600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

真反対になった宗教迫害者

びっくりロシアの宗教政策


   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160303-00000035-jij_afp-int




  『【AFP=時事】ロシアで2日、「神などいない」とインターネット上に書き込んだ男性が、ロシア正教信者の心情を害したとして起訴された。有罪判決が下れば最大で禁錮1年が言い渡される可能性がある。

  露南部スタブロポリ(Stavropol)在住のビクトル・クラスノフ(Viktor Krasnov)被告(38)は、2014年に地元のユーモア系ウェブサイトで展開された聖書に関する議論をめぐって起訴された。
 被告の弁護士がAFPに語った。

  クラスノフ被告はこのネット議論の中で、「ユダヤ人のおとぎ話を寄せ集めて聖書と名付けただけで、まったくのたわごとだ。少なくとも僕にとっては」など と主張。

 さらに「神なんていないんだよ! 」と書き込んだ。

 これに対し、議論に参加していた若者の1人が「ロシア正教信者の心情を害した」として被告を告 訴したという。




 起訴の根拠となったのは、露女性パンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」ロシア正教会の大聖堂で挑発的なパフォーマンスを行って懲役刑判決を受けたことを機に2013年に制定された法律だという。

  クラスノフ被告は起訴に先立ち昨年、1か月にわたり精神科病棟に入院させられ、精神鑑定を受けさせられたという。



 弁護士はAFPに対し、被告は「単なる 無神論者」で、問題の議論ではハロウィーンとユダヤ教の祝日を批判していたと語った。【翻訳編集】 AFPBB News』



  ロシアで「神などいない」とインターネット上に書き込んだ男性が起訴されたというニュース。
   しかもその理由が凄い。   

                というか、怖い。


   ユーモア系ウェブサイトで展開された聖書に関するネット議論での発言が元になっているという。

                 おいおい。

   議論というのは、お互い自分が思っている主張を言い合って、それを視聴している人が是非の判断をするというものだろう。



  その議論の中でちょっと過激な発言をしたのかもしれないけれど、それを元に起訴され、精神病院に入れられる状況は、共産主義時代の独裁国家を思い起こさせる。

ロシア怖いんですけど・・・。


 
  パンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」ロシア正教会の大聖堂で挑発的なパフォーマンスを行った事件だけど、この事件とはちょっと趣旨が違う。

  プッシー・ライオット事件って、元々ロシア大統領プーチン氏が返り咲いた際、聖堂前で反プーチンの演奏をしたのをプーチン氏が怒って止めたのが真相。

  なにせ「聖母様、プーチンを追い出してください」と歌い始めたのだから。



 プッシー・ライオットは無許可で公共の場で演奏し、その内容に怒ったプーチン
 聖堂でやったという事で信者を馬鹿にしていると場所に怒ったロシア正教関係者



 両者の目的は違うけど、プッシー・ライオットの過激パフォーマンスは悪いということになった同床異夢


 そこでロシア正教徒を馬鹿にするような行為を取り締まる感じになったみたいだね。

  でもね、これって間接的にではあるけど、ロシア正教を信じないと逮捕されるってことじゃないの?

  無心論者にとって、「神なんていないんだよ!」発言は当たり前。
 神の存在自体を信じていないんだから。
 逆に無心論者が神はこうだとか、存在を認めた発言をしたらおかしいだろ!

 信教の自由が保障されている日本人から見れば???

  神の存在を信じるも信じないのも自由だと思うんだけど、今回有罪となれば神を信じない者は罰せられるという事だよね。



 ましてや、精神病院意1ヶ月入院って・・・。


 プーチン政権とロシア正教のなんか怪しい関係が見え隠れするんだけど。


  そもそもソビエト連邦(ソ連)時代は宗教は悪だと迫害していたんだよ。

 ロシア正教の修道士や修道尼など多くの人が殺されたり、傷つけられてきたんだ。

  ソ連の歴史を紐解いてみると一目瞭然だよ。


  ロシア正教にとっては、ソ連時代の苦難の時代を経てようやく良い時代が来たのかもしれないけど、起訴理由が「ロシア正教信者の心情を害した」って・・・。


  僕には無心論者の人権を侵害したとしか見えないけど・・。



  議論中の発言なのにね。
言論の自由を認めていないロシアが浮き彫りになっただけにしか見えない。

   この法律はプーチン大統領としては反プーチン勢力をそぎ落とす意味合いが強かったと思うけど、今の状況を見るとロシア正教を否定する発言をすると有罪になる可能性がある事になっているよね。

