような事実をを見ていくと、内部で意見の一致が見られなくなると組織として抑えが利かなくなるのはよくある話だ。

 いずれにしてもアフガニスタンの和平交渉が進んでは困ると言うグループの仕業ではないかと思う。


 中村医師の活動は「ペシャワール会」によれば20世紀の頃からの話。最近アフガニスタンで始めた活動ではないので、現地人とのトラブルは考えにくいし、実際に多くのアフガニスタン人から哀悼の意をおくられている。

 だからこそ、アフガニスタンにまだ存在するタリバンとアメリカが和平交渉することに嫌悪感をいだくグループが有力候補になるのだ。
もしくは治安悪化をアピールすることで、交渉を有利にしたいという思惑が働いたのかもしれない。

 ただ、そうだと仮定すると、国際協力の難しさを改めて突き付けられた気がする。

 自分達の国際協力活動とは無関係な出来事によって、命のリスクがあるということ。
 
 中村医師医療活動だけでなく農業に関する貢献も多く、アジアのノーベル賞と呼ばれるマグサイサイ賞を受賞していた人物。

 こんなにも自分の危険を顧みず、危険地域で国際協力を続けてきた貴重な人物を失ったのは、大げさではなく日本、アフガニスタン両国の大きな損失だ。

 こういう悲劇は二度と繰り返してほしくないね。

 中村医師のご冥福をお祈りいたします

posted by 世界好奇心 at 02:03 | gidoのコラム