  30年ぐらい前はロシア正教信者が迫害の対象だったのが、今はロシア正教信者以外の者が迫害の対象となった。


  時代と共に悪者が180度変わる現象。



  ロシアのプーチン政権も権力保持が一番優先事項で、自分の権力に刃向かうのを叩く道具なら何でも利用するんだね。

   そんなロシアにも、バリバリの独裁国家「北朝鮮」に似た臭いを感じてしまった。


   と同時に、ロシア正教側も「ロシア正教信者の心情を害した」ことを盾に、ロシア正教を否定する発言を実質閉じ込める事ができるようになった。

   それが加速すると、神の存在の有無からはみだして、他の宗教は全てダメでロシア正教徒以外は潰してしまえというような過激な方向に向かわないか心配である。

   日本とは北方領土問題を抱え、隣国でもあるロシア


  ロシア人の考え方、行動、現状をよく観察しておかなければならないね。

posted by 世界好奇心 at 12:27 | ロシア

ロシアのビーチの異変

ビーチに機関銃の雹


   http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1407/14/news158.html




  『人々がくつろぐビーチ、そこに大量のひょうが降ると……。ロシアのノヴォシビルスクで撮影したという映像が衝撃的です。


  オビ川の沿岸で休日を楽しんでいる人たち。ところが、天候が悪化し強風が吹き始めると、やがて大量のひょうが降ってきます。

 粒はかなり大きいらしく、水面には水しぶきがあがり、まるで“機銃掃射”にあったみたいな光景になっています。

  突然の襲来に対し、ビーチの人々はパラソルの下に移動したり、水中に伏せたり、あるいはタオル1枚でしのごうとするのですが、勢いは増すばかり。

 動画の後半には、地面が白くなりはじめ、もはや何もできないレベルの悪天候になっていました。』


  ロシアのノヴォシビルスクのオビ川で、休日をのんびり楽しんでいるロシア人達

  ところが天候が急変。

青空が見えていたのに、強風が吹き始め、そこにヒョウが降ってきた。

  海にヒョウが落ちるとかなりの水しぶきが・・・。 
まるてヘリからの機関銃で海を打ったような状況になっている。

  ヒョウってけっこう硬いし、かなりの速度で降ってきたら本当に危ないよ。
小さい石が空から降ってくるようなもんなんだから。

  それにしても、こんなに天候が急変するなんてね。


  このビデオを見て本当にビックリだよ。

  少し前までオビ川でのんびりと泳いだり、砂浜でくつろいだりしていたのが嘘のよう。
世界には色々な事が起こるんだね。

posted by 世界好奇心 at 01:24 | ロシア

ロシア隕石落下から宇宙と地球を考える


ロシア隕石落下の後で・・・


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130216-00000016-mai-eurp




 『【チェリャビンスク(ロシア中部)田中洋之】隕石(いんせき)落下で約1200人の負傷者を出したロシア中部チェリャビンスク州の州都チェリャビンスク市 は、15日深夜から16日未明にかけて氷点下15度に達する厳しい寒さに見舞われた。

 今後1週間の予報では最低気温が氷点下10度を切る日が続く。

 隕石落 下の衝撃波のため多くの建物で窓ガラスが割れており、市民が寒さで体調を崩すなどの「2次災害」も懸念されている。

  市中心部の文化会館では、正面入り口2階のガラス部分がほとんど崩れ落ち、バラバラになった破片が氷結した雪に混ざって地面に散乱していた。

 タクシー運転手のコースチャさん(47)は「建物の被害が多すぎて修理が追いつかないようだ」と話した。



 市内でガラス窓の修理を請け負う業者には工事依頼が殺到。ある業者は「隕石が落ちたあと電話が鳴りっぱなしだ。

 土・日曜(16、17日)の週末は休みな しで仕事をすることになる」と話した。市当局は隕石落下の被害で割れた窓ガラスの修理費を市の予算から支出することを決めた。

  チェリャビンスク州政府は、学校などの公共施設を18日から平常通りに運営できるよう優先的に修理を進めている。

 一方、民家や集合住宅は後回しになって いるのが実情だ。地元にはガラス製造工場があり、必要な量を供給できるが、窓枠の大きさに加工したり取り付け工事をしたりするための人手が不足している。

  このため、全ての建物のガラスを修復するには「1週間くらいかかる」(ユレビッチ州知事)とみられ、当面はビニールシートなどで緊急の防寒対策を施したう えで順次ガラスを入れていく方針だ。



 一方、市民の中には公費で修理してもらおうと古くなった窓を自分で割る悪質なケースもあるという。



 15日の隕石落下時には、閃光(せんこう)で周辺が一瞬明るくなり、直後に大きな爆発音が響いて衝撃波が建物を襲った。

 市内では携帯電話が一時使えなくなった。だが電気やガス、暖房は正常に稼働しており、都市機能には大きな影響が出ていないという。』


  今、世界はロシアのチェリャビンスクに落ちた隕石の話題で持ちきりだ。

  映像を見ると、巨大な火の玉が地上に落ちている。

これを見ると、核戦争が始まったとか、この世の終わりだとか言う人がいたのもうなずける。

  特にロシアでは、昨年の12月にマヤ文明に基づくこの世の終末論が噂になっていたしね。


 この隕石落下の衝撃で、近くの建物が壊れたり、ガラスが割れたりした。


 日本でも米軍の航空機が民家の近くを飛んだら、衝撃波でガラスが割れたという事があった。
今回の隕石はかなり巨大で、その隕石落下の威力広島の原爆の30倍とも言われている。


 あちこちでガラスが割れたのは想像に難くない。
今のロシア、チェリャビンスクはマイナス10度を越す冷え込み。


 ガラスがあっても寒いのに、ガラスがないと室内の温度はどれくらいまで下がるのだろう。

ビニールシートでは気休め程度だろうと思う。

  そんな中、公費で修理してもらおうと古くなった窓を自分で割る悪質なケースもあるというから驚きだ。

 窓を割ってそれを修理するまでの間、どれだけ辛い思いをすると思っているのだろう?


 そんな事をして体でも壊したら元も子もないと思うんだけどな。

  今回の隕石落下は正直、この程度で済んで良かったというのが正直なところだ。

  何万年前かメキシコのユカタン半島に隕石が落下して、その影響で当時繁栄を誇っていた恐竜が絶滅したとの研究もあるくらいだからね。

  これだけの隕石が街中に落ちていたらと思うとゾッとするよ。

首都なんかに落ちていたら、直接の被害、2次的な間接被害を合わせると莫大な損害になる。

  隕石を途中で爆発させて落下させないようにする研究もあるみたいだけど非常に怖いね。


  今回は自然の隕石だったけど、今、宇宙には先進国が打ち上げた衛星やそのゴミが沢山あると言われている。

宇宙でいらなくなったゴミはスペースデブリと呼ばれている。

  そんな人工物が地球に落下しないという保証はないだろう。
大気圏に入れば燃え尽きるものもあるだろうが、一部でも落下すると被害は尋常ではないと思う。

  もし、役目を終えた衛星などがどこかの街に落下して多くの死者を出したなら、その衛星を打ち上げた国はどのような補償をするのだろうか?どのような対応が取れるのだろうか?



 敵対する国同士だったら、本当の核戦争に発展しかねないかも・・・。

  原子力発電の時もそうだったけど、人類は使用した後の事まできちんと考えてやっているとは思えない事が多々ある。

  宇宙開発競争でロケットや衛星を開発して打ち上げ成功を喜ぶのは良いが、その後の処理についてどれだけきちんと頭に入っているのだろうか? 今後はその辺もしっかりと研究してもらいたいね。


 宇宙ゴミ(スペースデブリ)は地球だけでなく、今活動している衛星にもダメージを与える可能性も大きいし。

  何十年後かに地球にしっぺ返しがこなければいいけどな・・・と本当に思う。

  今回のロシア隕石落下で、色んな問題も見えてきた気がするな。


posted by 世界好奇心 at 11:21 | ロシア

日本の食文化 モスクワへ


讃岐うどんの国際化




 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130201-00000012-mai-int



 『【モスクワ大前仁】讃岐うどんの専門店「丸亀製麺」(株式会社トリドール)は1日、モスクワで1号店を開店する。

  客が店内に並ぶ食べ物を取っていくファストフード型の和食店はロシアで初めてという。

 「本物の味を伝えながら、ある程度の現地化を進め、ロシア人に愛される店を目指す」と意気込む。

 

  丸亀製麺の海外出店米国中国などに次いで5カ国目で、欧州大陸で初の店舗となる。

  モスクワ
への出店について「人口が1000万以上いる欧州最大の都市。価格競争の激しい日本よりも高い売り上げを期待できる」と指摘。

  今後5年でロシア国内で100店舗を目指す。



  ロシアでは肉が好まれる傾向を考慮し、チキン照り焼き丼などを用意。
  値段は揚げ物が50〜70ルーブル(約150〜210円)、うどんが120〜180 ルーブル、丼物が180〜250ルーブル。

  日本への留学経験があり、試食会に参加したナターリャ・スシリナさん(22)は「日本で食べていたうどんと同じ ような味」と満足げだった。』


 

  讃岐うどんと言えば、日本でも有名な香川のうどん
 

  その讃岐うどんを作っている「丸亀製麺」がロシアの首都モスクワに出店するというニュース。

 

  日本人駐在員日系人が多くいる国、日本と関係が深い国には牛丼やラーメンなどの店が出店しているが、うどんはあまり聞かないね。

 

  それも中国、韓国、ベトナム、タイなど麺文化を持っているアジアではなく、ロシアに出店という話だ。
 

  日本に留学したり、仕事できたりするロシア人は他の国と比べればあまり多くない。
  そんなにうどんに馴染みがあるとも思えないんだけど。



  モスクワ欧州最大都市で需要があるにらんだようだ。

 

  ロシア人がどれだけ「うどん」に興味を持つのかわからないけど、寒い国なので温かいうどんは大ヒットする可能性もあるよね。

 

  ロシア人は体も大きいから、一人当たりの量も日本人より多そう。

  日本の伝統の味で勝負するのか、ロシア人向けに少し味を変えるのか、それもポイントの一つかも。

 

  ロシアとは北方領土など国際問題でギクシャクする部分を食文化で緩和してくれたら嬉しいよね。

 

  できたら、モスクワ出店店舗に日本を紹介する写真や展示品コーナーなどを作ってほしいな。  

   ロシアの日本文化発信地という噂が広まれば、うどんに興味がなかったロシア人もやってきて商売にも良い影響があるような気がするんだけど。

 


  頑張れ! 日本の讃岐うどん

 

 こんなの書いていると、なんか讃岐うどんが食べたくなってきちゃうね。

  

posted by 世界好奇心 at 11:22 | ロシア

ロシアの銃 カラシニコフ

ロシアのカラシニコフ

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120116-00000043-reut-int



 『[モスクワ 13日 ロイター] ロシア西部のウドムルト共和国で、男性が自宅のストーブのまきとして使うため木製の箱を買ったところ、中から大量のカラシニコフ銃が見つかった。インタファクス通信が13日報じた。

  この男性は、面識のないトラック運転手から、60個以上の木箱を500ルーブル(約1200円)で購入。しかし中を開けてみると、カラシニコフ銃79丁が入っていた。
 
  銃は1959─60年に製造され、現在でも問題なく使用できるという。武器製造工場によると、リサイクル工場に輸送される途中だった。

  運転手が中身について知っていたかは不明。 大量のカラシニコフ銃が発見されたことを受け、ロシア国内の軍需産業を監督するロゴジン副首相は、調査を開始するとしている。』
 
 ストーブの薪のつもりで買った木箱が実は・・・・。カラシニコフ銃を収めるものだった。

 79丁の銃が1200円で買われた事実。

 どこかの手違いなのだろうか?

 リサイクル工場に輸送されるところだったと言うが、じゃ、それをトラックの運転手が勝手に売りさばいたってこと???
 
 ロシアの軍需産業がここまで腐敗しているのだろうか??? こんなそんなで安く銃が手に入り、それがまたどこかの国で使われるんだろうな・・・。

 世界の紛争アメリカ、ロシア、イギリスなどの大国の軍事産業がなければ成り立たない部分もあるはずだ。 武器製造業者の取り締まりは非常に重要だと思うけど、どこまでロゴジン副首相が監視できるのか・・・。

 なんかこういうニュースを聞くと恐ろしいね。


posted by 世界好奇心 at 00:44 | ロシア

ロシアの選挙からデモへ

>  プーチンにNo! デモ発生

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000030-reut-int
 

  『[モスクワ 5日 ロイター] ロシアの首都モスクワで5日、プーチン首相の与党「統一ロシア」が4日の下院選(定数450)で大幅に議席を減らしたことを受け、3000─5000人が同首相の退陣を求めてデモを行った。
 
  デモ参加者は、「革命を」「プーチンなきロシアを」などとシュプレヒコールを上げながら行進。一部のデモ隊が警官隊と衝突するなどして、警察によると300人が拘束された。

  モスクワで行われた抗議デモとしては、近年で最大規模になったという。

  一方、今回の選挙をめぐっては、欧州の監視団が、統一ロシアの得票を目的とした意図的な操作が行われていたと発表。米ホワイトハウスの報道官も、米政府は選挙運営に「深刻な懸念」を抱いていると述べた。
 
  これに対し、メドベージェフ大統領は、選挙は「公平かつ正当で、民主的に」実施されたと主張している。

  中央選挙管理委員会の集計によると、統一ロシアは今回の選挙で、過半数は維持したものの、現有の315から238に大幅に議席を減らし、国民の「プーチン体制」への不満や飽きが浮き彫りになった。』


  ロシアの陰の実力者、プーチン氏。 現在はメドベージェフ氏が大統領だが、その前はプーチン首相が大統領だった。


  プーチン氏はロシアの法律に従って大統領職を下りたものの、首相として権力は維持。

  そして今度、首相から再びロシア大統領を目指しているプーチン氏。  そのプーチン氏のバックボーンである統一ロシアは下院で大幅に議席を減らした。それより何より今回は統一ロシア不正選挙があったとあちこちで言われている。
 

  欧州の監視団が、統一ロシアの得票を目的とした意図的な操作、つまり不正選挙が行われていたと発表した。

  つまりこれは統一ロシアも事前に危機感を持っていたということ。 プーチンとその傀儡に近いメドベージェフとの双頭体制ロシア国民がNo!と言い始めたのを事前に察知していたのだろう。  


  そういう不正選挙あったとして、それでもようやく過半数という事ならいかにプーチン政権にNo!と言っているかわかるものだ。
 

  プーチン氏はアメリカのCIAと並んで世界中に名を轟かせた、ソ連のスパイ組織KGBの出身だ。

  現在ロシア独裁体制に近い国になっているが、ロシア国民は不満を抱いているようだ。

  プーチン氏
が大統領だった時、経済を立て直して面もある。 その一方で、闇に葬り去られた部分もあるだろう。プーチン体制に批判的だったジャーナリストなど、次々に消し去られた。 こんな本もある。

 






 ロシアは石油など資源あるし、拒否権のある国際連合の常任理事国でもある。 

 そのロシアのデモは、他の中東諸国のデモとはちょっと意味合いが違う。
 世界に与える影響ははるかに大きい。 ロシアにも本当の民主化が起こるのか?


 今後、ロシアからも目が離せなくなってきましたね。

posted by 世界好奇心 at 23:20 | ロシア

ロシアと領土問題

> ロシアの挑発
 
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110910-00000114-jij-soci

  『防衛省は10日、北海道と樺太の間にある宗谷海峡を通過したロシア海軍の艦艇4隻に続き、さらに同20隻が通過したと発表した。領海侵犯はなかったが、同省は「過去最大の規模」と警戒を強めている。

 同省によると、4隻は9日午後4時ごろ、これに続きミサイル巡洋艦を含む20隻が同8〜10時に同海峡を通過した。戦車揚陸艦病院船も含まれており、千島列島付近に設定した訓練海域で、大規模な総合演習を行うとみられる。』 


  ロシア海軍宗谷海峡を通過。  しかも、その数が今までにないほどの異例の多さ。  千島列島付近での大規模な訓練が予定されているらしい。 


  日本ロシアに完全に挑発されているね。


  北方領土問題でアホな政治家が、交渉雰囲気をぶち壊して以来、ロシア日本を完全に交渉相手とさえ看做さなくなった。

  日本の政治家も国民向けのパフォーマンスだけで、でかい事を言う。何か政治的切り札を持っていて、ロシアにプレッシャーをかけられる状態で言っているのらまだしも、ただ思いつきレベルのような気がする。  


  今回はロシア海軍だけではない。その前にこんな事もあった。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110909-00000001-jij-soci


 『防衛省は8日、ロシアの爆撃機2機が同日、日本列島を周回するように飛行し、航空自衛隊が戦闘機などを緊急発進(スクランブル)させたと発表した。

 領空侵犯はなかったが、ロシア機が列島を周回飛行するのが明らかになったのは初めて。

 同省統合幕僚監部によると、2機はTU95爆撃機朝鮮半島の東方から編隊で飛来し、沖縄本島付近まで進んだ後、太平洋を北上。樺太付近から再び南下し、日本列島を一周する飛行経路をたどった。 


  その後、2機は日本海上空を北上し、ロシアへ向かったという。オホーツク海上空では、別の2機による空中給油も確認された。』 
 

  ロシア空軍日本列島を周回したというニュースだ。 今現在、ロシア日本周辺をしなければならない理由は全くないと思う。

  以上、このタイミングで2つのロシア事件から考えられるのは、ただ一つではないか?


  民主党政権野田首相の指導力のチェック。 


  こう挑発した場合、どのように対応してくるか?それのデータ集めではないか? 

  日本の首相が代わって、あまり素顔が知られていない人間が首相になった。外交面を含めて、日本の防衛策にどのような考え持ち、実際どういう反応をするか?それを見極める為の挑発行為だろう。


  日本の領土を侵犯していないので国際問題にはなりにくいが、野田政権に心理的プレッシャーは与えられる。 

  長年の自民党政権から民主党に政権が移ってから、近隣諸国は日本の領土問題を活発化させてきた。

  その一番大きな原因は沖縄米軍基地問題アメリカとの関係がこじれたからだろう。

  今まではアメリカと言う同盟国が後ろで目を光らせていると言う事で、中国、韓国、ロシアは目に余る行為は控えてきた。

  ところが、民主党の政治家のいい加減さがアメリカとの関係を損ない、日本と抱えてきた領土問題に強行姿勢を示すようになった。


 中国尖閣諸島で船長に船を体当たりさせた。その時の民主党の対応は全くお粗末なものだった。超法規的に船長を釈放し、日本が悪いのではないのに中国の圧力に屈した形となった。それを世界が見ていた。
 

  韓国竹島(独島)問題で、こちらも強行になっている。政治家が韓国に入国拒否された事件は記憶に新しいだろう。今までの日韓の関係だとそこまで韓国は強行にでなかった。

  竹島に行くわけでもないのに。

  現在の韓国北朝鮮との関係を考えれば、韓国日本とのもっと連携していかなければならないはずだ。

  北朝鮮中国、ロシア外交を活発化して、援助を引き出そうとしている。

  しかし、そんな朝鮮半島の状況下で韓国日本への対応は友好的なものに思えない。

  日本海東海に言い換えろと言う主張をしているのもその表れだ。つまり、こういうことだ。


  民主党は当てにならない。そう思っているか、全く力がないと思っている。だから、国内問題でせいいっぱいだろう。領土問題では中国、韓国、ロシアがタイアップして、自国に有利な状況を作ってしまおう。 

  これが本音の部分だ。


  昔、欧米列強が次々に訪れて、武力で脅してアジア諸国不平等条約を結ばせた。それと似たようなものだろう。

  領土問題は実際に権限を保有している国が強いのは当たり前。それを無視して、無策な政治家がわめいたところで、国益を損なうばかりだ。言うべきことを言うのはいいが、状況判断が甘い。

  きちんと長期的な戦略や切り札を携えてやっていかないと・・・。 これって、鈴木宗男議員の事件とかも影響しているのかもしれない。官僚でもそういう事件に巻き込まれてロシア担当をはずされた人はかなりいただろうと思う。ロシア通もはずされただろう。
 
 その外国に精通した人でないと、きちんとした政策は立てられない。1年持つか持たないかで外務大臣がコロコロ代わるようなシステムでは外国の要人には本気で相手にされない。

 ロシアの件で言えば、20年前とは大きく国際状況が変化している。

 韓国は元より、中国、ロシアも経済力が飛躍的にアップしている。
 
 以前は北方領土問題にも日本の経済力、つまりお金を投資しないぞという日本にもカードがあったが、今はそれはない。 

 逆にそんな事を言うなら、中国、韓国の企業と手を組んで開発するぞというロシア側の切り札になってしまった。実質、北方領土を支配しているのはロシアなんだから。

 その辺の見極めが日本の政治家にはよくわかっていない気がするんだよね。 もっと民間の商社マンとかを官僚や政治家にした方がいいんじゃないかと思うくらいだ。  


 アメリカアフガニスタン、イラクに軍を派兵して、相当な軍事費を注ぎ込んでいる。 軍事費を減らしたいと言うオバマ大統領の意向もある。 

 沖縄の米軍基地問題ですったもんだした日本を積極的に関与する理由も元気もないだろう。

 野田首相アメリカを始め、主要諸国との太いパイプがあればいいけど・・・。 民主党は政権を握ってまだ数年だから、はっきり言って大臣になる人も素人同然の人が多い。経験不足。

 先日も福島を訪れ放射能、死の町といって、すぐ辞めた大臣がいた。1週間で辞めるような人物をなぜ選ぶのか?そんなんでまともな仕事ができると思っているのか? 

 国際的に見ても恥ずかしいだろう。民主党内の派閥調整人事優先で、本当に適材な人物を選ばないからそうなるのだろう。  


 自民党時代もいいとは言えなかったが、民主党になって領土問題はもうボロボロだね。 情けなくなる。  

 こんな本も出ています。  




posted by 世界好奇心 at 12:32 | ロシア

狙われたドモジェドボ国際空港

;ロシアの空港 テロ事件
 
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000109-mai-int
 

  『【モスクワ田中洋之】ロシアのモスクワ南郊のドモジェドボ国際空港で24日起きた自爆テロ事件は、首都の「空の玄関口」が初めて狙われたとあって、メドベージェフ政権は大きな衝撃を受けている。

  ロシア南部の北カフカスを拠点とする武装勢力は従来、地方の警察機関などを対象に散発的なテロを行ってきたが、最近は主要なインフラ設備を標的にしている。07年と09年にモスクワ発サンクトペテルブルク行きの特急、10年3月にモスクワ中心部の地下鉄駅2カ所が爆破された。

  同年7月には南部カバルジノ・バルカル共和国にある水力発電所が襲撃された。

 いずれも都市機能のマヒを狙ったものとみられるが、ロシアで特に保安体制が厳しい空港がテロ攻撃を受けたのは今回が初めて。

  モスクワは従来、北郊のシェレメチェボ空港が拠点だったが、ドモジェドボ空港は近年の改修で最新鋭の設備に生まれ変わり、日本航空や独ルフトハンザ航空など世界の主要航空会社が発着便をシェレメチェボ空港から移転させ、ロシア最大規模の空港となった。


  ドモジェドボ空港のターミナルは国内線と国際線のエリアに分かれている。爆発が起きたのは国際線の到着ロビーで、夕方の発着便が多い時間だった。

  ロシア人だけでなく外国人を標的とすることで、ロシアの対外的なイメージダウンを狙った可能性がある。  


  ロシアは昨年末、モスクワなどでロシア系とカフカス系・中央アジア系の住民の間で民族衝突が発生した。今回のテロも、民族対立を背景にしたものとの観測が出ている。

  ロシアは今年12月に下院選、12年春に大統領選を控える。さらに12年秋に極東ウラジオストクアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、14年にソチ冬季オリンピック、18年にはサッカー・ワールドカップ(W杯)と国際的なイベントが目白押しだ。

  国家の威信をかけて準備を進めるメドベージェフ大統領とプーチン首相双頭政権は、不安定材料となるテロや民族対立の抑え込みに懸命だ。

  しかし、いずれもプーチン前政権時代からの懸案にもかかわらず、有効な手を打つことができない。いつ暴発するか分からない「爆弾」を抱えているのが現状だ。』


  ロシアの最新鋭空港がテロにさらされた。 原因はまだ分からない。しかし、最近ロシアでは民族意識が顕著で、ロシア人とカフカス系の対立も起きていたことから、抑圧されていた民族の捌け口がテロにつながった可能性が高い。
 
  ロシアメドベージェフ大統領、プーチン首相の2頭体制で回してきたが、双頭政権も一枚岩ではないしね。ロシア中国と同じく、弱いと思ったら高圧的な態度に出るタイプの国だ。
 
  北方領土の大統領訪問など最たるものだろう。最近のロシアは経済的にもパワーが増し、高圧的な態度で臨む事も多かった。

  世界最大のイベントであるオリンピックとサッカーワールドカップも数年後に控えているロシア。 世界の主要航空会社が発着していたドモジェドボ空港は治安の面で世界を不安に陥れた。

  メドベージェフ大統領は空港セキュリティの責任も追及すると言う。大国のメンツ丸潰れだからね。 来年の大統領選などはかなり混乱する可能性があるね。
 

  ちなみにカフカスや旧ソ連の国々との微妙な経緯はこちら。




posted by 世界好奇心 at 01:09 | ロシア

ロシアのプーチンの娘

>  プーチンの娘が韓国人に?
 
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000009-cnippou-kr

 
  『ロシアのプーチン首相韓国人の婿を迎える。プーチン首相の末娘カテリーナさんが(24)がユンさん(26)と近いうちに結婚する予定だと28日、伝えられた。

  カテリーナさんとユンさんは8月22日、日本北海道網走のリゾートで休養中だったユンさんの父ユン・ジョング予備役海軍提督(66)と母を訪ね、あいさつをした。

  この過程をよく知る知人は「2人は当時、ユン元提督と一緒にいた権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日韓国大使にもあいさつをし、ユン元提督も息子の結婚を認めたと聞いている」と話した。

 ブラジルに滞留中のユン・ジョング元提督は27日、中央日報との電話で、「近いうちに結婚を発表するが、その時まで報道を控えてほしい」と要請したりもした。

  ユン元提督は1990年代末、モスクワ大使館で武官として勤務、現在は在郷軍人会国際協力室長を務めている。
 
  8月22日に休暇のため北海道を訪れた権哲賢大使はこの日晩、ユン元提督夫婦と偶然に会い、夕食を一緒にすることになった。

  ある知人は「食事中に子どもの問題が話題になり、ユン元提督がその場で『息子がプーチン首相の娘と結婚する』と話した」と伝えた。


  この席でユン元提督は「息子らがもうすぐここに到着する」と伝えた後、間もなくユンさんとカテリーナさんが現れ、2人はユン元提督夫婦と権大使にあいさつをしたという。
 
  権大使があいさつをしながら「いつ結婚するのか」と尋ねると、カテリーナさんは笑いながら「明日晩にでもできる」と冗談を言ったと伝えられている。カテリーナさんにはロシア人警護員2人がついていた。

  ユン元提督は息子とカテリーナさんについていろんな話をした。5カ国語を話すカテリーナさんはユンさんと一緒に米国で留学している。結婚後はユンさんと一緒に韓国で暮らすことを希望し、就職したい韓国企業名も挙げた。


   プーチン首相は当初、娘の結婚にやや反対していたが、ユンさんに会った後から賛成したという。 権大使は「2人の若者がともに相手の親に会い、結婚を目前にしているという印象を受けた」と伝えた。』



  ロシアのプーチン首相と言えば、ロシアの元大統領

  現在もメドベージェフ大統領と二部するだけのロシアの実力者
  
  実際、ロシア大統領連続3選禁止の為に大統領から首相に代わっただけの人物だ、プーチンは。


  プーチンと言えば、元KGB。つまりソ連のスパイだったところの出身だ。裏工作にかけては普通の政治家以上にたけている。反プーチンのジャーナリスト達が不気味な死に方をしていた時期もあった。


  ただ、アメリカの言いなりだったエリティン元大統領と比べると、ロシア経済を立て直した功労者という側面もある。ロシアではプーチンはまだまだ人気があるとか。
 

  そのロシアのプーチンの娘がなんと外国人と結婚すると言う。それも韓国人。いや〜、ビックリした。 ロシアと韓国の関係がそれほど密接でもないのに、プーチンは娘の結婚を許すみたいだね。


  そして、二人はアメリカに留学中だとか。米ソ冷戦時代が終わっても、見えない対抗意識がある米ロ両国だけど、個人的生活はけっこう自由なんだ。


  それにしても、プーチン娘にはロシアの護衛がついているとか。そんな中で楽しくデートできるんだね・・・。僕だったら、なんか落ち着かないだろうけど。


  韓国人の父は韓国の軍人というのもビックリ!

  いろんな意味でビックリしたニュースでした。




posted by 世界好奇心 at 23:09 | ロシア

ロシア異常気象と世界

ロシア・モスクワ 異常気象から考察

  http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/russia/?1282351568
 

  『記録的な猛暑が続いていたロシア西部の気温が20日までに急激に下がり、北西部のムルマンスクでは初雪が観測された。国営テレビ・ロシア24によると、20日午前のモスクワ市内の気温は9度。

  猛暑と干魃を受けた森林・泥炭火災も収束に向かっており、大統領令で導入された非常事態は7地方のうち6地方で解除された。


  モスクワでは今夏、連日の気温が30度を超える異例の暑さが続き、7月29日には観測史上最高の38.2度を記録した。(モスクワ 遠藤良介)(産経新聞)』
 


  ロシアの首都モスクワは7月連日の猛暑で大ニュースになっていた。

  記録的な猛暑で酒を飲んだ後、海などに飛び込み死亡する人も増えていた。
 

  また森林火災が起こり、そのスモッグはモスクワ市民に大きな影響を与えているとの報道もあった。 それくらい大きな被害を与えた、ロシアの異常気象


  ムルマンスクの初雪は、北極圏に近いムルマンスクの事なので置いておいて、注目したいのはモスクワだ。


  7月末にはモスクワで観測史上最高の38.2度を記録した。日本でも38度を超えるのはそうそうない。それが日本より緯度がはるか上のモスクワでこの気温・・・。
 

  ところが、その猛暑も1か月もたたないうちに、モスクワで10度を切った気温が観測された・・・。 モスクワの8月の平均気温は16、7度だから、これはこれで異常気象というべきだろう。 その差は約30度。


  砂漠地帯では1日にそのくらいの寒暖差があるところもあるけど、一国の首都でこれだけ気温が変動するのはやはり異常だよ。

  猛暑、猛暑
と騒いでいたのが、今度は一気に上着を用意しなくてはいけない感じだろう。体感温度的にはもっと差を感じている事だろう。
 

  異常気象食糧の収穫量にも影響を与える。旱魃も起こり、ロシアでは今年の穀物収穫量ががた落ちの予想で、メドベージェフ大統領は今年いっぱい穀物の輸出を禁止した。


  世界の貿易が密接になればなるほど、遠く離れた地域の出来事が自分達の日常生活に影響を与える。


  これはロシアだけの問題ではない。

  中国やパキスタンでも洪水などが発生して大被害を受けた。


  これって、人間が開発しすぎた地球からの悲鳴?






posted by 世界好奇心 at 12:07 | ロシア

ロシア兵はどこから

ロシア兵 ポーランド政府機墜落現場から盗み




   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000008-cnn-int






   『モスクワ(CNN) 4月にポーランド前大統領ら多数が死亡した政府専用機墜落事故にからみ、ロシア軍の兵士4人が現場から犠牲者のクレジットカードを持ち出し、現金を引き出していたとして、組織的な窃盗の罪に問われている。




  全員が犯行を認め、捜査に協力しているという。 ロシア検察によると、4人は墜落現場に近い軍空港に配属されていた徴集兵。






  事故の後、封鎖された現場で複数のカードを盗み、このうち1枚を使って現金6万345ルーブル(約17万円)を引き出したとされる。






   ロシアの国営テレビによれば、兵士らはこの金を地元の飲食店で使ったことを認めている。また、インタファクス通信ポーランド紙の報道として、使われたカードの持ち主は戦没者追悼事業を扱う評議会の責任者だったと伝えた。






   検察によれば、4人のうち3人には犯罪歴があった。




  現在は基地内に拘束されているという。 ロシア国防省は8日の声明で、捜査が終わり次第、引き出された金額を遺族に払い戻すと表明した。






  墜落機には、旧ソ連でポーランド人が虐殺された「カチンの森事件」の追悼式典に向かうカチンスキ前大統領をはじめ、政府要人らが搭乗していた。




  ロシア、ポーランド両国の調べで、墜落機が濃霧の中で着陸しようとしていたことや、故障の形跡がなかったこと、操縦室内に乗員以外の人物がいたことなどが分かっている。』








  ロシア兵ってろくでもない奴を雇ってるんだね。




  ポーランド大統領などを乗せたポーランド政府専用機ロシアで墜落したが、その犠牲者のクレジットカードを盗んで使用したロシア兵がいた!






  封鎖されたポーランド要人のクレジットカードを複数盗んで、使用してバレた事件。 それにしても、死者のクレジットカードが使用されれば足がつくのはわかるだろうに・・・。






  何よりも一番驚いたのが、4人中3人が犯罪歴がある兵士だったこと。






  どんな犯罪かはわからないけど、そんな連中を雇っているんだからロシア兵は当てにならんね。 これでポーランドだけでなく、全世界にロシア人はモラルがないような印象を植え付けたね。






                          


posted by 世界好奇心 at 20:55 | ロシア

ロシアのビックリニュース

脳に銃弾 66年

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100517-00000010-scn-int


  『ロシア連邦の東シベリア南部、チタ市に住むイワン・ニコーリン(86歳)さんは、第2次世界大戦時に受けた銃弾が、いまだに脳内にあるままだ。数年前から手足のしびれや痛みがひどくなり、銃弾が原因と考えたニコーリンさんは摘出手術を望んでいるが、医師は判断を下せないでいるという。揚子晩報などが報じた。  


  第2次世界大戦で旧ソ連ナチス・ドイツと死闘を続けていた1942年、18歳のニコーリンさんはソ連軍の情報工作員になった。

  44年9月にドイツ占領下ポーランドのワルシャワ市に入り、18人で編成されるチームの一員としてドイツ軍司令部のひとつを襲撃。作戦は成功したが、引き上げ時にドイツ軍将校がニコーリンさんに向け拳銃を発射。弾丸は頭部に命中した。


   ニコーリンさんによると、「その瞬間、視界が真っ暗になった」という。ニコーリンさんは仲間により、後方に搬送された。意識を取戻したのはモスクワ市内の病院。頭部に銃弾を受けてから20日後だった。  


   ニコーリンさんは銃弾の摘出手術を受けたが、当時は頭部を撮影するX線装置もなく、医師は脳内の様子を肉眼で確認してから「銃弾の位置が悪い。あまりにも危険」と判断、手術を中断して傷口を閉じた。


  そして、ニコーリンさんの脳内には、第二次世界大戦中に受けた銃弾が残ることになった。
 
  当初は手足の麻痺がひどく、政府の年金に頼る生活だったが、次第に普通の人と同じように生活できるようになった。しかし数年前から、手足のしびれや痛みがひどくなったため、ニコーリンさんは銃弾の摘出手術を希望している。


  医師らは「脳内に銃弾を残したまま66年間も生きられたことは、奇跡だ」と驚く一方、かなり危険な手術であるため、実施した方がよいかどうか、判断が下せないでいるという。(編集担当:如月隼人)』



  世界には毎度驚くべき事実が発覚するけど、66年間も脳に銃弾があって生きていたなんて信じられない。


  ロシア人のニコーリンさんのニュースはビックリだ。 体に銃弾が残っていたという話は聞いたことがあるけど、脳に残っていて66年も生きていることも可能なんだね〜。
 

  しかももっと驚くべき事に、けっこう通常の生活が送れていたと言う。
 
  ただ今回手術は危険な物になるだろう事は容易に想像できる。

  しかし、86歳まで生きてこれたんだから、後は本人の希望をかなえてあげる方がいいんじゃないかなと思う。

  通常に人でもここまで生きられない人は多いんだから。 ここで手術が失敗しても、ニコーリンさんも恨みはしないだろう。


  それより、本人の望みを聞かず、ずっと痛みと闘う方がニコーリンさんにとってはきつい事かもしれない。


  それに手術は難しくても、失敗すると決まったわけじゃないんだからね。

posted by 世界好奇心 at 11:00 | ロシア

バンクーバーオリンピックの成績

ロシア バンクーバー五輪不振で粛清
 
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100302-00000001-cnn-int


   『モスクワ(CNN) ロシアのメドベージェフ大統領は1日、冬季五輪バンクーバー大会で同国代表の成績がここ1世紀近くで最も不振だったことを受け、同国五輪委員会幹部に辞任を求める考えを表明した。
 
  大統領はモスクワ郊外の自宅から国営テレビで演説し、「太った猫」である同国スポーツ界の実権派に責任があると述べ、ピラミッド構造を改革する必要性を指摘した。
 

  ロシアの今回のメダル獲得数は金3個と銀5個、銅7個で、国・地域別の順位は11位にとどまった。同国が1912年に冬季五輪に初参戦して以来、最悪の成績とされる。
 

  大統領は、ロシアがスポーツに前例のない国費を投じているとしたうえで、選手育成方法の改革を検討する必要性を指摘。スポーツ界の幹部ではなく、勝利をもたらす選手を重視するべきだと強調した。』



  ロシアのメドベージェフ大統領バンクーバーオリンピックの成績が芳しくなかったとしてロシア五輪委員会幹部に辞任を求める事を表明した。


  オリンピックが国を挙げてのイベントだとわかる事態だね。それだけロシアではオリンピック選手育成にお金をかけているという事だろう。
 

  ちなみにバンクーバーオリンピックで不振だったといわれるロシアのメダル獲得数は金メダル3個、銀メダル5個、銅メダル7個の合計15個。
 

  一方、わが日本を見ると金メダルなしの銀3個、銅2個だけ。
 
  オリンピック選手の強化費が違うのかもしれないけど、ある意味これが世界の強豪国との意識の差ともいえる。
 

  ちなみに前回のトリノオリンピック女子フィギュアの荒川静香が取った金メダルただ一つ。
  やっぱり情けない気が・・・・。


  アジアでもお隣韓国、中国がメダルを量産している中で、なぜ日本だけがベスト10にも入れないのか?


  日本の場合、ウィンタースポーツは、どちらかと言うと企業のスポンサーもつきにくく競技者が練習に集中できない部分も多いのではないのかな?
 

  オリンピックでメダルを取る為には、やはり練習環境も考えていかないとなかなか難しいように思うんだけどな。

posted by 世界好奇心 at 18:55 | ロシア

犬や猫に育てられたロシアの少女

犬と猫に育てられた少女(露)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000571-reu-int


 『[モスクワ 27日 ロイター] 
  ロシアの警察当局は27日、生まれた直後から犬や猫とともにアパートに閉じ込められ、ロシア語を全く話せない5歳の少女を、東シベリアのチタで保護したと発表した。


 警察の報道官は「少女は5年の間、複数の犬や猫に『育てられ』、一度も外に出たことはない」と説明。また「体を洗わず汚れた服を着ており、明らかに動物のような特性を持っており、人間に飛びかかって来た」と述べた。

 アパートには暖房器具や上下水道の設備もなかったという。 

 警察によると、少女はナターシャと言う名前で、心理学者の監視のもと、児童養護施設に預けられている。実年齢より幼い2歳くらいに見える少女は、食事をスプーンでとることを拒否。一緒に住んでいた動物たちと同様のジェスチャーを多く示しているという。

 母親は取り調べを受けているが、父親はまだ見つかっていない。』



 ロシアの東シベリアのチタで犬や猫に育てられた少女が発見された。
 
 以前、インド狼に育てられた子供がいたが、今度は犬や猫かぁ。


 しかも、原因は育児放棄。
 これって殺人未遂罪を適用してもいいんじゃないかな?

 暖房器具や水道もない所でほったらかしだったら、普通死ぬでしょ。
 しかも、東シベリアだよ・・・。


 それにしても犬や猫が育てたと言うのにはビックリだね〜。
 赤ん坊の時から訓練すれば、人間の皮膚もけっこう強いもんなんだね〜。初めて知ったよ。体毛も濃くなるのかな???


 でも残念ながら、ナターシャは人間として生きていくのはかなり困難になったね・・・。


 ロシア語の習得もままならないんじゃないかな?
 犬、猫語はわかったりして(笑)。


 それにしても母親がいて犬や猫が育てるなんて信じられないよ。
 このナターシャの母親は、犬や猫にも劣るってことだな。

posted by 世界好奇心 at 00:57 | ロシア

グルジアとロシアが戦争に突入!

グルジアとロシアが戦争状態!?


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080809-00000079-san-int


 『【モスクワ=遠藤良介】
  グルジアによる同国北部の親ロシア分離派地域、南オセチア自治州への大規模攻撃に対し、ロシアが8日、現地に戦車部隊を増派するなど介入に乗り出した。


  2004年にグルジア親欧米のサーカシビリ政権が誕生して以降、悪化の一途をたどっていた両国関係が戦争状態に突入し、「ロシアの火薬庫」とも呼ばれるカフカス地方全体の情勢が急激に緊迫化する危険性が高まっている。


 サーカシビリ大統領が明らかにしたところでは、ロシア軍の戦車など150両が自治州に侵入、さらにロシア軍機グルジア領空を侵犯して居住区域を攻撃している。

 大統領は米CNNテレビに「ロシアは我々の領土で戦争を行っている」との認識を示した。


 南オセチアの大統領を自称するココイティ氏は、グルジア軍による戦車やロケット砲、空爆で数百人の犠牲者が出たとしている。

 ロシアが同自治州に展開する「平和維持部隊」では10人が死亡、30人以上の負傷者が出ているといい、ロシアは「自国民保護」を名目に報復に出た形だ。


 グルジア領内の親露分離派地域であるアブハジア自治共和国南オセチア自治州は、今年2月のコソボ独立宣言に触発されて独立を求める動きを加速。


 ロシアグルジア北大西洋条約機構(NATO)入りを阻止すべくこれら地域への支援を強め、両国関係は冷却の度を深めていた。


 サーカシビリ大統領は、両地域の支配回復を公約に掲げ、広範な自治権付与を軸とする交渉を訴えていた。


 グルジア側は南オセチア攻撃について、国際的な関心を集めるべく北京五輪の開催時期に合わせたとする見方もある。

                   ◇

【用語解説】南オセチア

 グルジア北部の自治州で人口約7万人。
 多数派のオセット人独立派が1990年末、ロシア南部の北オセチア共和国への編入などを求めて中央政府との紛争に発展。

 ロシアも巻き込み、数千人の犠牲者と多数のグルジア人難民が出た。92年の停戦後は事実上、ロシアの庇護(ひご)下で独立状態にある。』



 スポーツの祭典北京オリンピック」で平和をイメージした開会式が行われた一方で、ロシアグルジアが戦争状態に入った・・・。


 グルジアが、親ロシアの南オセチア自治州を攻撃したようだ。


 南オセチアソ連崩壊の時から、火種が燻っていた所。

 ロシアも絡んで紛争も起こったが、ここ10年くらいは停戦状態が続いていた。


 グルジアの領土扱い(?)とは言え、実質的には権限が及んでいない状態が続いた南オセチア


 南オセチア自治州は、ロシア寄り

 グルジアでは自分達の意見は通らないと、オセチアの独立宣言をした事もある。

              


 ロシアにある北オセチアと人種や文化がほとんど同じ為、現在ではロシアへの帰属を望んでいる所だ。


 一方、ロシアにとっても、旧ソ連から分離した国や旧共産圏の国が、次々に西側のNATOに入ったり、西欧寄りの国作りを見せられると、自国への防衛意識が働くのは当然だ。


 自国への安全対策の為にも、この南オセチアロシアにとって重要な拠点だ。

 泥沼化した感もあるチェチェンも近くにある事だしね。

 またロシアにとっては、南オセチアは自国の領土という認識かもしれない。


 現在南オセチア自治州にはグルジア政府の権限は及んでいないし、住民の大半であるオセチア人ロシア帰属を望んでいる状態なので、ロシアが「自国民保護」と言うのも、あながちおかしいわけじゃない。


 その南オセチア州を攻撃したグルジア政府
 今、なぜそれを行ったのか?


 南オセチアを攻撃すれば、ロシアが出てきて大規模な紛争に発展する事は容易に想像できたはず。


 北京オリンピックに世界の関心が行っている今だからこそ、グルジアの権力奪取の為に戦争を仕掛けたのか???



 いずれにしても、また紛争で血が流れるのかと思うと、うんざりしますね。

posted by 世界好奇心 at 13:05 | ロシア